2016年12月24日 公開

パリの子持ち家庭、年末・年始の過ごし方

そろそろ2016年も終わりに近づいてきました!皆さんは年末・年始をどう過ごされますか?パリではクリスマスを家族で祝うかわりに、年末・年始は友人たちとホームパーティーをしたり、出かけたりすることが多いです。では、子どものいる家庭ではどんな風に過ごしているのでしょうか。今回はそんなパリの子持ち家庭の年末・年始の過ごし方をご紹介します。

パリの年末はお祭り騒ぎ♪

Attentats de Paris : les célébrations du nouvel an auront bien lieu sur les Champs-Elysées (33791)

Nouvel An 2015 sur les Champs Elysées

フランスではクリスマスを家族で過ごすかわりに、年末・年始は友達とお祭り騒ぎのパーティーをするのが一般的です♪

凱旋門でもイベントが開催され、シャンゼリゼ通りは多くの人で賑わいます。シャンゼリゼ通りでは新年のパレードも行われるので、大晦日から元旦まで、ノンストップで人が集まります。

ただパリの子持ち家庭にとっては、ちょっと近づきにくい場所でもあります。というのも、パリ近郊から集まる若者が泥酔していたり、爆竹を鳴らしたりするので、子連れだと心配だからです。とくに最近はテロの影響もあり、大衆が集まるところには避けたいというのが本音でしょう。

騒音も気にしない!あちこちでホームパーティー♪

Excuse MyParty : Participez ou organisez des soirées en appart (33641)

というわけで、パリの人々は誰かのおうちでホームパーティーを開くことが多いです。このニューイヤー・パーティー、まるでクラブにでも来たかのような賑やかさ。大晦日にパリの街を歩くと、あちこちのアパートから大音量の音楽が聞こえてきます。

パリではホーム・パーティーが一般的なので、アパートに張り紙をすれば、たいていの騒音も隣人たちから許してもらえます。とくに年末・年始は、しょうがないね、という感じになるようです。

ホームパーティーに招待されたら、子どもはどうする?

Réveillon du 31 décembre : où trouver une baby-sitter et à quel prix ? (33642)

しかし、子持ちの家庭ではどうしているのでしょうか?フランスの子育てサイトで紹介されている、年末・年始の子持ち家庭の過ごし方をご紹介します!

ベビーシッターを雇う

まず、最初に考えられるのが、ベビーシッターを雇うことです。しかし、どこのパパ・ママもニューイヤー・パーティーをしたいもの。ベビーシッターを見つけるのにも、かなりの競争率が予想されます。さらに、ベビーシッターたちもこの日ばかりは、パーティーを予定していることが多いので、大晦日に空いている人の数自体が少ないようです。

料金もかなり上がります。年末・年始パックを提案するベビーシッターもいるようですが、午後9時から翌日4時まで平均180€(約2万2000円)だそうです。それでも大人気ということなので、1年のストレス発散でパーティーをしたいパパ・ママが多いんですね!

親たちと子どもたちで一緒にパーティーをする

もし少人数の子持ち家庭だけでパーティーをするのであれば、子どもたちは子ども部屋で遊ばせて、大人たちは大人たちで祝うという選択肢もあります。ただ、赤ちゃんのいる家庭では少し難しそうですね。

家族で過ごすならスキー旅行!

Les petites stations de ski, grandes gagnantes de la guerre des prix (33645)

いや、家族で静かに過ごしたい、という子持ち家庭に人気なのが、冬のバカンスでスキーに行くという選択肢です。アルプスの近郊にはたくさんスキー場があるので、パリの喧噪を避けて旅立つ家族が多いです。

しかし、この時期は人気があり、お値段もかなり上がるので、前もって準備しておくことが重要でしょう。
Les 5 meilleures fondues-raclettes de Paris (33647)

フランス人にとって、冬の名物といえば、チーズ・フォンデュやラクレット。
ラクレットとは、大きなチーズの断面を直火で温め、溶けた部分をナイフなどで削ぎ取ってジャガイモやシャルキュトリ(ハムやサラミなどの加工肉)に絡めて食べる、スイス国境に近いフランス・サヴォア地方の大人気料理です。

スキー旅行へ行き、家族でこの名物を味わう…というのもフランス人の国民的楽しみなんです。

今年はどうする?家族で過ごす年末・年始

 (33643)

パリの子持ち家庭、年末・年始の過ごし方、いかがでしたか?

子持ちであってもパーティーをしたい!というフランス人パパ・ママの思いと、現実の難しさから、「年末・年始、子どもをどうする?」「子どもと一緒に年末・年始を楽しむ方法」などたくさんのブログや記事が見つかりました。

筆者の個人的なおすすめは、家族でのアルプス旅行です。日本とは違った美しい山々の景色や山小屋、名物料理でまるでハイジのような世界を味わえます。子どもたちも喜ぶのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもから大人までフランスで【コロリアージュ】が人気の理由

子どもから大人までフランスで【コロリアージュ】が人気の理由

フランス版大人のぬりえとして紹介されることの多い【コロリアージュ】ですが、実際は子どもから大人まで親しまれています。フランス語の“Coloriage(コロ...
【1歳・2歳・3歳向け】おすすめの知育ブロックおもちゃは?

【1歳・2歳・3歳向け】おすすめの知育ブロックおもちゃは?

知育ブロックは、指先を使い集中力と創造力を育むおもちゃです。この記事では1~3歳向け知育ブロックのなかでもおすすめの6選を紹介します。我が子におうち知育と...
フランスのベビーシッター事情……費用はいくら?

フランスのベビーシッター事情……費用はいくら?

子どもがいても、自分たちの時間を大切にするフランス。小さい子どもをベビーシッターに預けて、ママが働きに出たり、夫婦2人でデートしたりすることも一般的です。...
幼児食のバリエーションを増やす!ごぼう・れんこんレシピ

幼児食のバリエーションを増やす!ごぼう・れんこんレシピ

1歳半頃に離乳食が完了すると、幼児食がはじまります。1~2歳の子どもたちに、たくさんの食材や調味料を楽しんでもらいたい!と親としては切実に思うもの。そこで...
フランスってどんな国?読んだらきっとよくわかる絵本3選

フランスってどんな国?読んだらきっとよくわかる絵本3選

フランスといえば真っ先に何が思い浮かびますか?パリ、エッフェル塔、ナポレオン、ファッション、フランス料理……。フランスを象徴するものや言葉はたくさんありま...

WRITER

kaori kaori  在仏9年目、パリ在住。慶応義塾大学文学部卒業、フランスの大学院で日本語教育学を学びました。現在、フランスのラグジュアリー・ブランドに勤務しつつ、日本語学校を運営しています。現地からフランス流の子育て情報をお届けします!