2018年1月12日 公開

オーストラリアの音楽教育 ‐ 授業で楽器を教えないのはなぜ?

言葉と違い、世界共通で楽しめる【音楽】。では、子どもの「音楽教育」については、日本と海外で違いがあるのでしょうか?筆者はオーストラリアの公立学校に子どもたちを通わせています。こちらの学校の音楽の授業は日本とどう違う?何を教える?といったことをご紹介します。

海外の小学校ではどんな音楽教育をしている?

Printed Musical Note Page · Free Stock Photo (76570)

音楽は『世界共通』といわれます。が、音楽教育はどこの国でも同じでしょうか?それとも違いがあるのでしょうか。

筆者は長女を小6まで日本で育てた後、オーストラリアへ家族で移住しました。西オーストラリア・パースの現地校へ子どもたちが通いはじめたとき、日本の学校との違いにずいぶん驚きましたが、音楽の授業も例外ではありませんでした。

「日本の学校の音楽教育とはずいぶん違うな」と感じましたが、「具体的にどんな点が違うのか」を紹介しましょう。

先生はピアノを弾かない?

Free stock photo of ebony, instrument, monochrome (76573)

オーストラリアの小学校では、音楽専門の先生が音楽の授業を担当します。日本では、小学校低学年の音楽の授業は、担任の先生が教えることになっていますが、こちらではpre-primary(5歳児クラス)から、音楽の時間は音楽室に行き、専門の先生の指導を受けます。

長女が通っていた日本の学校では、音楽の授業の際、先生がピアノを弾きます。集会や行事などで歌を歌う際にも、音楽の先生が伴奏をしていました。

しかし、オーストラリアの小学校では、基本的にピアノは使われません。児童が歌う際には、CDなどをかけます。また、音楽の先生がギターを演奏し、生徒たちはそれに合わせて歌うこともあります。
学校や先生によって、かなり柔軟な対応になっていますが、「先生が伴奏することが必要だ」とは考えられていません。

楽器の演奏より重視されていることは?

Black and Red Electric Device · Free Stock Photo (76577)

日本の小学校では、簡単な打楽器のほかに、鍵盤ハーモニカやリコーダーなどの楽器演奏が、音楽の指導に含まれます。楽器を演奏できることは、音楽教育のひとつの「目標」のような感覚が、私たち日本人にはあるかと思います。

しかしオーストラリアの小学校では、楽器の演奏はあまり重視されていないように見受けられます。特に低学年では、楽器はほとんど使われません。

代わりにこちらの音楽教育では、「テンポの速い遅い」「曲調(楽しい感じ、悲しい感じ、など)」を学んだり、「ビート(拍)」や「リズム」について繰り返し学びます。

たとえば、”Bake me a cupcake!” というフレーズの中には、どこにビートがあり、どんなリズムがあるか?ということを子どもたちは学びます。一見音楽から離れているようですが、こうして音楽を構成する「ビート」と「リズム」に着目し、感覚として身に付けていくわけです。

例として、「ビート」と「リズム」をどう教えるか、がわかりやすい動画を紹介します。

Duration = Beat vs. Rhythm

音楽を構成する「ビート」と「リズム」について、音楽の先生が子どもたちにどう教えるか、がわかる動画。(オーストラリアの学校ではありませんが、参考動画として紹介します)

流行の洋楽が教材?

Crowd in Front of People Playing Musical Instrument during Nighttime · Free Stock Photo (76582)

音楽の教材も、日本とはずいぶん異なります。

以前、筆者の娘が小学校高学年で受けた音楽の授業では、先生が子どもたちの好きな曲を尋ね、その場でYouTubeで検索し、みんなで聞く、ということをやっていたそうです。当時ヒットしていた、テイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」やケイティ・ペリーの「ロアー」、ファレル・ウィリアムスの「ハッピー」 など、子どもたちにも人気の曲を視聴していました。

先生は、曲をかけながら、この曲はどんな感じがする?ビートはどこにある?リズムは?などを子どもたちに着目させていきました。娘にとっては、とても楽しい授業だったようです。

こちらの音楽教育の特徴として、生徒が「『音楽』を構成する要素」について気付き、その違いによって音楽がどんなふうに違って聞こえるか、を学ぶことに力を入れているようです。

最後に

Person Playing Guitar During Daytime · Free Stock Photo (76585)

オーストラリアの学校でも、集会などで生徒たちが歌う機会がありますが、あまりきれいに揃っていません。日本の子どもたちの方が、全体としてとても完成度が高いです。

しかしながら、こちらの子どもたちは、とにかく楽しそうに堂々と歌います。先生も親も本人たちも、みな満足そうです。

オーストラリアの音楽教育では、「すべての子が上手に歌ったり、楽器を演奏できるようになる」わけではないでしょう。そもそも、学校教育の中でそれを目指していないように見えます。その代わり、子どもたちが『音楽』というものの不思議さ、奥深さに触れ、親しみ、自分のアイデアを表現する一手段として楽しむこと……。
それが「学校で音楽を教える意義だ」というのが、こちらの考え方だと筆者はとらえています。

もちろん、授業を通して音楽により興味を持った子は、課外活動で楽器を習うなど、学びの機会を増やしていくことも可能です。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

引っ越し頻度の高い国オーストラリア。子どもの転校をどうフォローしている?

引っ越し頻度の高い国オーストラリア。子どもの転校をどうフォローしている?

子育て中の家族にとって、引っ越しの際の大きな関心事は、お子さまの転園や転校ではないでしょうか?筆者の住むオーストラリアでは、日本以上に転校は珍しくなく、筆...
オーストラリアの学校で行われる【子どもが人前で話す練習】とは

オーストラリアの学校で行われる【子どもが人前で話す練習】とは

人前で話すのは、大人でも難しいことです。子どものうちから人前で話す機会を持った方がよいでしょうか?スピーチやディベートがさかんな海外の国々では、どんな教育...
マナーやしつけがこんなに違った!日本とオーストラリアの子育て

マナーやしつけがこんなに違った!日本とオーストラリアの子育て

国が違えば文化が違うように、子育ての常識やルールについても違いがあります。筆者は長年日本での子育てを経験したのち、オーストラリア・パースへ移住。しつけや教...
英語で「気持ち」を伝えるための表現7選!親子で一緒に覚えよう

英語で「気持ち」を伝えるための表現7選!親子で一緒に覚えよう

英語を話すとき、気持ちや感情を表す言葉がいえると、英会話も楽しくなります。子どもの会話でもよく登場するような、簡単な「気持ちを表す英語表現」を7つ紹介しま...
【便利な英語フレーズ集】子ども同士の会話で今すぐ使える!

【便利な英語フレーズ集】子ども同士の会話で今すぐ使える!

もし、外国人の子どもと接する機会があったら、お子さまにとっては英語でコミュニケーションを体験するよいチャンスです。そんなとき、親はどんなことを話すようにす...

WRITER

Chieko Chieko  15歳の女の子、7歳の男の子を持つ、二児のママ。2013年より西オーストラリア・パースに家族移住しました。オーストラリアの食・子育て・英語などをテーマに書いているブロガー・フリーライターです。