2018年2月9日 公開

サイズ選びはどうしたらいいの?賢い子ども服の選び方

子ども服を選ぶときに、悩んでしまうのがサイズ。特にはじめてのお子さまの場合や、プレゼントとして子ども服を選ぶときは困りますよね。年齢を重ねるごとにどんどん成長するお子さまにぴったりのサイズが選べるよう、年齢と子ども服のサイズについて賢い選び方をご説明します。

1.年齢とサイズの目安

無料の写真: ブーティ, 赤ちゃん, 女の子, 女の赤ちゃん, 赤ちゃんの洋服 - Pixabayの無料画像 - 2047596 (70809)

まず、一般的な年齢とサイズの目安をご紹介します。なお、海外製品の場合は以下のサイズと異なる場合があります。日本の規格であっても個人差があるため、あくまで目安として覚えておいてください。

【年齢とサイズの目安】
新生児:50、60、70
6か月~1歳 :70
1歳~1歳半:80
1歳半~2歳:90
2歳~3歳:90~95
3歳~4歳:95~100
4歳~5歳:100~110
5歳~6歳:110~120

2.季節ものは来年のことも考えて選ぼう

無料の写真: 服のライン, 洗濯, 乾燥, エアドライ, 赤ちゃん, 誕生, 子供 - Pixabayの無料画像 - 2205055 (70810)

子どもの成長は非常に早いです。季節ものの子ども服を選ぶときは、来年のことも考えて選ぶようにしましょう。

タンクトップやコートなど、季節の衣類は着られる期間が短いです。小さな子どもの場合、1年で洋服のサイズが合わなくなることも珍しくありません。今年のものとして買うのか、来年も着られるように買うのかをまず考えてみましょう。それによってサイズ選びにも工夫が必要です。

一方、Tシャツやパンツは1年を通して使えることの多い衣類です。「数回しか着ていないのにもう小さくて着られない!」ということは起きにくいでしょう。

3.できる限り、試着をするのがベター

無料の写真: 女性, 子供, スタイル, 販売, 服, 人 - Pixabayの無料画像 - 2014167 (70811)

大人が洋服を買うときには、自分の体型と服のサイズが合っているかどうかを試着して確かめてから購入することが多いもの。自分の体型に合っていないサイズの服を着ると着心地が悪くなってしまいますから、購入する前に着用感をチェックするのは大切なことです。

これは、子ども服を選ぶときにも同じことが言えます。たとえば、サイズ表記が100センチの服でもメーカーによって規格に多少の違いがあります。100センチの服を普段から着ているお子さまであっても、メーカーが変われば窮屈に感じたり、袖が余ったりする可能性があるのです。

子ども服を選ぶときも、できる限りお子さまに試着をさせてあげてから買うようにしましょう。

4.選ぶときは少し大きめを基準にしよう

無料の写真: トップ, ストライプ, T シャツ, 衣料品, 子供服, 衣服, 子 - Pixabayの無料画像 - 96331 (70812)

子ども服を選ぶとき、サイズのわずかな差で悩むこともありますよね。もしもサイズで悩んだら、少し大きめのサイズを選んでください。たとえば、90センチが体にフィットするサイズで、100センチがややだぼつくが着られる、という場合であれば、100センチの方を買っておくのが賢い選択です。

洋服は、洗濯をすることで縮むこともありますし、お子さまは成長して日々大きくなっています。購入したときに丁度のサイズのものだと、買ってから何度も着ないうちにサイズが合わなくなってしまう可能性が高いのです。

5.ギフトなら年齢別のサイズ目安よりも大きめを選ぼう

無料の写真: クリスマス, ギフト, プレゼント, ラッピング, 弓, お祝いの - Pixabayの無料画像 - 2618269 (70813)

友人や親戚のお子さまにギフトとして子ども服を贈ることもあるでしょう。毎日会っているわけではないお子さまのサイズを正確に把握することは非常に難しいです。

すでにご紹介したとおり、年齢がある程度サイズの目安になりますが、個人差やメーカーによる規格の違いもあり、絶対ではありません。

子どもの成長も考慮すると、ギフトとして子ども服を贈る場合もやはり、少し大きめのサイズのものを選ぶと間違いがないでしょう。多少ぶかぶかであっても、すぐに着られるようになるため、邪魔になってしまうことがありません。

お子さまにぴったりの服を選んであげよう

無料の写真: 小さな女の子, 野草, 牧草地, 子, 幸福, 小児期, 子ども - Pixabayの無料画像 - 2516582 (70814)

子どもは日に日に成長をします。お子さまの健やかな成長は喜ばしいものですが、成長によって子ども服のサイズも変化しやすいため、子ども服を選ぶときには、基本的には少し大きめのサイズを選ぶといいでしょう。

また、その衣類を今年だけ着られればいいのか、来年も着られるようにと買うのかという意識の違いによってサイズの選び方も変わります。

皆さんもお子さまの子ども服を選ぶときには、ポイントを押さえながら選んでみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

スペインの子ども服はかわいくてリーズナブル!サイズの見方ガイド

スペインの子ども服はかわいくてリーズナブル!サイズの見方ガイド

スペインには子ども服ブランドがいろいろあります。ZARAなど日本で買えるものもありますね。意外と知られていませんが、クラシックなものからカラフルでポップな...
子ども服にカビが!効果的な落とし方と予防法

子ども服にカビが!効果的な落とし方と予防法

子ども服にカビが生えてしまうと、ショックなもの。特に梅雨の季節はカビが生えやすいため、悩んでいるパパママも少なくないでしょう。この記事では、子ども服のカビ...
子ども服選びで気をつけたい、安全性と注意点

子ども服選びで気をつけたい、安全性と注意点

子ども服はデザインが気に入ったらついつい買いたくなってしまいがち。でも少し待ってください。買う前に安全性と注意点を考えてみませんか?適切なものを選ばないと...
子ども服が散らからない収納アイデア10選!今すぐできる収納術

子ども服が散らからない収納アイデア10選!今すぐできる収納術

子ども服を自分で片付けてもらいたいのに、いつも散らかってしまう。そんなときに活用したい、簡単な子ども服の収納アイデアをご紹介します。かさばらない服のたたみ...
初心者でも手縫いで簡単!手ぬぐい1枚で子ども楽ちんパンツ作り

初心者でも手縫いで簡単!手ぬぐい1枚で子ども楽ちんパンツ作り

手ぬぐいで作るキッズ用品が、巷のママたちの間で人気という噂を聞きつけ、子どものパンツ作りに挑戦することに。裁縫経験がゼロといっても過言ではない筆者でも、コ...

KEYWORDS

WRITER

黒崎祐未香 黒崎祐未香  学ぶこと、読書、アロマなどが好きで、日々好奇心と向上心を大切にしております。