2016年09月28日 公開

手ごねで簡単!子どもと一緒にパンづくり!

子どもは粘土遊びが大好きです。実は粘土をこねる動作は、パン作りには欠かせない「手ごね」作業とよく似ているのです。そこで今回は、小さなお子さまでも粘土遊びの要領でお手伝いができる、簡単なパンづくりのレシピをご紹介します。

子どもは粘土遊びが大好きです。実は粘土をこねる動作は、パン作りには欠かせない「手ごね」作業とよく似ているのです。そこで今回は、小さなお子さまでも粘土遊びの要領でお手伝いができる、簡単なパンづくりのレシピをご紹介します。

子どもと「簡単手ごねパン」の材料をそろえましょう!

photo by s.fukuoka (71662)

via photo by s.fukuoka
材 料(6~10人分)
強力粉200g
ドライイースト2.5g
塩ひとつまみ
バター大1
はちみつ大1
イースト分のぬるま湯大1
水100ml
お好きなトッピングお好みで
ドリウル適量
[パンの豆知識]~日本のパンの歴史~
パンの主材料である強力粉は小麦から作られています。
小麦はイネ科の1年草で、1万5千年前頃に中央アジア(コーカサス地方~イラク)で栽培されたのが起源だといわれています。
日本へ入ってきたのは弥生時代で、中国を経由して伝えられました。
小麦が小麦粉として製粉され、うどんやほうとうなどに加工されて、一般庶民が口にできるようになったのは江戸時代に入ってから。パンに加工されるようになったのは、さらにときを経た明治時代。欧米から、さまざまな小麦料理のレシピが流入してから後のことでした。

子どもと「簡単手ごねパン」の作り方

photo by s.fukuoka (71661)

via photo by s.fukuoka
1. 大1のぬるま湯にイーストを入れて、おいておきます。

2. ボウルに強力粉と塩を入れよく混ぜます。

3. 耐熱容器に水を入れて1分レンジにかけてから、ボウルに入れます。

4. バターとはちみつを入れて、ヘラで混ぜます。

5. イーストも入れて混ぜ、ひとかたまりになってきたら手ごねにします。

6. こねるのが終了したら、濡れ布巾をかぶせ、トッピングの準備をします。

photo by s.fukuoka (71664)

via photo by s.fukuoka
7. スケッパーで分けて、子どもに好きな形に成型してもらいます。

8. オーブンを180度に予熱しておきます。その間、成型したパンが乾燥しないように濡れ布巾をかけておきましょう。

photo by s.fukuoka (71669)

via photo by s.fukuoka
9. 照りを出すためにお好みで溶き卵を塗ります。180度のオーブンで15分程度焼いたらできあがりです。
photo by s.fukuoka (71672)

via photo by s.fukuoka
[パンの豆知識]~強力粉と薄力粉~
小麦粉には大きく分けて強力粉と薄力粉がありますが、パン作りには強力粉を使用します。強力粉は焼くと固くなる性質があるので、柔らかいケーキや洋菓子作りには、薄力粉が向いています。
ちなみに中間の性質を持つ中力粉は、たこ焼きやお好み焼きに使われています。

子どもと「簡単手ごねパン」お手伝いのポイント

 (19363)

5の手ごね作業は、子どもたちの最初の出番です!
ボウルの中に生地を入れて、
「落としたり、たたいたり、ギュッギュっと押してみてね!」などと声をかけて、10分くらいこねてもらいましょう。
10分たったら回収して、大人が5分間「全力」でこねでくださいね。

7のトッピングと成型も、子どもたちの出番です!
動物の形でも好きなキャラクターの形でも、思う存分楽しんで作ってもらってください。

子どもと「簡単手ごねパン」おいしくなるコツ

 (19366)

トッピングの材料をひと工夫すると、よりおいしくいただけます。
「旬の食材」を使ってもいいですね。
秋だと茹でたサツマイモや、栗がおすすめです。その他にもチーズ、レーズン、ウィンナーなどなど。
お子さまが好きなものをいっしょに選んでみると、作る楽しさも倍増です。
焼きあがって充分冷めてから、チョコペンでお絵かきしても楽しいですよ!

手ごねパン作りで、親子で楽しくコミュニケーションを!

親子でできる簡単な手ごねパンのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか?子どもはいつだっていろいろなことに興味津々です。自分でこねたパンが焼き上がったとき、その瞳はキラキラと光り輝くことでしょう。ぜひお子さまと一緒に楽しくコミュニケーションをとりながら、おいしいパンづくりにチャレンジしてみてくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

たまこ たまこ