2016年9月24日 公開

ちょっと気になる!海外の離乳食と開始時期は?

生後6カ月頃になると、そろそろ離乳食をはじめる時期ですね。はじめての離乳食……わからないことだらけで大変です。ところで世界の国々ではどんな離乳食を食べているのでしょうか?また生後何カ月頃からはじめるのか、見てみましょう。

アメリカの離乳食は瓶詰めのベビーフード?

アメリカではドクターによってさまざまな意見がありますが、6カ月頃以降に離乳食をはじめることが多いようです。以前は4カ月頃からはじめていたそうですが、早すぎる離乳食はアレルギーの原因となるといわれるようになったから6カ月頃の開始となっているようです。

ミルクと混ぜてレンジでチンするだけの「ライスシリアル」というものが日本のおかゆにあたりますが、最初の離乳食は瓶詰めが主流。
マンゴー、アボカド、グリーンピース、そしてニンジンなどのペースト、離乳食後期になってもほとんどがペースト状の物です。
少し進むと、チキンにグレービーソース味のものなどが出てきますが魚はありません。

ParentingPatch/CC BY-SA 3.0

イタリアは離乳食ももちろんイタリアン!

イタリアでは、生後5〜6カ月頃に離乳食を開始します。
最初は米粉、トウモロコシ粉、そしてセモリナ粉(パスタの原料となる小麦粉)などをミルクで溶いて与えます。
そして小さなパスタをスープに入れたりしますが、エキストラヴァージンのオリーブオイルやパルメザンチーズは必須です。
お肉類は瓶詰めですが、鶏肉や牛肉だけでなく、うさぎや子羊、馬の肉まであります。
お茶はカモミールティーを飲むそうですよ。なんだかどれもおいしそうですね。

中国の離乳食は、やっぱりおかゆ!

中国の離乳食開始時期は4カ月~6カ月頃。「赤ちゃんの首が座ったら」とされています。
日本と同じように、ドロドロにしたおかゆからはじめます。
トッピングに、お肉で作ったデンブを乗のせたりします。中国でベビーフードとして売られているのは、ほとんどがおかゆやオートミールに味や栄養素が添加されたものです。

インドの離乳食はやっぱりカレー?

インドでは生後5〜6カ月頃に離乳食を開始します。
もちろん刺激の強いスパイスの入ったカレーなどを離乳食にはしていません。
最初は豆をドロドロにしたおかゆのようなものや茹でた野菜、米のおかゆなどです。
米のおかゆは味のないものではなく、ミルクでインディカ米(細長い米)を茹で、砂糖やサフランなどを加えます。
生後8カ月を過ぎる頃の離乳食にはクミンやターメリックなど、体を温めるために辛くないスパイスを徐々に入れていき、1歳頃には辛いスパイスの入ったカレーも食べるようになるそうですよ。

フィリピンの離乳食は進み方が早い!

フィリピンも生後6カ月頃から離乳食を開始します。
最初はシリアルやおかゆなどの炭水化物とりんごやパパイヤ、バナナなどのフルーツからはじめますが、この後が早いんです!
2週目にはおかゆに肉や魚、野菜を入れ、3週目にはすでに塩味を、4週目にはニンニク味までつけてしまうそうです。
生後10か月になる頃には、もうなんでも食べていいとのこと。
早くから味付けをして多くの食材を食べることによって、好き嫌いのない子にするようです。

日本のママももっと気楽に!

多くの国では、手作りより安全性・栄養が高いと瓶詰めのベビーフードがほとんどだったり、特別なものではなく、大人の食べるものをちょっと柔らかくしたりするだけの離乳食も多くあります。「離乳食」という概念が特にない国もあります。
国によってさまざまな離乳食。あまり難しく考えず、気楽に赤ちゃんと離乳食を楽しめるといいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは食器や身体をすすがない!?驚きの事情とその理由

フランスでは、食器の泡をしっかり洗い流さない、身体の泡を洗い流さないのが普通です。日本人の感覚からすると「えっ」と驚きますよね。一般的に、欧米はすすぎ洗い...
身体にいい栄養豊富な乾物でふりかけを親子で簡単手作りしよう!

身体にいい栄養豊富な乾物でふりかけを親子で簡単手作りしよう!

白いご飯のお供として子どもが大好きなふりかけ。ゴマや青のり、かつお節など栄養豊富な乾物を使って、親子で一緒に手作りしませんか?小さなお子さまでも作業に参加...
かわいい手作り「お子さまランチの旗」でごはんの時間がワクワク!

かわいい手作り「お子さまランチの旗」でごはんの時間がワクワク!

旗付きお子さまランチプレートは、子ども心をくすぐる人気のメニューですよね。旗があるだけでなんとなくワクワク♪そんな気分をおうちでも楽しめるよう、お子さまラ...
玉ねぎを使った甘みたっぷりの離乳食メニュー|初期から後期まで

玉ねぎを使った甘みたっぷりの離乳食メニュー|初期から後期まで

離乳食期にパパママを助けてくれる食材「玉ねぎ」。簡単に赤ちゃんにピッタリの柔らかさに調理でき、冷凍保存も可能です。離乳食初期から使用できるため、長い離乳食...
基本のだしの取り方をチェック!家庭でできる食育取り組み例

基本のだしの取り方をチェック!家庭でできる食育取り組み例

だしは料理の基本。とくに和食はだしがおいしさを左右します。でもだしを取るのは面倒だし難しそう、と思っていませんか? じつは案外簡単で、慣れれば時間もかかり...

KEYWORDS

WRITER

くまこ くまこ  絵本が好きで、絵本と音楽のコラボもやっています。