2018年4月19日 公開

外国語活動の早期化に小学校教員の賛成多数!気になる今後の課題とは?

2020年度より外国語活動が早期化され、小学3、4年生からスタートします。これを受け、英会話教室のイーオンが小学校教員を対象に調査をしたところ、約90%が早期化に賛成と回答。その理由と結果から見えてきた課題を、外国語活動の早期化についても解説しながら説明します。

小学校における外国語活動の早期化とは?

Rawpixel.com / Shutterstock.com
文部科学省が2017年に発表した「次期学習指導要領改定案」では、英語を親しみながら学ぶことがメインだった小学5、6年の外国語活動を、3、4年に前倒しすることになりました。

そして5、6年は英語が教科書を使う正式な教科に格上げされ、「外国語科」に。これに伴い、数値による成績がつくことになります。

小学3、4年の外国語活動は、「聞く」「話す」が中心で、15コマ新設されます。5、6年ではさらに「読む」「書く」が追加され、現在より15コマ増の50コマとなります。コマ数増加による時間確保のため、総合学習の時間を15コマまで外国語活動に振り替えることが認められています。

「次期学習指導要領」の施行は2020年度で、2018年度から2年間は移行期間。全面実施されると、英語の授業時間はさらに増え、小学3、4年が35コマになり、5、6年は70コマとなります。

約90%の小学校教員が早期化に賛成

Maya Kruchankova / Shutterstock.com
英会話教室大手のイーオンは、2018年4月10日に「小学校の英語教育に関する教員意識調査」の結果を発表しました。対象は、現役の小学校教員153名で、イーオンが名古屋・東京・新潟で開催した「小学校教員向け指導力・英語力向上セミナー」の参加者です。

その結果、「外国語学習の早期化」については、87%が賛成と回答。その理由は、大きく次の2種類にわけられました。

ひとつ目は「英語に慣れ親しむ年齢は早いほうがよい」「中学年からはじめた方が興味をもったり、抵抗なくはじめられたりする」など早期化そのものを評価。ふたつ目は「高学年の英語科がスムーズに行える」など、教科化の前段階としての早期化を評価したものです。

また、「小学5年生から英語が教科化されること」については、63%が賛成という結果になりました。「中学英語にスムーズに移行するため」など、小中連携を見据えた上での賛成意見が特に多くみられました。一方で、 「評価をすることで、英語嫌いが増える」と懸念する声も出ています。

教員自身の英語力アップの時間確保に苦労

「自身の英語スキルアップにかけられる時間」については、「1日1時間未満」が65%、「全く取れない」の25%となり、合わせると90%の教員が1日1時間も確保できていない状況でした。また、週あたりでも「週1時間未満」が31%、「全く取れない」が11%となり、合わせると約40%の教員が、週1時間も確保できない状況であることがわかりました。

昨年の結果と比較すると、1日および週あたり、どちらの学習時間も下回る結果に。目前に迫った英語学習の早期化に賛成する意見が多いものの、自身の学習時間を確保することが難しい状況がうかがえます。

外国語活動の課題は「評価の仕方」がトップ

「現在の外国語活動で、先生自身が課題だと感じている点」について、最も多かったのは「評価の仕方」で89%という結果になりました。これまでの「外国語活動」では、教師コメントという形の評価でしたが、教科化に伴う今後の成績のつけ方に、やや不安が感じられる結果となりました。

2位以下は、「クラスルームイングリッシュ」が83%、「授業案の作成」が81%という結果に。評価だけでなく、授業内容にも課題があることがうかがえます。

子どもがグローバル化に対応できるように……

Rawpixel.com / Shutterstock.com
英語教育の早期化は、さらに加速するグローバル化を見据え、これまでの学校教育では身に付きにくかった「コミュニケーション能力」を育成することが目的です。早期に導入することで、小・中・高の連携がよくなり、英語の能力を効果的に積み上げていくことが期待されています。

しかし、小学校教員の長時間労働や指導力の向上、教材開発など課題も多くなっています。また、全面実施に向けたコマ数確保のために、1日の授業時間数を増やしたり、土曜日や夏休みを活用しようという案も。教員だけでなく、子どもの負担増や保護者の反発も予想されます。

早期化に向けての課題は多く、それぞれの立場で意見があるのは事実。文部科学省と教育現場が連携し検討を重ねながら、子どもの将来のために、よりよいカリキュラムで進むことを願います。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

公立小学校の英語授業の現状とは~英語ボランティアを通して感じたこと

公立小学校の英語授業の現状とは~英語ボランティアを通して感じたこと

筆者の息子が通う都内の公立小学校では、週に一度、英語のクラスがあります。小学校ではどんな授業が行われるのか、生徒さんの理解度や授業の難易度はどのくらいか?...
小学生でもOKなTOEFLも!?おさえておくべき英語関連検定7選

小学生でもOKなTOEFLも!?おさえておくべき英語関連検定7選

子どもの進路を考える上で、将来の受験や留学、就職などに役立つ英語関連検定や資格は多数あります。小学校入学前から受けられるものもあり、今はまだ早く試験でも、...
英語で好きなことが学べる!3〜18歳向けオンライン「Outschool」体験記

英語で好きなことが学べる!3〜18歳向けオンライン「Outschool」体験記

英語を学ぶよりも「英語で学ぶ」方が英語を身につける近道となる場合があります。オンラインクラス「Outschool」では、少人数のクラスで好きなことを英語で...
LOA
英語習得だけが目的で大丈夫?インター進学のメリットデメリット

英語習得だけが目的で大丈夫?インター進学のメリットデメリット

子どもの英語習得を目的にインターナショナルスクールへの進学を検討しているご家庭もあるかと思います。英語環境に身を置くことができることは最大のメリットですが...
小学生向け英語勉強法!共働き家庭も帰宅後、毎日1日1分でも

小学生向け英語勉強法!共働き家庭も帰宅後、毎日1日1分でも

子どもは宿題や習い事で忙しく、親子で英語学習に取り組む時間がなかなか作れないご家庭も多いでしょう。共働きのわが家も、学童帰宅後に英語の勉強時間をどう捻出す...

WRITER

Kayoko* Kayoko*  千葉県在住。9歳と6歳の男児を持つママライター。得意ジャンルは育児、料理、ディズニー、ときどきお酒。大学では心理学を専攻。ただいま、スムージーダイエットに奮闘中!