2017年5月15日 公開

国が違えば食育も違う!オーストラリアの「健康的な食事」とは?

日本では以前から食育が盛んですが、オーストラリアでは最近やっと、年々増える子どもの肥満や虫歯が問題視され、健康的な食習慣を身につけさせる「食育」の重要性が増しています。その背景にあるオーストラリアの子どもの食事情と、オーストラリアの食習慣、日本との違いを紹介します。

オーストラリアの「学校の食事情」にビックリ!

Photo by author (50109)

「お弁当にピッタリ」と書かれたチョコ味のビスケット。
via Photo by author
海外で生活すると、日本との生活習慣の違いにびっくりすることも多いですが、特に食文化・食習慣の違いには驚かされます。

筆者はオーストラリア・パースに住んでいますが、まず子どもたちの「学校での食事」が、日本とずいぶん違うと思いました。オーストラリアの学校は、給食がありません。基本的に子どもたちは自分のランチと、午前中の休み時間に食べる「おやつ」を持参します。

こちらに来たばかりの頃、わが子から「お友だちは、ポテトチップスやチョコレートを学校に持って来ている」と聞いて驚きました。スーパーなどでは、「ランチボックスにピッタリ!」と書かれた、学校に持って行きやすいサイズのスナック菓子や、小分けのジュースが売られています。

子どもたちの健康が危ない?

Free stock photo of bananas, bowl, diet (50123)

子どもの肥満や虫歯などが年々増えているオーストラリアでは、そうした食習慣が子どもの健康を害している、と問題になっています。

そこで2~3年ほど前から「おやつにはお菓子の代わりに果物や野菜を食べよう」「バランスの取れた健康的なランチを用意しよう」「水分補給にはジュースではなく水を飲もう」といった注意事項が、学校でも伝えられるようになってきています。

また、「健康的な食事とは?」ということを学ぶ【食育】が、学校でも行なわれるようになりました。

健康的な食事のガイドライン

Photo by author (50134)

オーストラリアの健康的な食のガイドラインを示したパンフレット。
via Photo by author
オーストラリアで提唱されている健康的な食事とは、どんなものでしょうか?

たとえば小学校低学年では、以下のような食品が【健康的な食べ物】である、と教えられています。

・野菜
・果物
・米・パンなど
・肉・魚・卵など
・牛乳やチーズ

これらの食べ物は、「ヘルシーフード」「エブリデイフード」と教えられ、毎日、各品目をバランスよく食べるように教えられます。特に、野菜や果物を多く摂ることが大切とされます。

逆にチョコレート・アメ・アイスクリームなどのお菓子や、ファストフードなどは「サムタイムスフード」、つまり、時々お楽しみで食べるものだ、と教えられるようになりました。

日本の食育との違いは?

Photo by author (50143)

クラッカーなども、野菜や肉と組み合わせれば「健康的な食事」に。
via Photo by author
栄養面での考え方は、日本の食育と共通点も多いといえるでしょう。しかし、食事への取り入れ方は、日本と違いがあります。

日本では炭水化物は「主食」といわれるほど重要な食品ですが、こちらではむしろ摂り過ぎに注意すべき食品という感覚です。また、米ならば玄米、パンなどの小麦粉なら全粒タイプを選ぶことが推奨されています。

炭水化物については、パンやパスタだけでなく、クラッカー、シリアル、ライスケークまたはコーンケーク(米やとうもろこしをパフ状にして固めたもの)なども、糖分・油脂分が使われていなければヘルシーな「食事の一部」とみなされています。

野菜を積極的に摂ることが推奨されていますが、食べ方は生物をそのままというのが主流です。例えばレタスやベビーホウレン草などの葉物はそのまま、キュウリ・ニンジン・セロリはスティックに。ピーマン、ブロッコリーも生食することが珍しくありません。果物も、リンゴ・モモ・洋ナシなどを皮ごと丸かじりさせます。

こうしたメニューが、「ヘルシーな食事」として紹介されています。

最後に

Free stock photo of breakfast, cucumbers, dinner (50151)

日本では「主食・主菜・副菜・汁物」という考え方があり、「ちゃんと調理されたものを食べるのが食事」というイメージがあります。それに比べると、オーストラリアの食育はずいぶん簡素に感じます。

今のオーストラリアでは、あれこれと味つけや加工をされていない食材を食べることが「健康的」という考え方が主流。調理の手間を省くだけでなく、塩分や糖分、油脂分の摂り過ぎを防ぐためにもよいとされているようです。

オーストラリアに暮らしてみると、日本の家庭は伝統的にも「食」と食文化を重視してきたんだな、と改めて感じます。筆者は日本の細やかな食のスタイルがやはり好きですが、肩の力を抜いたオーストラリア流の食育も、時には取り入れてみるのもよいかもしれませんね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

好き嫌いなく食べられる子に!「親子の食育BOOK」で学ぶこと。

好き嫌いなく食べられる子に!「親子の食育BOOK」で学ぶこと。

子育てには悩みや疑問がつきもの。特に食事に関しては、子どもの好き嫌いが激しい、栄養は足りているのかな、などモヤモヤしている方も多いのでは?「親子の食育BO...
材料は大豆だけ!手づくりきな粉で大豆の魅力を知ろう

材料は大豆だけ!手づくりきな粉で大豆の魅力を知ろう

手軽で栄養豊富、加工品もいろいろ……とよいこと尽くしの大豆。大豆食品の中でも家庭で再現しやすいものといえば、ずばりきな粉です。1~2分でできるのに風味がよ...
知育旅行@休暇村!親子で夕陽を観察しよう

知育旅行@休暇村!親子で夕陽を観察しよう

せっかくの家族旅行なら、テーマを決めた知育旅はいかがでしょうか?たとえば、「夕陽の絶景を眺める旅」。都会ではなかなかじっくりと見る機会のない日没の風景に、...
親子で学ぶ「ふれあいプログラム」が充実!休暇村で楽しむ知育旅

親子で学ぶ「ふれあいプログラム」が充実!休暇村で楽しむ知育旅

家族旅行に行きたいと思っても、「どこに行けば子どものためになるんだろう?」と迷ってしまうことも。そんなときは、親子で学べる「ふれあいプログラム」が充実した...
YouTubeが教材?ICTを活用した学習活動が進むオーストラリア

YouTubeが教材?ICTを活用した学習活動が進むオーストラリア

日本の学校でも、ICT(情報通信技術)の導入が積極的に行われるようになってきました。今後はどうなっていくのでしょうか?オーストラリアにおけるICTの利用は...

WRITER

Chieko Chieko  14歳の女の子、7歳の男の子を持つ、二児のママ。2013年より西オーストラリア・パースに家族移住しました。オーストラリアの食・子育て・英語などをテーマに書いているフリーライターです。