2018年04月27日 公開

連休・長期休みの過ごし方で差が出る!?お金の使い方【今すぐできる家計管理術】第3回

親子でお休みがとれる方も多い、GW(ゴールデンウィーク)などの連休や長期休み!ワクワクする反面、またお金がかかる……なんて心配しているパパママも多いはず。でも、お金にビクビクしないで!せっかくのお休みを存分に楽しむ方法があるんです!「2年で350万貯めた あきのズボラ家計管理」著者による、連載第3回をお届けします。

親子でお休みがとれる方も多い、GW(ゴールデンウィーク)などの連休や長期休み!ワクワクする反面、またお金がかかる……なんて心配しているパパママも多いはず。でも、お金にビクビクしないで!せっかくのお休みを存分に楽しむ方法があるんです!「2年で350万貯めた あきのズボラ家計管理」著者による、連載第3回をお届けします。

連休や長期休みはお金がかかる!?

 (94171)

KPG Ivary / Shutterstock.com
春休み、ゴールデンウィーク、夏休み、冬休み……。子どもだけでなく親も休みになる時期は、親子でレジャーを楽しみたい!と考える方も多いのではないでしょうか。

「でも、長期休みに入るとお金がかかるのよね……」と、お金のことが心配になる方、いませんか?せっかくのお休みも、お金の心配ばかりではもったいないですよね!

今回は、お金のことを心配せずに、安心してレジャーを楽しむ方法を紹介したいと思います。

お金の心配をせずにレジャーを楽しむ方法は!?

 (94170)

PR Image Factory / Shutterstock.com
お金の心配をせずに、レジャーを楽しむ方法は、たったひとつ。あらかじめ、使えるお金の枠を決めてしまうという方法です。

たとえば、「次のゴールデンウィークで使えるお金は5万円まで!」など、具体的に決めてしまいましょう。

具体的な金額を決めたら、銀行口座の残金をチェック!予定額を引き出します。

このとき注意したいのは、今の時点で残金不足で引き出せないほどの予定は組まないこと。このように、使えるお金の上限を決めないでいると、ダラダラと使ってしまい、気付けば、かなりの予算オーバー!……なんてことにもなりかねないのです。

また、予算がない状態でレジャーに行ってしまうと、「ちょっとでも支払いを安く済ませたい!」という意識が働いて、「お土産」さえケチろうとしたりと、存分にレジャーを楽しめないことも……。決めた予算の範囲内なら、何をしてもOK!と考えましょう。

おろしたお金は別財布で管理!

 (94172)

Mitrofanova / Shutterstock.com
使えるお金を銀行からおろしたら、普段やりくりで使っているお財布とは別のお財布に保管しておきましょう。

お財布がふたつないというときは、封筒でもかまいません。100円ショップで購入できるような、簡易的なお財布を用意してもいいですね。

実際に使うときは、別財布から支払います。お休み中に増える外食の費用もここから出しましょう。

間違っても、普段のお財布からお金を出さないこと!こうすることで、せっかくレジャーのために準備したお金が「いつもの食費に、いつの間にか消えてしまった……」ということを防ぐことができます。

注意したいのはカードでの支払い!

 (94173)

Stokkete / Shutterstock.com
連休・長期休みのレジャーで気を付けたいのは、クレジットカードでの支払いです。

カード払いで2カ月後なら払えるかも……というカード払い頼みにすることなく、今ある手持ちの現金のみで対応できる範囲にしましょう。

いくらせっかくのお休みだからと奮発しても、2カ月後の引き落とし額を見て唖然とするようでは、家計管理は成功とはいえません。

カードで支払えばポイントも貯まるし……なんて考えて、貯まるポイント以上に使いすぎてしまっては、本末転倒です。

連休・長期休みこそ楽しんで!

 (94174)

Tom Wang / Shutterstock.com
せっかくの連休や長期休みだからこそ、羽を伸ばして楽しみたいもの。使えるお金の枠をあらかじめ決めるだけで、お金の不安はなくなります。

レジャーにお金を割くことさえできないほど困っているときは、今までのやりくりを見直すチャンス!これを機会にじっくり家計と向き合うのもいいでしょう。

「休みに入るとお金がかかるのよね……」なんて言わずに、「この金額までなら好きなだけ遊べるのよー!」と言ってあげられる家計のやりくりを目指してみませんか?

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

あき あき