2017年10月22日 公開

幼児期を裸足で過ごして丈夫で賢い子に!裸足育児のメリット

脳の発達を促し、免疫力を高めるといわれる「裸足育児」。裸足で生活することは自律神経を整え、体温調節機能を高めるとされています。やり方は子どもを裸足で過ごさせるだけ。乳幼児期に裸足育児を取り入れるおうち知育のメリットと注意点をご紹介します。

裸足育児とは?

子どもを素足で生活させて、健康の増進を目指す教育法です。足裏への刺激が脳の発達を促進する、土踏まずの形成を促す、免疫力が強くなる、ストレスが軽減されるなど心身ともに多くのメリットがあるとされています。

比較的温暖な地域の保育園・幼稚園・小学校などで行われています。裸足育児は年間通して靴下を履かないのが基本。

・屋内・屋外共に裸足
・外遊びの際は素足に草履を履く

など、施設の教育方針によって裸足育児の方法は違います。

裸足で生活することで足裏に刺激を

脳の神経系統は3歳までに約80%、6歳頃には約90%完成するといわれています。0歳~6歳までの生活習慣は、子どもの学習能力・身体能力・コミュニケーション能力に大きく影響するもの。

乳幼児期の脳の発達に重要なのは「五感を刺激すること」です。裸足育児は足裏に刺激を与えることで、脳を活性化できるといわれています。さらに、自由に足指が動くことは筋力アップ・土踏まずの形成・バランス感覚の向上にもつながるでしょう。

丈夫で賢い子に!裸足育児のメリット

親なら誰しも「丈夫で賢い子に育って欲しい」と願うもの。かといって乳幼児期にお金と時間をかけて複数のスポーツ教室や習い事をさせることは躊躇する方も多いのではないでしょうか。

裸足育児はお金も時間もかけずにできる「健康で地頭の良い子」への近道。素足での生活を取り入れるだけで、免疫力アップ・脳の活性化が期待できるのが嬉しいですね。

裸足育児の大きなメリットは3つあります。

1.脳の発達を促進

手・足・唇は温度・圧力・痛みなどの刺激をダイレクトに受け、絶えず脳を活性化させています。特に乳幼児期に受けた刺激は反射神経・巧緻性・記憶力・危険回避能力などの向上につながるといわれるほど重要なものです。

面積が大きく、刺激される機会も多い足を自由にすることは脳の発達促進のキーポイント。床や地面を直接感じ、足指でしっかりつかむことで多種多様な刺激を脳の広い面積に与える効果があるといわれています。

2.運動神経を育み、身体能力の高い子に

裸足で走ることは靴・靴下に守られている状態とはまったく違います。わずかなでこぼこや床・地面の変化に合わせてバランスをとらなくてはなりません。

自然と体幹トレーニングをすることになってバランス感覚が向上するでしょう。足裏からの情報に合わせた走り方や動きを行うことは、全身運動となって運動神経を育みます。

靴の反発力にも頼れないので、自分の筋力だけで地面を蹴ることになります。足指の地面をつかむ動きで足裏の筋肉が発達し、土踏まずが形成されます。裸足で駆け回るだけで、多くのスポーツ選手に見られる走り方と足の形状に近づくことが可能です。

3.リラックス効果・自律神経の安定

子どもは素足が大好き。多少寒くても遊びに夢中になったら、靴下を脱いでしまう子も多いです。2歳くらいまでは体温調節機能が未熟で、手足で熱を発散し体温を調節しています。裸足であることは熱がこもらず快適なのかもしれません。足首・足指を自由に動かせることは、リラックス&ストレス解消効果もあります。

外気温を素足に感じ、足裏から刺激を受けることは自律神経を発達させます。自律神経が安定することで体温調節機能が正常に働き、免疫力もアップします。

裸足育児を行う際の注意点

メリットが多い裸足教育ですが、子どもの安全を守るための注意点が3つあります。

1.床・地面に危険なものが落ちていないか
屋内・屋外共にガラス・画鋲など危険なものが落ちていないかの事前確認は必須。フローリングのささくれ、毒虫、汚れたぬかるみなど怪我・感染症の危険を見落とさないようにしましょう。

2.気温の低い時期はしもやけに注意
裸足育児は健康増進が目的です。気温の低い日に、無理をしてしもやけにさせてしまっては本末転倒。足が冷たく赤くなっている場合は、靴下を履かせましょう。

3.複数の子どもで行う場合は全員裸足で
裸足の子と靴を履いた子が混在して遊ぶのは危険。素足で靴を履いた子に踏まれるとかなり痛いです。思わぬ怪我の原因にもなるため、どちらかに統一させましょう。

無理なく気軽にはじめよう

外遊びでいきなり裸足になるのはハードルが高い場合は、家にいる時間を裸足で過ごすことからはじめます。屋外での裸足は外気温によってはしもやけ・やけどの心配もありますが、家の中なら安心。季節を問わず裸足育児を続けられるでしょう。

子どもが裸足を嫌がる場合は、無理をさせる必要はありません。子どもの体調・機嫌を見ながら気軽に始めてみてください。

親子ではじめる裸足生活

子どもと一緒にママ・パパも裸足で過ごしてみませんか。親も同じであることで、裸足でいることが自然に感じられます。ママ・パパも開放的な気持ちでリラックスできるはず。自律神経を整える効果、冷え性・皮膚の硬化の改善も期待できるのでおすすめです。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「縦割り保育」にはどんな効果がある?ねらいやメリット・デメリットを紹介

「縦割り保育」にはどんな効果がある?ねらいやメリット・デメリットを紹介

少子化や核家族化など、今の子どもたちを取り巻く環境は、私たちが子どものころとは変化しています。そんななかで注目を浴びているのが縦割り保育です。こちらの記事...
子ども向けの「ねんど」4種の違いと魅力を解説

子ども向けの「ねんど」4種の違いと魅力を解説

ねんどに触れて、好きな形を作り出すことは子どもの想像力や表現力を高める大切な遊びです。実は、ねんどにはたくさんの種類があることをご存じですか?今回は子ども...
英語の音節(シラブル)とは?発音が上手になるキホンを解説!

英語の音節(シラブル)とは?発音が上手になるキホンを解説!

英語には音節(シラブル)という発音上の要素があります。これを理解することが、英語の聞き取りや発音の上達のカギ。英語がうまく聞き取れない、なかなか英語らしく...
オランダで話題の「イエナプラン教育」とは?理念や方法論を解説

オランダで話題の「イエナプラン教育」とは?理念や方法論を解説

ドイツ生まれ、オランダ育ち。いま世界から注目を浴びている教育法が「イエナプラン」です。画一的なマニュアル教育を排し、個性と自立を重んじるこの新しい教育法か...
大きな声でハキハキと!子どもの人前で【話す力】を伸ばすには?

大きな声でハキハキと!子どもの人前で【話す力】を伸ばすには?

人前では声が小さくなるお子さまも多いですよね。挨拶や発表、当番など、大勢や初対面でも、子どもが大きな声でハキハキ話せるようになるために、親の関わり方や、サ...

KEYWORDS

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。