2019年03月20日 公開

曖昧母音「/ə/ シュワとは?」単語で発音のコツを学ぼう

発音記号/ə /シュワとは日本人が苦手とする曖昧母音のひとつ。 「曖昧」母音という名の通り、日本語にはない「はっきりしない母音」のため難しく感じる方が多いようです。曖昧母音/ə/シュワとはどのように発音するのでしょうか? ə音の発音のコツのご紹介です。

           

発音記号/ə /シュワとは日本人が苦手とする曖昧母音のひとつ。 「曖昧」母音という名の通り、日本語にはない「はっきりしない母音」のため難しく感じる方が多いようです。曖昧母音/ə/シュワとはどのように発音するのでしょうか? ə音の発音のコツのご紹介です。

「/ə/(シュワ)」とは?

 (129856)

eを逆さまにしたような形の「ə」は発音記号のひとつで、「schwa sound (シュワサウンド)」という名前がついています。日本では「シュワ」あるいは「シュワー」と呼ばれている曖昧母音です。

発音記号として表記する場合は、IPA (国際音声記号)の表記方法に従って、/ə/または[ə]。[ ]表記は精密表記といい、//より正確に表す場合に用いられます。

そんな「ə音」は、英語の学ぶ日本人にとって分かりにくい音の代表でしょう。短い母音にあたるため、口腔内の力を抜いてぼんやり「ア」と発声するイメージです。「ア」と「エ」の中間のような音とも言われています。

母音・子音は、はっきりとした母音がほとんどである日本語(一部方言は除く)。一方で英語は、母音・子音ともに曖昧な音がたくさんあります。また英語の多くが子音で終わるのに対して、日本語のほとんどははっきりした母音で終わるのが特徴です。

【例】
・river→ /rívər/
・川→ ka-wa

英語の発音は、日本人にとっては普段使わない発音を多用しなくてはなりません。このため発音・聞き分けが難しく感じるのです。

「/ə/」発音のコツ

 (129857)

「/ə/」発音のコツは3つ。

1.口輪筋(口の周りの筋肉)、喉頭筋(喉全体の筋肉)をリラックスさせる。
2.唇を軽く開ける。
3.舌は自然なポジションに置く。(舌を断面から見たとき、一番厚みのある部分がちょうど真ん中になるくらい)

このまま軽く弱く「ア」と発音します。日本語発音のイメージとしては、上述のとおり「ア」と「エ」の中間くらいの音です。

「/ə/」の音は発声時の舌の位置から、「中舌・中央母音」とも呼ばれています。とにかくリラックスして自然に発声することを意識していれば、何度か練習するうちに「ア」とは違う「/ə/」シュワ音が出せるはずです。

シュワの発音が特徴的な単語

 (129858)

「/ə/」シュワ音が使われる単語には、どのようなものがあるでしょうか。「/ə/」が強く発音される単語をいくつか挙げてみます。コツを掴みやすいため、ぜひ発音練習に活用してみてください。

「earth /ˈɚːθ/ (アース 地球)」
「early /ˈɚːli/ (アーリィー 早く)」
「girl /gˈɚːl/ (ガァール 少女)」
「first /fˈɚːst/ (ファースト 第一の)」
「work /wˈɚːk/ (ワーク 仕事)」

次に、比較して発音することでə音を理解しやすくする2単語をご紹介します。

・hurtとheart
hurtは「けがをさせる」という意味で、/hˈɚːt/(ハァート このァは「イ」と「エ」の間)と発音します。
一方「心臓」を意味する「heart」は、/hάɚt/(ハェート)と発音するイメージです。

・furとfar
「fur」は「毛皮」という意味で、/fˈɚː/(ファー ※このァは短く「イ」と「エ」の間の音)と発音。
「far」は「遠くに」という意味で、/fάɚ/(ファァー)と発音します。

・furtherとfather
「further」は「もっと遠くに」という意味で、/fˈɚːðɚr/(ファーザー ※このァは短く「イ」と「エ」の間の音)と発音します。
「father」は「父」という意味で、/fάːðɚ/(ファーダー)のように発音します。

「/ə/」シュワ音が含まれる単語を集めて、繰り返し発音することが「/ə/」体得の近道です。

「助動詞+have」の短縮形の発音にも注意

 (129860)

「助動詞+have」の短縮形の発音にも「/ə/」シュワ音が含まれます。「/ə/」にアクセントは置かず、弱く短く発音すると良いでしょう。

・could + have → could’ve /ˈkʊd.əv/(クゥダァヴ)
・should + have → should’ve  /ˈʃʊd.əv/(シュダァヴ)
・would + have → would’ve /ˈwʊd•əv/(ウッダァヴ)

英語の「あいまい母音」/Ə/ の発音1

ネイティブの方が日本語で/ə/音を解説しています。

ネイティブの発音を繰り返し真似しよう

曖昧母音「/ə/」発音のコツを、カタカナ表記も含めながらご紹介しました。お子さまと一緒に、日本語にはない「2つの異なる母音の中間音」を楽しんでみてはいかがでしょうか。

「/ə/」シュア音を視覚・聴覚両方から学ぶなら「洋書をネイティブの方が朗読する動画」「吹き替えなしのアニメ洋画」などを観るのがおすすめです。
まずはネイティブの発音を真似して、気に入ったシーンのセリフを言ってみましょう。少し大げさなくらい真似をすることで、発音・発声方法が身につきやすくなります。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

AOTANAOAO AOTANAOAO 2015年よりライターと鞄・アパレル雑貨メーカーのWEBモデルの仕事をしています。Chiik!!では幼稚園入試、英語学童、インターナショナルスクール、親子で作れる知育玩具などの記事を執筆。 教育・健康・レジャー・ファッションなど、「日常生活がより豊かに楽しく送れる」ような情報記事を書いております。