2020年06月02日 公開

英語で好きなことが学べる!3〜18歳向けオンライン「Outschool」体験記

英語を学ぶよりも「英語で学ぶ」方が英語を身につける近道となる場合があります。オンラインクラス「Outschool」では、少人数のクラスで好きなことを英語で学べるのが魅力。カナダ在住小6男児が受けた授業の内容やメリットを紹介します。連載【翻訳家ママのバイリンガル教育】第13回です。

英語を学ぶよりも「英語で学ぶ」方が英語を身につける近道となる場合があります。オンラインクラス「Outschool」では、少人数のクラスで好きなことを英語で学べるのが魅力。カナダ在住小6男児が受けた授業の内容やメリットを紹介します。連載【翻訳家ママのバイリンガル教育】第13回です。

世界中から利用可能!英語で学べるオンラインスクール「Outschool」

 (157383)

EZ-Stock Studio / Shutterstock.com
言語を身につけるときに大切なのは、その言語を使わなくてはいけない環境を作ることです。とくに、子どもは自分の好きなことにその言語を使うことができれば、どんどん吸収していきます。

子どもに「英語を勉強させる」ことにばかり目を向けていると、子どもにとっても親にとってもストレスになってしまいます。子どもは何かを一度嫌いになってしまうと、それに対してもう一度やる気を出させるのは本当に大変です。反対に、英語で何か楽しみなことがあれば、保護者がわざわざ勉強させようとしなくても、自分から積極的に取り組むでしょう。

今回紹介する「Outschool」は、英語でさまざまなことが学べるオンラインスクールです。インターネットに接続できれば、世界中、もちろん日本からも受講が可能。子どもたちは、英語で学べると同時に、同年代の子どもたちと交流することもできます。筆者の息子(小学6年生)も新型コロナウイルスの影響で学校が休校になった3月から利用しています。

「Outschool」の特徴は?

 (157384)

Halfpoint / Shutterstock.com
「Outschool」は、米国のサンフランシスコの会社が運営する3歳から18歳向けのオンラインスクールです。授業はビデオチャットアプリのZoomを通して行われるので、世界中のどこにいてもインターネットがつながれば参加できます。先生も自宅から授業を行っています。

クラスの内容

Outschoolには、1万5,000以上のクラスがあり、英語や算数のように学校の授業延長線上にあるものから、アート、テクノロジー、音楽、ライフスキルなど本当に多彩です。これまでに筆者の息子は、動画の編集方法や瞑想、パソコンを使ってアニメーションを作るクラスなどを受講しました。

スケジュールや1クラスの人数

「Outschool」には、1回で完結するクラスもあれば、週1回全5回のクラス、月曜日から金曜日まで毎日のクラスもあります。また、クラスは朝から夜まであらゆる時間から始まるので、日本のように米国と時差がある国からでもライブで受講できるクラスが見つかるはずです。
※クラスの時間はEastern(米国東部夏時間の時期は日本との時差13時間、米国東部標準時の時期は日本との時差は14時間)で表記されています。

自分の受講したいクラスが満員の場合やスケジュールが合わない場合は、先生に希望を出すことも可能です。クラスの時間は1回30分のクラスもあれば、1時間半のクラスもあり、1クラスの人数も3人から18人と授業により異なります。

登録方法や受講料

登録は無料で、メールアドレスまたはFacebookのアカウントが必要です。メールアドレスで登録する場合は、保護者の名前を入力し、パスワードを設定します。登録したメールアドレスに確認メールが送られてくるので、そのメールにあるリンクをクリックしてください。

メールアドレスの登録が完了すると、子ども(複数登録も可能)の年齢を登録する画面が出るので、子どもの年齢にチェックマークをつけて次に進んでください。次にクラスを受けられる時間についての質問があるので該当する時間にチェックマークをつければ、登録は完了です。

受講料は1クラス5ドル~で、授業内容、授業期間および回数、先生などにより異なります。支払い方法はクレジットカードのみで、クラスの申し込みと同時に支払います。返金はクラスの1週間前であれば可能です。

受講方法

「Outschool」のWebサイトで受講したいクラスを見つけて申し込みます。授業内容、対象年齢、1クラスの人数、料金、口コミなどがクラスの紹介ページに書いてあるので、申し込み前にチェックしましょう。疑問があれば、先生にメッセージを送って確認します。

授業はビデオチャットツールのZoomを使用して行われます。そのため、受講にはインターネットに接続できるパソコンやタブレット、ヘッドフォンが必要です。クラスが始まる前に、「Outschool」のアカウントにログインし、クラスのページからZoomミーティングを開きます。

小6息子が体験!「Outschool」の感想

 (157385)

Alan-Smithee / Shutterstock.com
筆者が暮らすカナダ・モントリオールは、新型コロナウイルスの影響で2020年3月中旬から小学校が休校しています。また、新学年が始まる(8月末)まで再開しないことも決定しています。小学6年生の息子が、学校がない期間に何か楽しめることはないかと探しているとき見つけたのが「Outschool」です。

息子は「Outschool」の楽しいところは、いろいろな人たちとみんなで、普段学校では習わないことを学ぶことができるところだと言っています。息子は、あまり作文や手紙を書くのは好きなほうではありません。けれども、「Outschool」で映画や舞台向けのコメディのシナリオを書くクラスを受講してからは、授業外でも人を笑わせようとネタを書いてみています。

また、親としては、自分でクラスを選ばせることで、子どもがどんなことに興味を持っているのかを知るきっかけにもなります。さらに、親からも子どもへ新しい分野の提案も可能です。

「Outschool」のメリットやデメリット

 (157386)

Prixel Creative / Shutterstock.com

メリット

「Outschool」のメリットは、クラスの豊富さです。YouTuber(ユーチューバー)になるための授業、楽器のレッスン、ペットの飼い方、環境問題、歴史、ストレスマネジメント、プログラミングなど多彩な内容を学べます。

また、クラスを通して、同じ趣味を持つ同年代の友達を作ることも可能です。筆者の息子は、ユーチューバークラスで南米に住んでいる子とお互いのYouTubeチャンネルを交換して、コメントの書き込みなどをしていました。このように、クラス外でも英語で聞いたり、書いたりする機会を増やせます。

デメリット

デメリットは、クラスの人数が十数人と多めの場合は、発言する機会や自分の作品を見てもらう時間が少なくなってしまうことです。人数が増えると集中できなかったり、クラスの邪魔をしたりする子どもがいて、他の子どもたちに悪影響を与えてしまう場合もあります。

また、英語を学ぶクラスではないので、それなりに英語がわかる状態で受講しないと置いてきぼりになってしまい楽しめないこともあるでしょう。

オンラインクラスで楽しく英語を身につける

 (157387)

metamorworks / Shutterstock.com
子どもが「英語を学ぶ」ときに、「英語で学ぶ」を加えると効果的に英語を身につけられます。日本で英語教室以外の英語の習い事を見つけるのは大変かもしれません。けれども、オンラインクラスであれば、選択肢は日本国内だけではなく世界に広がります。

今回紹介した「Outschool」のようなオンラインクラスを、子どもの英語学習の選択肢の1つにとして考えてみてはいかがでしょうか?

Outschool: Take small-group classes, from anywhere.
https://outschool.com/

↓過去の連載一覧はこちらから↓

翻訳家ママのバイリンガル教育
著者:LOA
カナダ在住歴17年の英日翻訳者・フリーライター。Web媒体で子育てや教育に関する記事を多数執筆。プライベートでは11歳の男の子の母。母子は日本語、父子はフランス語、夫婦は英語で会話をするというマルチリンガルファミリー。知育マガジンChiik!では「翻訳家ママのバイリンガル教育」を連載中。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...
ピアノを弾く子供

子供がピアノを習うメリットとは?教室の選び方や費用を解説

東大生の多くが習っていたというピアノ。ピアノを習うメリットと教室の選び方、かかる費用やピアノ購入の必要性に...
オセロ

4歳娘とオセロに挑戦!ルールの教え方と知育効果を解説

ボードゲームの定番オセロ。幼児でも楽しめるのか、4歳娘と挑戦してみました。 子どもへのわかりやすいルールの...
雨水

【春の二十四節気】「雨水(うすい)」は草木が芽生える頃、2...

春の二十四節気、二番目は「雨水(うすい)」です。雪が解け、草木が芽ぶきはじめ、春の訪れを感じる頃です。雨水...
出口汪 日本語トレーニング

「出口汪の新日本語トレーニング」を使って論理的思考力、文章...

試験や受験だけににとらわれることなく、学力や考える力を伸ばしていきたい。そう思ったとき、論理的思考力を高め...

WRITER

LOA LOA カナダ在住の英日翻訳者・フリーライター。Web媒体で子育てや語学学習についての記事を多数執筆。8歳の息子が0歳のときからはじめた絵本の読み聞かせは、今では私たちの生活になくてはならないものになっています。これまでに息子と読んだ絵本や児童書は、日本語、英語、フランス語を合わせて数千冊。息子が笑顔になる絵本を見つけるのが喜びです。