2016年09月18日 公開

年末年始は子連れで海外!厳選おすすめスポット5選

「年末年始を海外で過ごしたいけど、子ども連れでも楽しめる場所ってたくさんありすぎて選べない!」そんなぜいたくな悩みをもつパパママにお届けします。伝統的な西欧のクリスマスイベントから、太陽の下で楽しむ南国リゾートまで、おすすめスポット5カ所を厳選紹介します!

「年末年始を海外で過ごしたいけど、子ども連れでも楽しめる場所ってたくさんありすぎて選べない!」そんなぜいたくな悩みをもつパパママにお届けします。伝統的な西欧のクリスマスイベントから、太陽の下で楽しむ南国リゾートまで、おすすめスポット5カ所を厳選紹介します!

【ドイツのクリスマスマーケット】でおごそかな夜を 

 (78466)

Perati Komson / Shutterstock.com
日本のクリスマスは、どちらかというと「イベント」重視。でも西欧の場合、クリスマスは宗教観に基づいた「儀式」であるため、関連するイベントも「本気度」がすごいんです!

なかでもドイツのクリスマスを象徴するビッグイベント「クリスマスマーケット」は、ヨーロッパの数あるクリスマスイベントのなかでも世界最大規模。11月末頃からはじまりクリスマスイブまで連日行われるイベントは、ドイツ国内150カ所以上!

最古のクリスマスマーケットと言われるドレスデンやシュツットガルト、200万人の観光客を集めるニュルンベルクが特に有名ですが、ほかにも素晴らしいマーケットがいくつもあるので、数年にわけて各都市を旅するのもいいですね。

【ニュルンベルク・クリスマスマーケットのメイン会場「ハウプトマルクト広場」の所在地】
Hauptmarkt 90402 Nurnberg
【営業日・時間】
例年11月末頃から12月24日まで/10:00~21:00(最終の24日は14時まで)
【アクセス情報】
ニュルンベルク中央駅から徒歩15分

【ブルジュハリファ】で世界一のカウントダウン!

 (78470)

Leonid Andronov / Shutterstock.com
「年末にドバイ」とくれば、絶対に見逃せないのが「世界一の花火」。およそ5分間にわたって50万発以上の花火が打ち上げられる光景は言葉では表現できません!

一番のおすすめは「ブルジュハリファ」から打ち上げられる花火です。地上高828m、「世界一高いビル」として有名なブルジュハリファ。その壁という壁から四方八方に花火があがります!

それはまるで世界一巨大な花束のよう!日本では絶対に見られない圧巻のカウントダウン花火です。

なお、観覧会場となるドバイモールは入場者が多すぎてあっという間に入場規制されてしまいます。モールへは入らず、周辺の見晴らしのよいスポットで花火見物するのがおすすめですよ。

【ブルジュハリファ所在地】
1 Sheikh Mohammed bin Rashid Blvd – Dubai
【アクセス情報】
地下鉄レッドライン 25 Burj Khalifa / Dubai Mall駅下車

まるでSFの世界!?【ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ】

 (78474)

Zhukova Valentyna / shutterstock.com
シンガポールの湾岸エリアにある「ガーデンズ・バイ・ザ・ベイ」。巨大なガラスドームの中にあらゆる植物を配置した巨大植物園です。

ゲートに近づくと目に飛び込んでくるのが、巨大な「スーパーツリー」。まるでほかの惑星にいるような世界観が表現されていて、ワクワク感がとまりません!

園内は映画「ラピュタ」に出てきそうな巨大な人工の山「クラウド・フォレスト」、日本では珍しいバオバブの木やナツメヤシなど熱帯地域の植物を集めた巨大温室「フラワー・ドーム」などなど見所がいっぱい!

植物好きな子どもやパパママなら、何時間いても飽きることのない場所です。

【所在地】
18 Marina Gardens Drive
【営業日・時間】
午前5:00~深夜2:00
【定休日】
無休
【アクセス情報】
MRTベイ・フロント駅B出口から直通地下通路でトンボの湖方面へ。ドラゴンフライ・ブリッジ(トンボの橋)を渡ると園内です

【ゴールドコースト】でテーマパーク三昧!

 (78475)

ChameleonsEye / shutterstock.com
「冬だからこそ暖かい場所で遊びたい!」そんな親子におすすめなのがオーストラリアのゴールドコースト!日本とは季節が逆のオーストラリアは、年末年始は常夏の陽気につつまれた南国リゾートです。

あらゆるマリンアクティビティを楽しめる「サーファーズパラダイスビーチ」、保護された野生動物にふれあえる「カランビン・ワイルドライフサンクチュアリー」、動物園と遊園地が一緒になった「ドリームワールド」などなど、個性的なテーマパークがたくさんあります。

子どもが飽きるなんてありえないほど充実した時間を過ごすことができますよ!

【サーファーズパラダイスビーチ所在地】
The Esplanade, Surfers Paradise, Gold Coast, Queensland 4217
【アクセス情報】
ゴールドコースト空港からサーフサイドバス乗車 ブロードビーチ・サウス駅で乗り換え、アッペルパーク公園前の停留所下車

あの夢の配達人にあえる!【サンタクロース村】

 (78476)

Roman Babakin / Shutterstock.com
きびしくも豊かな自然につつまれた森と湖の国、フィンランド。その最北端の土地ラップランド地方にあるのが「サンタクロース村」です。

年末年始のサンタクロース村のある場所は「極夜」に覆われます。丸一日、太陽が昇らず、昼間でも薄明かりのまま。一面の銀世界にあるのは、もみの木のクリスマスツリー、雪だるま、トナカイたち。サンタの世界がここではすべてがリアルに存在しています。
サンタさんとおしゃべりしたり、トナカイに乗ったり、園内の郵便局からサンタさんの手紙を申し込んだりと、夢のような世界にどっぷりとひたることができますよ!

【サンタクロース村所在地】
96930 Rovaniemi, フィンランド
【営業日・時間】
12月/午前9:00 午後7:00
1月/午前10:00 ~午後5:00
【定休日】
無休
【アクセス情報】
ムーミンワールドのある都市ロヴァニエミまではヘルシンキ・ヴァンター国際空港から飛行機で約1時間20分。 空港からサンタクロース村へ、タクシーで約10分

どうせなら日本では体験できない旅にしよう!

わざわざ海外へ年末年始に子連れ旅行するのですから、日本では絶対に味わえない体験をしたいですよね。ご紹介したスポットはいずれもほかには例のない場所ばかり。ぜひ、時間と懐に余裕をもたせて、ゆっくり滞在して楽しんでくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

TAKUTAKU TAKUTAKU