2016年07月19日 公開

読んでもっと大好きになる「ピアノのおはなし絵本」

ピアノを自由自在に弾けたら、とても楽しいですよね。「お子さまの習い事に」と、考えているご家庭も多いのではないでしょうか。そんなときに活躍する、お子さまにピアノへの興味を持ってもらえるような、オススメの「ピアノのおはなし絵本」をご紹介します。

           
[no_toc]

ピアノを自由自在に弾けたら、とても楽しいですよね。「お子さまの習い事に」と、考えているご家庭も多いのではないでしょうか。そんなときに活躍する、お子さまにピアノへの興味を持ってもらえるような、オススメの「ピアノのおはなし絵本」をご紹介します。

Chiik!でオンライン習い事

9月限定!無料モニター生募集中!

ドキドキの連続!絵本『ピアノはっぴょうかい』

ピアノはっぴょうかい | みやこし あきこ | 本-通販 | Amazon.co.jp (10302)

タイトル:ピアノはっぴょうかい
著者  :みやこし あきこ
出版社 :ブロンズ新社
はじめてのピアノの発表会で、胸がドキドキの「ももちゃん」。
自分の出番がくるのを、舞台のそでで待っているももちゃんに声をかけてきたのは、なんとドレスを着た「ねずみ」だったのです。

臨場感あふれるストーリー展開と、光の陰影を効果的に使った美しいイラストが魅力的な絵本で、子どもから大人まで楽しめる作品です。
小さなドアの向こう側で繰り広げられる夢いっぱいのももちゃんの冒険譚に、子どもたちの好奇心も大きく膨らむことでしょう。

ピアノを愛さずにはいられない絵本『メロディ』

Amazon.co.jp: メロディ~だいすきなわたしのピアノ~: くすのき しげのり, 森谷 明子: 本 (10307)

タイトル:メロディ~だいすきなわたしのピアノ~
著者  :くすのき しげのり (作), 森谷 明子 (イラスト)
出版社 :ヤマハミュージックメディア
主人公のピアノは、待ち続けます。自分を弾いてくれる、大切な人のことを。
そんなピアノの前に現れたのは、ひとりの女の子。彼女はピアノに「メロディ」という素敵な名前を付けてくれましたが……。

ピアノの「メロディ」と女の子が織りなす、ハートフルな感動の物語。
きっと、ピアノを愛さずにはいられない、子どもたちの「物を大切に思う気持ち」を育んでくれるオススメの一冊です。

不思議で楽しい♪ 絵本『もりのピアノ』

もりのピアノ : いわむら かずお : 本 : Amazon (10312)

タイトル:もりのピアノ
著者  :いわむら かずお
出版社 :ひさかたチャイルド
舞台は、紅葉が色鮮やかに色づいた秋の森。
主人公の女の子が切り株の前に座ると、なんと切り株はピアノに変身したではありませんか。森の動物たちも集まってきます。さて、何が始まるのでしょうか?

細部にまで心が行き届いた、味わいのあるイラストがとても素敵です。
森の息吹や生き生きとしたメロディーが実際に聞こえてくるような、楽しくてちょっぴり不思議なファンタジックストーリーです。

切なくて優しい。絵本『オオカミくんはピアニスト』

オオカミくんはピアニスト(石田真理 作)【文化出版局】 (14611)

タイトル:オオカミくんはピアニスト
著者  :石田 真理
出版社 :文化出版局
主人公は、ひとりぼっちの「オオカミくん」。
ピアニストの彼のもとにある日、「ピアノをひいてほしい」という手紙が届きますが……。

オオカミであるがゆえの孤独を抱えながらも、依頼があれば大きなピアノを引きずって演奏の旅に出かけていく主人公の姿が、優しく柔らかいタッチのイラストで描き出されています。
切なくて、優しくて、読み終えた後に、ポカポカと心が温まる物語です。大人になっても読み返したい、そんな大切な一冊になるのではないでしょうか。

お子さまはもちろんのこと、パパやママにもぜひ読んでいただきたい、オススメの絵本です。

「ピアノのおはなし絵本」で、さらに興味を深めよう!

「音育」という新しい教育概念がありますが、幼いころから「音楽」に触れることは、リズム感を養うなどの体の発育の面だけではなく、豊かな感性を育むためにも、とても有効な方法です。

音楽に親しみ楽器を奏でる。楽器に親しみ、演奏の楽しさを学んでいく。
その呼び水に「絵本」を活躍させてみてはいかがでしょうか。

きっと、子どもたちの好奇心は、さらに大きく膨らんでくれることでしょう。

業界No.1の英会話レッスン

3回の無料体験レッスン開催中!

Chiik!でオンライン習い事

9月限定!無料モニター生募集中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

たまこ たまこ