2018年8月2日 公開

「うちの子、どうしてる?」保育園での子どもたち くっく履けたよ!の巻

「うちの子、園でどうしてるんだろう?」。知っているようで知らない保育園での子どもの顔を、保育士目線でお伝えするコラム。今回は、くっく履くのにチャレンジ!さぁ、履けるかな~!?パパママの知らない、お家では見られない外の顔をお届けします!

くっく履けたよ!

4コマタイトル「知恵を働かせてみた」

4コマタイトル「知恵を働かせてみた」

「くっく履けたよ!」というときの子どもの顔は、ちょっとうれしそうで誇らしげで、やってやったぜ!感がにじみ出ていて、とてもいいものです。上手に履けているかは、また別問題ですが……(笑)

子どもたちの靴箱前での様子お伝えします!

くっく履けたよ!までの挫折と栄光

 (109290)

「靴を履く」という場面も悲喜こもごも、それぞれドラマがあります。

ヤル気満々の子、履くのが嫌な子、面倒だと思う子、そもそも靴は自動で履かされるものだと思っている子(笑)

靴を履くって、靴の履き口を広げて足を入れながら、かかとを引き上げるなど、いろいろなことをいっぺんにしないといけないので、なかなか高度な作業なんです!

履けるようになるまでは、個人差が大きくて、それぞれのタイプもあるので、本当に時間がかかります。

私が保育士の新人だったころ、2歳児クラスの子どもたちを見て、「あれ?これでちゃんと履けるようになるのかな!?」と心の中でめちゃくちゃ、不安になったものです(笑)

でも大丈夫。履けるようになるんですね~。機会のあるときに、毎回少しずつチャレンジしつつ、履けるようになります。

靴を履く場面はもれなく、保育者も胆力と手腕を試されるときです。早くお外に出たくて堪らない子どもたちをうまくいなしながら、それぞれ必要な手助けをするのはなかなか難しい。

毎回じっくり取り組むことができればよいけれど、ケースバイケースなので、少しでも子どもが自分でできたら「うん、ここができたね!」って一言、認める声かけが大切かなと思っています。

なぜ靴を履きたくない子どもがいるのか?

ここで、靴を履きたくない子のことが気になりますよね~。

なんで履きたくないんだろう?と考えを巡らせると、実は結構な割合で、サイズの合っていない履きにくい靴、ということが多いのです。

子どもたちは「キツいから嫌だ!」「足がカパカパたがら嫌だ!」「自分で履けないから嫌だ!」とは、言いません。でも、心地よくないことはわかる。

そう、靴が心地よくないから無意識に回避しようとするわけです。

子どもにとって履きやすい靴って?

子どもが履きやすい靴という観点でいうと、次の2つがポイントだと思います。

1. サイズが合っている(キツくなく大き過ぎず、かかとが合っている)

2. 履き口が広げやすい(ジッパーなど子どもが自分でできる。履き口が固くない)

キツいと本人も痛くて嫌だし、頑張ろうにも自分で履けません。ブカブカだと、脱げやすかったり、思わぬところで足が引っ掛かったりして、怪我の危険もあります。遊びにも集中できませんね。

素材が柔らか過ぎても、脱げやすかったり、生地が伸びてサイズがゆるゆるになったりします。また、歩行が安定していない時期は、かかとをホールドできているものが歩きやすいようです。

履き口が固かったり、ハイカットでしっかり目だと広げにくく、自分で履けません。紐靴は、子ども自分で履く練習に不向き。これは、大人が履かすときも感じることですよね。

靴のサイズ確認の目安は3カ月!

 (109291)

どうにもうちの子、意欲的じゃないというときには、ぜひ一度、靴のサイズ確認してみてください。

特に0~3歳くらいのお子さんの成長のスピードは、大人の何倍にもなります。私の経験から、3カ月に1回の目安で子どもの靴のサイズを確認するのが良いと思います。

専門的なことは、スポーツシューズのサイトなんかでもガイドがありますので、のぞいてみると参考になるんじゃないかなと思います。

【参考サイト】
http://www.moonstar.co.jp/whatshoes/select/knowledge.html
https://www.asics.com/jp/ja-jp/kids/shoes-choose
気持ちよく靴が履けたら、お散歩も遊びも楽しい♪

心地よく履ける靴がきっと子どもさんの意欲を助けてくれますよ。そして、同じく玄関先で四苦八苦する大人の味方にもなってくれると思います(笑)
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「うちの子、どうしてる?」保育園での子どもたち 順番、順番の巻

「うちの子、どうしてる?」保育園での子どもたち 順番、順番の巻

「うちの子、園でどうしてるんだろう?」。知っているようで知らない保育園での子どもの顔を、保育士目線でお伝えするコラム。今回は、園で子どもたちがおててを洗い...
子どもとのスキンシップ不足は「おててでタッチ」で解決!

子どもとのスキンシップ不足は「おててでタッチ」で解決!

「子どもとスキンシップが大切ってわかっていても、いつもばたばたしていて……」。そんなパパママにお伝えしたい!安心してください、毎日自然にやってますよ、スキ...
保育園の新年度がはじまったよ!子どもたちの様子の巻

保育園の新年度がはじまったよ!子どもたちの様子の巻

新年度がはじまりましたね!入園から少し時間が経ちましたが、皆さんのお子さまはいかがですか?新しい環境で過ごす、保育園の子どもたちの様子と、この時期に特に気...
【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園!どんな準備をすればいい?②

【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園!どんな準備をすればいい?②

入園説明会も終れば、いよいよ保育園の入園準備も本格的に。持ち物の準備以外に保育士視点で「こんな準備をしたらいいよ!」ということをお伝えします。2回目は、意...
【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園、どんな準備をすればいい?①

【保育士が教えたいこと】もうすぐ保育園、どんな準備をすればいい?①

保育園への入園が決まったら、入園準備がスタート。用意しなければならない持ち物はだいたいわかるけれど、「他にやっておくことはない?」と友人パパママに聞かれる...

WRITER

いわいざこまゆ いわいざこまゆ  イラストレーター・造形作家です。7年間の保育士勤めを経て、主に保育の専門誌や書籍でイラストやまんがを描いたり、保育のための造形やアイデアを発表しています。現在も、近所の保育園に助っ人保育士として時折出没します。鹿児島県出身。神奈川在住