2016年08月08日 公開

NIFRELでいろいろな生き物にふれる!

大阪府吹田市、万博公園内にある「NIFREL(ニフレル)」。7つのゾーンに分かれ、それぞれのテーマにあった生き物に触れることができる施設を知っていますか?館内も広く大人も子どもの楽しめる、新しいおでかけスポットのNIFRRELを詳しく紹介します。

大阪府吹田市、万博公園内にある「NIFREL(ニフレル)」。7つのゾーンに分かれ、それぞれのテーマにあった生き物に触れることができる施設を知っていますか?館内も広く大人も子どもの楽しめる、新しいおでかけスポットのNIFRRELを詳しく紹介します。

生きているミュージアムNIFRELって何?

生きているミュージアム ニフレル (11964)

【所在地】
大阪府吹田市千里万博公園2-1 EXPOCITY内ニフレル

【営業時間】
午前10:00~午後8:00
(最終入館は閉館1時間前まで。季節により営業時間が変わる場合もあります)

【定休日】年中無休

【アクセス】
大阪モノレール 万博記念公園駅より徒歩2分

【入館料】
大人1900円、こども(小、中学生)1000円、幼児(3歳以上)600円

2015年11月に大阪万博公園内にオープンしました。
「感性にふれる」をコンセプトにした新しいおでかけスポットです。
7つのゾーンに分かれ、テーマに合ったたくさんの生き物に触れることができ、3階建ての建物で雨でも気にせずおでかけすることができます。

子どもはもちろん、大人も感性豊かになれるような施設です。

いろいろな感性にふれる7つのゾーンを紹介!

生きているミュージアム ニフレル (13375)

わざ にふれる

まわりの物などと同じ色に変化したり、砂に隠れたりと、その生き物のオリジナルな「わざ」を近くで見ることができます。

すがた にふれる

ハリセンボンやハコフグなど個性的で不思議な「すがた」をした生き物が、オシャレな水槽の中で泳いでいるところを見ることができます。

いろ にふれる

あか、あお、きいろの「いろ」鮮やかな生き物を見ることができます。

みずべ にふれる

ホワイトタイガーやヤドカリなど「みずべ」にすむ生き物を間近で見ることができます。

うごき にふれる

1本の小川が流れるスペースで自由に「うごき」まわる生き物をすぐ近くで見ることができます。

つながり にふれる

壁と床にスクリーンがあり立体的な映像を見て、自然やいつもの生活の「つながり」を問いかけるシアターです。

WONDER MOMENTS ワンダーモーメンツ

頭上に大きな球体があり、水の彫刻や宇宙が描かれていて星を見ているような神秘的なアート体験ができます。

ごはんやお土産も楽しみのひとつ!

館内にはピクニックカフェがあり、食にふれることができます。

緑が多く、室内なのに外で食べているようなピクニック気分でご飯を食べらることができます。みんなで食べられるピクニックバスケットのセットやホットドック、食べる水という、数量限定の不思議な体験ができる水が売られています。

お土産もさっき見てきた生き物をモチーフにしたかわいいお土産がたくさん売られています。

ぬいぐるみや文房具、髪飾りなど好きな生き物を探して悩んでしまいそうです!生き物のかたちをした手作りおまんじゅうや、入れ物までかわいいお菓子もたくさんあります。

やっぱり楽しい!行きたくなる口コミ

オシャレな水槽で写真もキレイに撮ることができます。お子さまが生き物に集中している写真がたくさん撮れそうですね。

. ペリカン飛んできたのは怖かったけど 最強に楽しかった👯💕 #NIFREL#EXPOCITY

Sae Minaminoさん(@miracle.s19)が投稿した写真 –

今までにない新しいスポットへおでかけ

生きているミュージアム ニフレル (11968)

水槽もオシャレに設置してあったり、光をうまく使い生き物を間近で見ることができます。お子さまとテーマを交えながら、その生き物の話しをながら見てまわるのもいいですね!

今までの水族館とは全く違った感性を導いてくれるNIFRELに、お子さまと一緒におでかけしてみてくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

あんみつ あんみつ