2017年8月1日 公開

8月9日はハグの日。ハグは子どもへの最高のプレゼント!

親から我が子へ直球で愛情を伝えることができる、ハグ。親子間だけでなく、パパ・ママにもとっても大切で必要な、ハグ。スキンシップの大切さは各方面から提唱されていますが、8月9日のハグの日をきっかけに、改めて「ハグ」について考えてみましょう。

8月9日はハグの日って知っていましたか?

pixabay.com (59570)

via pixabay.com
8月9日はハグの日。「大好きな人を抱きしめよう」という思いから発足した「89(HUG)の会 ひろしま」の活動により、2007年に正式の記念日として認定されました。

ハグ・・・簡単です。身近にいる大切な人をぎゅっと抱きしめるだけ。
安心感はもちろん、やる気も得られるというハグの効果は注目されてきており、日本でも広がりつつあります。

ハグの効果とは

pixabay.com (59573)

via pixabay.com
東邦大学医学部名誉教授・有田秀穂先生によると、ハグをすることによって副交感神経が刺激され、セロトニンとドーパミンが放出されるとのこと。
セロトニンは、心を安定させ自律神経のバランスを整える効果のある物質で、ドーパミンは、集中力を増しさせ、脳の働きを向上させる効果がある物質です。

日本チャイルドボディケア協会代表・蛯原恵理さんもオススメ

蛯原恵理さん

蛯原恵理さん

「スキンシップは、親子・家族を繋げる大切なコミュニケーションです。肌と肌が触れあうことで、幸せホルモンのオキシトシンが分泌されます。親子の絆を深めるのはもちろん、安心感やリラックス効果もあります。」とおっしゃるのは、日本チャイルドボディケア協会代表の蛯原恵理さん。

蛯原さんは元看護士で、NICU(新生児特定集中治療室)にて6年間勤務のち、ベビーマッサージ・ベビーヨガなどの資格を取得。2014年に第一子出産。2015年には日本チャイルドボディケア協会を設立し、代表を務めています。

絵本で「ハグ」!

 (59579)

タイトル:だいすき ぎゅっ ぎゅっ
著者:フィリス ゲイシャイトー (著) ミム グリーン (著) 福本 友美子 (翻訳) デイヴィッド・ウォーカー(絵)
出版社:岩崎書店

ハグの広まりは、絵本にも。
「だいすき ぎゅっ ぎゅっ」は、朝ごはんを食べたあとに、ぎゅっ! おさんぽしたあとにも、ぎゅっ! ママウサギはボウヤを一日に何度もハグします。思わず子どもをぎゅっとしたくなる、そんな絵本です。
読み聞かせながら、ママウサギがぎゅっとするとき、お子さんもぎゅっ! 「ぎゅってしてくれるからこのご本大好きっ」て言われてしまうかも!?

ぬいぐるみで「ハグ」!

https://www.kickstarter.com/projects/parihug/parihug-hug-loved-ones-from-anywhere-in-the-world (59582)

Parihugs
via https://www.kickstarter.com/projects/parihug/parihug-hug-loved-ones-from-anywhere-in-the-world
さらに、ハグはぬいぐるみにも。
この「Parihugs」というぬいぐるみにはWi-FiとBluetoothが搭載されており、アプリでハグを届けたい相手を登録します。ぬいぐるみをハグすると選択した相手のぬいぐるみが連動して振動。愛のこもったハグが届くという仕組みです。
遠く離れていても、テレビ電話をしながら「ぎゅーーっ」とすることができるのです。
「Kickstarter」というサイトで資金調達中。今なら75ドル(約8,330円)から。発送は、2017年の12月を予定しているとのことです。

マットで「ハグ」!?

 (59585)

日本愛妻家協会×日比谷花壇特製ハグマット
また、今年の1月31日(愛妻の日)には、すみだ水族館×日比谷花壇のコラボイベントの一環で、「特製ハグマット」も作られました。1月31日午後8時9分に「全国の夫婦のみなさん、一斉にハグして!」というメッセージマットです。

ちなみに愛妻の日は、妻へ愛を叫ぶイベントの主催で有名な、日本愛妻家協会が提唱している活動です。こちらのオフィシャルサイトでハグマット基本図のDLはできるようですので、ぜひご家庭にも導入してみてください。

さいごに

医学的な効果もあり、なにより最高の愛情表現のひとつであるハグ。お子さんとはもちろん、パパとママもあいさつ代わりにハグをすれば、家族の絆が深まること間違いなしです!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

叱らない育児は可能なの?幼児教室のベテラン先生に相談した結果

叱らない育児は可能なの?幼児教室のベテラン先生に相談した結果

「叱らない育児」を取り入れてもっと育児を楽しく。それが理想とわかっていても、子ども相手についイライラしてしまうことがあると思います。「叱らない育児」の第一...
親子の絆を深め、夫婦間の愛情を保つために行うべきたった1つのこと

親子の絆を深め、夫婦間の愛情を保つために行うべきたった1つのこと

子どもやパートナーとの愛情を深めるためには、毎日のハグがオススメ。私が住むアルゼンチンでは、みんな毎日ハグをします。ハグは愛情を深めるだけではなく、健康に...
子どもとのスキンシップ不足は「おててでタッチ」で解決!

子どもとのスキンシップ不足は「おててでタッチ」で解決!

「子どもとスキンシップが大切ってわかっていても、いつもばたばたしていて……」。そんなパパママにお伝えしたい!安心してください、毎日自然にやってますよ、スキ...
「救急車」は英語でambulance!【男の子が好きな乗り物の英語名10】

「救急車」は英語でambulance!【男の子が好きな乗り物の英語名10】

乗り物が大好きな男の子は多いでしょう。救急車やパトカー、レッカー車などの働く車はもちろん、船や鉄道や、飛行機などは見ているだけでもワクワクします。そんな興...
子どもに人気のごま和えの魔法!野菜が何でも食べられるように

子どもに人気のごま和えの魔法!野菜が何でも食べられるように

栄養たっぷりで、いろいろな素材との相性の良いごま和え。和食はハードルが高いように思いますが、実はとっても簡単なんです。しかも、ごま和えを日々の食卓に取り入...

KEYWORDS

WRITER

M.moropetti M.moropetti  エディター&ライター。出版社にて、IT雑誌、女性誌、実用誌、書籍を編集。現在はフリーで、雑誌・書籍の編集&原稿執筆、WEB原稿執筆と、姉弟の子育てをやっています@渋谷区。