2018年6月6日 公開

ジョイントマットで遊んでみよう!子どもにとっては、大きなブロック

フローリングの上に敷く「ジョイントマット」を、利用しているご家庭も多いのではないでしょうか。わが家で新調したところ、マットではなく「ブロック」として、子どもたちのおもちゃになってしまいました!親子ですっかりはまった、ジョイントマットの遊び方をご紹介します。

ジョイントマットは大きなブロック!その魅力とは?

photo by author (96613)

via photo by author
レゴブロックやニューブロック、ラキューなど、組み立てて遊ぶおもちゃはたくさんありますが、子どもにとってはジョイントマットもそのひとつ!なんといっても、他のブロックに比べて圧倒的に1ピースのサイズが大きく、すぐに大物ができるところが魅力のようです。

例えば、2つを直角につなげただけでも、子どもサイズのイスのできあがり!3歳児でもあっという間に「参観日のパパママの席」を作り上げ、実に満足げに達成感に包まれていたことも。

せっかくなら気が済むまで遊んでみるか!と、親も参加してジョイントマットで遊び続けた2週間をレポートします。

縦にも横にもどんどんつなげて……

photo by author (96632)

via photo by author
マットを4枚使って組み立て、長くつなげてみました。縦にいっぱいつなげると、塔やビル、おうちにも。横にいっぱいつなげると、電車かな?ヘビさんかな?そんな風に何かに見立てながらやっていると、街ができたり、乗り物になったり……。
photo by author (96633)

via photo by author
こちらは最初、屋台のお店として並べて遊んでいた息子。最後には汽車になり、お客さんに見立てたぬいぐるみを乗せて、運転手さんごっこになりました!遊びながら、どんどん変化するのも楽しい時間です。

展開図の勉強にも!?サイコロ遊び

photo by author (96634)

via photo by author
5歳の長男が夢中になって遊んだのが、マット6枚を使ったサイコロ作り。

隣で観察していると、最初は1枚1枚組み立てていたのですが、先につなげてから折り曲げた方が楽だと気が付いた様子。それから展開図のようなものを作ってから立ち上げていく方法で、いくつも作っていました。

結果、1枚多かったり、うまくつながらずにやり直すこともありましたが、これは空間認識力をつけるよい練習になりそうです。
photo by author (96662)

via photo by author
三角や四角などの形を作って、遊ぶのもシンプルで面白いです。パーツのつなげ方によって、いろいろな種類の図形が、できあがりますよ。

他のおもちゃと組み合わせて遊ぶ!

photo by author (97973)

via photo by author
プラレールが大好きな3歳の次男は、最初は、はじっこのパーツだけで黙々とひたすら線路を作っていました。満足した後は、トンネル作り。こちらも夢中になって作り、気が付けば長~い長~いトンネルが完成しました。

このトンネルは、「ターミナル駅だから4両までいける」ようで、プラレールがすれ違う様子に大興奮。トンネルの中や上に列車を走らせながら、楽しんでいました。

アスレチックで身体を動かそう!

サイコロ作りに満足したら、今度はそれを投げたり転がしたり積み上げたりと、体を動かして遊ぶためのアイテムになりました。サイコロを転がすだけでも、汗だくになる子どもたち……。
photo by author (96796)

via photo by author
”ジョイントマット様”(笑)には、雨の日にも随分助けていただきました!

マットは2色あるため、部屋中にばらまいて「白の上だけ乗っていいゲーム」で走り回ったり、「けんけんぱ」のように並べておいたりして遊ぶのもおすすめです。

トンネルの中をもぐったり、上を飛んだりできるスペースまで用意しておくと、さながらアスレチックの完成です!室内でも存分に身体を動かして遊ぶことができました。

大物にも挑戦しました!

photo by author (96636)

明かりやご飯に見立てた積み木を持ち込んで、ひとしきりテント遊びで盛り上がりました。
via photo by author
「ジョイントマットを全部使って、もっと大きなものを作りたい!」と、大物にも挑戦しました。

ピースが大きい分、作るものに制約はありますが、できあがりは壮観です。大型テント、恐竜、お庭など、子どもの興味の向くままに……。集中すると、あっという間に1時間以上経過していることもありました。
photo by author (96637)

via photo by author

最後はマットを敷き詰めます!

ひとしきり遊んで、満足した子どもたちからOKサインが出たため、ジョイントマットには本来のお仕事に戻ってもらうことに。ただせっかくなので、マットの敷き方も子どもたちと一緒に、デザインを考えることにしました。

2色で絵柄を表現するには?と紙にマス目を書いて考え、相談した結果、「お顔にしたい!」という長男のアイデアに決定!
photo by author (96792)

via photo by author
紙に書いた設計図を大きなマットで表現するのは、意外と頭を使うようで、「うーん、うーん……」とうなりながら、仕上げた力作が画像右上です。お顔に見えますか!?

まだ小さいお子さまの場合、白と茶色を交代交代に敷くだけでも、よい遊びになるかと思います。

ジョイントマットで遊んでみよう!

photo by author (96661)

ジョイントマットを太鼓とバチに見立てて、リズムに合わせて熱唱していました。
via photo by author
こんなに自由で楽しいジョイントマット。柔らかい素材で、赤ちゃんから大人まで使えるところも魅力です。

大型ですが、遊び飽きたら収納場所も取らない……という優れもの(敷き詰めればよいので……笑)。頭の中で考えながら組み立てていく作業は、親でも頭を使いましたし、細長いはじっこのピースをうまく使って遊ぶ子どもたちの発想の柔軟さには、こちらが学ぶことも多かったです。

以前は、子どもがマットをはがして遊ぶたびに「やめてね~」と戻していた筆者。ですが今回、手先の訓練や達成感を味わえるおもちゃとして、ジョイントマットの潜在能力を見直した次第です。

マットのお掃除やお部屋の模様替えの際など、機会があればぜひお試しください。ちなみに、新品のマットの場合、ニオイがきついことがあるため、お部屋の換気をお忘れなく!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもが夢中!算数のセンスが自然に身に付く「パターンブロック」

子どもが夢中!算数のセンスが自然に身に付く「パターンブロック」

アメリカ発、欧米で広く普及し、日本でも国立・私立をはじめ公立まで多くの小学校でも取り入れられ、数学教育の専門家や教授がこぞって勧める、東洋館出版社の「パタ...
【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

【9月開催】学び盛りを助ける最強の給食レシピを「つくりおき」で!英才食育相談ランチ会

子どもの健やかな成長にはバランスの良い食事がとても大切ですが、そこに「頭の良くなる」要素が加えられれば。忙しいパパママでもできる「つくりおき」料理で、毎日...
工夫次第でレゴは上達!おうちレゴのヒントいろいろ

工夫次第でレゴは上達!おうちレゴのヒントいろいろ

知育玩具として、長く愛され親しまれているレゴ。おうち遊びに取り入れている家庭も多いのではないでしょうか。わが家もレゴ歴5年目。日々上達し、表現のバリエーシ...
スズキ・メソードで発揮!子どもの可能性を広げる才能教育とは

スズキ・メソードで発揮!子どもの可能性を広げる才能教育とは

乳幼児期に子どもの素質を見極め、適した指導で才能・能力を伸ばす才能教育「スズキ・メソード」は、音楽を通して、子どもの能力を総合的に育てる才能教育のひとつで...
日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

日本おもちゃ大賞2018!プログラミングカー【3•7歳体験談】

子どもの論理的思考力を家庭で楽しく育むことができる「はじめてのプログラミングカー」。2018年4月に学研ステイフルから登場し、日本おもちゃ大賞2018の「...

WRITER

福岡すみれ 福岡すみれ  東京都在住、3人のやんちゃな男の子のママです。外遊びが大好きな息子たちと日々いろいろな公園を巡りつつ、3度の食事(とおやつとお酒)を何よりも楽しみに過ごしています。