2016年06月19日 公開

お子さまの喜ぶオリジナルループタオルを作ろう!

お子さまの園グッズを手作りできたらと願う方は多いことでしょう。しかし、時間や手間がかかりすぎてすべて手作りにするのは厳しいという方でも、これなら簡単!という「オリジナルループタオル」の作り方をご紹介します。よく使うタオルだからこそ、手作りだとお子さまもきっと喜ぶはずです!

お子さまの園グッズを手作りできたらと願う方は多いことでしょう。しかし、時間や手間がかかりすぎてすべて手作りにするのは厳しいという方でも、これなら簡単!という「オリジナルループタオル」の作り方をご紹介します。よく使うタオルだからこそ、手作りだとお子さまもきっと喜ぶはずです!

「ループタオル」ってどんなもの?

Photo by author (66115)

via Photo by author
多くの保育園や幼稚園、一時保育所などでも、預ける時に欠かせないグッズの一つが「ループタオル」です。

フックや洗濯バサミなどに引っ掛けられるよう、正方形のタオルに輪を付けたもので、手洗いをした後などによく使います。

キッズ用品を扱うお店や、100円ショップでもキャラクター柄の可愛いループタオルが売られていますが、家にあるものを利用して簡単に手作りすることができますし、アレンジも利かせやすいのでぜひハンドメイドで挑戦したいアイテムです!

タオルに紐を縫い付けるだけで簡単!

Photo by author (66116)

via Photo by author
ミシンさえあれば、たった数分で作れます。

まず、お気に入りの正方形のハンドタオルに輪状に折ったリボンや紐を縫いつけます。

あらかじめ、リボンの切り端はほつれどめ(透明マニキュアで代用可)を塗って保護しておくのがポイント!さらに、重ね縫いして強度を高めれば長く使い続けられますね。

最も簡単な方法ですが、タオルとリボンの組み合わせ次第で、かなりクオリティの高い仕上がりになります。小さなリボンや布をアクセントに縫い付けるのも可愛いですね。

オリジナリティを出すなら、アップリケをプラス!

Photo by author (66117)

via Photo by author
紐を縫い付けた部分に、市販のアップリケを縫い付ければ、さらにオリジナリティがアップ。子どもの好きなキャラクターをフェルトなどで手作りしてアップリケにするのもいいですね。子どもも大喜びまちがいなし!自慢のループタオルとなることでしょう。

そして、幼稚園や保育園のフックにずらりと並ぶ、たくさんあるタオルの中から、自分のタオルを見つけやすくなる目印にもなりますよ。

超簡単!ループ付きワッペンを貼るだけ

Amazon | ミノダ funnyZOO タオル用ひも付きワッペン かえる K01I5908 | ワッペン・アップリケ 通販 (6426)

こちらは、100円ショップの手芸コーナーなどで売られている超便利アイテムです。アイロン接着型のループ付きワッペンなら、ミシンがなくともアイロンさえあれば作れるので、簡単にお気に入りのタオルでループタオルが完成します。

アイロンで接着後、さらに糸で縫った方が強度は増します。ひと手間かかりますが、長く使うにはオススメです!

ボタンを付ければ、さらに実用的なループタオルのできあがり!

Amazon.co.jp: かわいい クマ ループ タオル 3色 セット 厚手 タイプ 幼稚園 保育園 などに (ストライプ): スポーツ&アウトドア (6431)

ボタンを縫い付ければ、ループを通してボタンに引っ掛ければOKなので、タオルをかけられる場所が増えます。

また、写真のように布を重ね、ボタンホールを作り、ボタン付きのループを別に用意するというアイディアも。これなら、洗濯する時に外して別に洗えるのでタオルが長持ちします。

そして、バリエーション豊かに用意しておけば、ループとタオルをその日の気分で組み合わせて使うことができるので、ちょっとした遊び心あるアイテムにもなります。子どもが登園したくないためにぐずってしまったときなどに、「どの組み合わせがよい?」などと問いかけると子どもの気分がよくなるかもしれません!

工夫次第で、さまざまなループタオルが簡単に作れます!

時間も手間もかけずに作れるループタオルは、ぜひ挑戦したいハンドメイドアイテム。もちろん、ほんの少し手間をかけることでさらにオリジナリティ溢れるものとなり、工夫次第でほかにはないものができます。

お子さまの好みに合わせて、作ってみてはどうでしょうか。お気に入りのグッズが増えば、登園する楽しみにもなりますね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

HANIISHIKAWA HANIISHIKAWA タイに4年在住。2017年に帰国しました。2歳と5歳の男の子を育てています。在宅ワーク(ブログ・ライター業)と育児の両立が目標。【趣味】カメラ、読書。シンプルライフ、ミニマリストを目指しています!