2016年11月28日 公開

おうちで楽しむ!キラキラのイルミネーション

秋にはハロウィン、そしてクリスマス、お正月と、おうちをデコレーションする季節がやってきましたね。LEDライトの普及により、電気代も安くなり、おうちの装飾も簡単になってきましたよね。今年は子どもたちと一緒に、おうちでイルミネーションを楽しんでみませんか?

           
[no_toc]

秋にはハロウィン、そしてクリスマス、お正月と、おうちをデコレーションする季節がやってきましたね。LEDライトの普及により、電気代も安くなり、おうちの装飾も簡単になってきましたよね。今年は子どもたちと一緒に、おうちでイルミネーションを楽しんでみませんか?

Chiik!でオンライン習い事

12月まで!無料モニター生募集中!

LEDイルミネーションを自宅で楽しむ!

 (25511)

おうちのイルミネーションというと、映画などでも見かける、海外のクリスマスを思い出す方も多いのではないでしょうか。
ハロウィン、クリスマスに、お正月と、秋冬シーズンはおうちをデコレーションする機会がいっぱいですよね。

最近ではLEDを使ったイルミネーションライトで電気代も安く済むので「チャレンジしてみよう!」という方も多いようです。
キラキラにデコレーションされたおうちやお庭は、クリスマスのムードを盛り上げますよね。
子どもたちも飾るのを手伝ったり、ドキドキ、ワクワクのイベントになりそうですね。

はじめてのイルミネーション!手順とポイント

 (25514)

おうちで楽しむイルミネーション。
さて、どのようにとりかかればいいのでしょうか。行き当たりばったりでライトを購入してもキレイには飾れませんよね。

そこでまず、家族みんなで、どのように飾るか話し合い、設計図を作ってみましょう。
色合いや飾り方は、写真などを参考にしてもいいかもしれませんね。

だいたいの設計ができたら、ライトを設置する場所の高さや、長さを測っておきます。
コンセントまでの距離を測るのも忘れずに。

ここまできたらライトの購入です。
ホームセンターや、100円ショップ、オンラインで購入する際も長さや光の色をしっかり確認しておきましょう。
子どもたちが届くところや、パパママが手伝ってあげるところなど、みんなで飾っていくのも楽しいですよね。

イルミネーション作りに便利な装飾グッズ

 (25517)

LEDライトでおうちを装飾するときに便利なグッズとして、

・隙間用コンセント
・結束バンド(ビニールタイ)
・延長コネクタ

などがあります。

特に屋外を装飾する場合は、電源を家の中から配線することになります。
窓を閉めたままでも使える、防雨型の隙間用電源コンセントがオススメです。
結束バンドやビニールタイは、ライトの固定などに使いますので、飾るものに合わせて目立たない色のものがいいですね。

お家の中もキラキラ!かわいくデコレーション

 (25520)

イルミネーションはお外だけでなく、お家の中でももちろん楽しめます。
キャンドル型のライトを窓辺に飾ったり、壁に暖かい色のライトを飾ったりと、デコレーションできる場所がたくさんあります。

「イルミネーション」というとつい大がかりなものを想像してしまいますが、少しだけキラリと光るアクセントを置くだけでも、雰囲気が盛り上がりますよね。
シンプルでかわいいものも人気です。

屋外にイルミネーションを装飾する場合の注意点

 (25523)

屋外のイルミネーションを飾るときに注意したい点、「光害」について少しお伝えします。
知らずにイルミネーションを点灯していて、ご近所トラブルに発展!なんていうことは避けたいですよね。

むやみに屋外の照明を点灯してしまうことによって、近隣の方たちが「照明が明るくて眠れない」「農作物の成長に影響」「都市部の光が拡散してしまい、天体観測に影響」などさまざまな点を考える必要もあります。

屋外のイルミネーションは22時以降はつけないなど、ルールを守って楽しみましょう。
光害についてのガイドラインは環境省のサイトで確認できます。
すてきなデコレーションを楽しんでみてくださいね。

家族で楽しむ自宅のイルミネーション!

風が冷たく感じる季節になってきました。

ハロウィンやクリスマスと、子どもたちがわくわくするイベントが盛りだくさんの秋冬シーズン。
一緒におうちをキラキラのイルミネーションで楽しめたら雰囲気も盛り上がりますよね!

毎年子どもたちのと一緒に写真を残しておいても記念になりますよね。
ぜひ楽しんでみてくださいね。

3歳〜11歳までの大手英会話レッスン

今なら2週間無料!

Chiik!でオンライン習い事

12月まで!無料モニター生募集中!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

みゃりも みゃりも