2019年3月15日 公開

英語のreasonable(リーズナブル)の意味、日本語とこんなに違った!

「値段が安い」ことを表す言葉として、日本語で定着している「リーズナブル」。しかし、元となった英語の reasonable は、必ずしも「安い」の意味では使われません。本来の reasonable は、どんな意味?どう使われる?詳しく解説します。

「安い」という意味の「リーズナブル」。英語では?


英語は、私たち日本人にとって身近な言語となりました。カタカナ言葉として、すっかり定着している英単語もたくさんあります。しかし、実際の英語の意味とは異なる使われ方が広まっている場合も、実は多いです。その一つが、「リーズナブル」ではないでしょうか。

私たち日本人が「リーズナブル」という場合、「値段が安い」の意味で使います。

一方、英語でも reasonable という単語があります。が、英語では、必ずしも「値段が安い」という意味にはなりません。

英語の reasonable は、さまざまなシーンで使われる英単語です。英会話や英文の中で出てきたときに、「安い」の意味で解釈してしまうと、誤解を生んでしまいます。

この記事では、reasonable という英単語の意味を、掘り下げて解説します。

英語のreasonable、主な意味は?


ところで、みなさんは reasonという名詞はご存知でしょうか?日本語では、主に「理由」と訳されます。物事や人の行動の元となった、「理由」や「原因」、「背景」、「道理」などを指します。結果となった行動や出来事が、なぜ起きたのかの「客観的な説明」と言い換えることもできるでしょう。

この言葉から何となく察せられるように、reasonable は、「(なぜそうなったのかが)理解できる」「納得できる」「理にかなっている」といった意味の形容詞になります。「理由や原因を考えれば、そうなったのは妥当だといえる」、というニュアンスで使われます。

以下に、例文をいくつか挙げます。

I think their complaint is reasonable.
彼らの訴えは妥当だと思うよ。

He needs to provide a reasonable explanation for why this happened.
彼は、なぜこれが起きたのか、納得のいく説明をする必要がある。

I'm open to any reasonable suggestion.
合理的な(理にかなった)ご指摘は、なんでも歓迎です。

※訳は筆者による意訳

reasonable と同じような意味を表す英単語としては、fair(理にかなっている、道理がある), sensible(理にかなっている、筋が通っている)などがあります。どれも、「理由や原因に基づいて、(行動や結果が)筋が通っている様子」を表します。

resonable な人とは?


reasonable は、人柄や人の様子を表すこともあります。
たとえば、

He's a reasonable man.

といった場合、「物事を公正・公平に考えられる、正しい判断ができる人」のことを表します。片寄った、極端な考え方ではなく、理屈に沿って妥当な結論が導き出せる人、を表現するときに使います。

価格について言うことはある?


一方、英語の reasonable は、価格について使われることもあります。

reasonable price といえば、消費者が得る、その商品の価値や質、満足度を考えたとき、それに見合った価格である、というような意味です。特に、不当な上乗せがされていない、「商品やサービスの価値を考慮すれば、値段が釣り合っている、適正である」、そんな価格のことを指します。

その意味で、「それなりの価格である」、いわゆる「手頃な価格」というニュアンスでも使われます。使い方としては、以下のようになります。

I often go to a farmers market on weekends. I can get quality fresh vegetables and fruit at a reasonable price.
私はよく、週末ファーマーズマーケットに行きます。質のよい野菜や果物が手頃な価格で買えます。

この reasonable は、「品質を考えればこの値段は『お買い得』」という意味に解釈できることから、日本語でも、『お買い得』の意味で「リーズナブル」という言葉が、使われはじめたのかもしれませんね。

しかし英語の場合、「reasonable な価格・商品」と言っても、このように必ずしも「安い」ことを表すわけではありません。

ちなみに「安い」「低価格」に対応する英単語としては、cheap (安い) や inexpensive, affordable (高くない、手頃な)、などがあります。

最後に


日本語の「リーズナブル」は、主に商品の値段が「安い」という意味で使われますが、英語のreasonable は、異なる意味を持ちます。

英語でも、物の値段について使われることもありますが、reasonable の本来の意味を考えると、値段の「高い・安い」そのものよりも、「商品の質や満足度、提供する手間などを考慮すると、納得のいく価格」であることに重点が置かれた表現だといえるでしょう。

海外旅行へ行って買い物をするとき、値段についてお店の人と英語で話をする機会もあるかと思います。そんなとき、reasonable を日本語の感覚で使ってしまうと、コミュニケーションがうまくいかない可能性もあります。

ぜひ単語の意味を正しく理解し、英語としても使いこなせるようになりたいですね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

パパママも一緒に遊べる「#我が家のブリオ」おしゃれなおもちゃ集

スウェーデン生まれの「BRIO(ブリオ)」。シンプルで洗練されたデザインや木のぬくもりと優しさが魅力のおもちゃブランドです。インスタの「#我が家のブリオ」...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

子ども自ら歯磨き宣言!歯磨き嫌いの4歳が「シャカシャカぶらしキット」を体験

歯磨きが苦手なお子さま、そして毎日子どもの歯磨きに苦労しているパパママはたくさんいるのではないでしょうか?悩みのタネの歯磨きタイムが楽しくなるスマート歯ブ...
冷蔵庫は英語で?台所の中のものを英語で言ってみよう

冷蔵庫は英語で?台所の中のものを英語で言ってみよう

家族で英会話を楽しむために、「おうち英語」に挑戦してみませんか?普段から使っているものを英語で説明することで、子どもも自然と英単語をおぼえられます。今回は...

WRITER

Chieko Chieko  高校生の女の子、小学生の男の子を持つ、二児のママ。2013年より西オーストラリア・パースに家族移住しました。オーストラリアの食・子育て・英語などをテーマに書いているブロガー・フリーライターです。