2018年5月2日 公開

理数探究とは?SSHでの取り組みを例に紹介します!

大学入試センター試験の改革や、学習指導要領の変更など、教育の現場はいま転換期を迎えています。そんななか、2020年の教育改革で新設されたのが「理数探究」です。ここでは理数探究の先進例である「SSH」の取り組みを例に、理数探究のねらいや内容などをご紹介します。

どうして理数探究ができたの?

 (92552)

「文高理低」という言葉を耳にしたことはないでしょうか。これは、最近の日本の大学入試結果を表しています。昨今の大学入試では文系学科の偏差値が高く、理系学科が低い状況が続いているのです。

その理由は現在、文系の注目度が高いため。文系の就職率が回復したこともあり、就職に有利とされている法学部・経済学部の人気が特に高まっているようです。

それと同時に、理系の人材不足は今後ますます進むと予想されます。大学側でも理系の募集枠を増やすなど対策に乗り出していますが、理系の人気はなかなか回復しません。この課題を打破すべく、高校で新たな教科を新設したものが「理数探究」です。

理数探究のねらいは?

 (92553)

理数探究とは、理科と数学を統合したような学科。理科・数学を横断して、深く探究する力を身につけることが狙いです。これにより、理数科へのモチベーションを高めることが期待されています。

講義中は、これまでのようにただ知識を与えられるだけの受け身ではなく、課題に自ら向き合い、考え抜くことが必要となるでしょう。

理数探究の狙いを、文科省は以下のように述べています。
①様々な事象に対して知的好奇心を持つとともに、教科・科目の枠にとらわれない多角的、複合的な視点で事象をとらえ(総合性)、
②科学的な見方・考え方や数学的な見方・考え方を豊かな発想で活用したり、組み合わせたりしながら(融合性)、
③探究的な学習を行うことを通じて(手立て)
④新たな価値の創造に向けて粘り強く挑戦する力の基礎を培う(挑戦性、アイディアの創発)

理数探究の授業ってどんな感じなの?

 (92554)

この理数探究の先進モデルが、一部の高校で行われていた「SSH(スーパーサイエンスハイスクール)」というもの。筆者の娘は、SSHを行う高校に通っていました。今後理数探究が始まると、SSHでのノウハウをもとに授業が進められると言われています。

そこで娘の高校の取り組みから、理数探究の授業がどういうものになるのかをご紹介します。なお、学校によってやり方はさまざまですので、一例として参考にしてみてください。

SSHの取り組み

SSHでは一人ひとりが自分の課題を見つけ、その課題を探究します。そのためには、子どもが主体的に活動することが必要となるでしょう。

1年生の間は、グループで話し合ったり、実験をしたりといった活動が多く設けられます。またパワーポイントを使って、プレゼン資料を作る課題も何度かありました。課題探究のために必要なことを、多角的な視点で身につけるのです。

2年生になると、いよいよ課題探究が始まります。自分で課題を見つけ、1人~数人のグループで探究を行うことになるでしょう。科学的に検証できれば課題は自由で、娘のグループの場合「固いどろ団子を作るにはどうしたらいいのか」を調べていました。これを、2年生~3年生にかけて取り組みます。

先生も助言はしてくれますが、基本的に自分たちだけで、試行錯誤しながら実験を進めなければなりません。これにより子どもたちは課題に向き合い、考える力を身につけるのです。

理数探究の良さと課題は?

 (92556)

娘はSSHでの学びを通してさらに理系科目に興味を持ち、理系の大学に進みました。将来を見据え、人工知能やコンピューターといった分野に進むことを考えています。

SSHを導入した高校ではプレゼン能力が磨かれるためか、推薦入試やAO入試でも成果を挙げていました。AO入試でのパワーポイントを使った自己プレゼンや、英語の小論文に取り組む際にも活かされるようです。普段授業で取り組んでいる内容ばかりのため、抵抗感もありません。

なお現状未定ではありますが、今後大学入試の新テストの科目にする案も出ているようです。

理数探究でも挙げられているような狙いは、娘の高校を見る限り達成されているでしょう。

ただし、課題もあります。このような学習を行うためには、教員側にさらなる専門的知識が必要になることです。教員の数、施設や設備も要するでしょう。これらが整わなければ、思うような成果が出ないことも考えられます。

娘の高校では、理数系学科にてSSHを行っていたため、先生の質も設備も整っていました。しかし、全部の高校で同じ環境を整えることは、難しいかもしれません。

今後の変化を見据えてお子さまの教育を

 (92555)

これからのお子さまは、教育内容が大きく変わると予想されます。私たちが子どもの頃の常識は通用しません。今後の変化を見据えて、お子さまの教育を考える必要があるでしょう。

ただ知識を詰め込むだけではなく「自分で考える力」を身につけることが、重要なカギとなるのかもしれませんね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【3~4歳向け】普段の生活の中でできる!「数への親しみ」を育てるコツ

【3~4歳向け】普段の生活の中でできる!「数への親しみ」を育てるコツ

3~4歳になると、数字に興味を持ち始めたり、10まで数えられたりする子どもが増えてきます。机に座って「お勉強」をするのではなく、日々の生活の中で、子どもの...
「ずいずいずっころばし」の歌詞と遊び方!どんな意味があるの?

「ずいずいずっころばし」の歌詞と遊び方!どんな意味があるの?

最近その知育効果が見直されつつある「わらべうた」。そんなわらべうたのひとつに「ずいずいずっころばし」があります。こちらでは「ずいずいずっころばし」の歌詞や...
図形の種類とそれぞれの英語名は?覚えておくと役立つ英単語

図形の種類とそれぞれの英語名は?覚えておくと役立つ英単語

「三角形」「四角形」「丸」などの図形の英語名、すぐに答えられますか?基本的な図形の名称は、日常会話はもちろん受験にも頻出する単語。さらに多面体・立体の英語...
国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)とは?日本の結果は?

国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)とは?日本の結果は?

国際数学・理科教育動向調査(TIMSS)ってご存知ですか?これは理数系教育の各国の到達度をはかる、国際的な調査です。では世界的にみると、日本の理数教育の実...
りんご飴を親子で作ってみました!キレイに美味しく作るコツとは

りんご飴を親子で作ってみました!キレイに美味しく作るコツとは

お祭りの屋台で美味しそうに輝くりんご飴。家でも簡単に作れると知って、親子でりんご飴作りにチャレンジしました。失敗しない美味しいりんご飴の作り方からコツ、学...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。