2019年4月5日 公開

子どもにもわかる「LとRの聞き分け方」発音のコツは?

日本人が苦手とする英語のLとRの聞き分け。LとRがつく単語は使用頻度も高く、できれば苦手意識を克服したいものです。聞くのも話すのも難しいこれらの発音ですが、じつは小さな子どもほどコツを掴むのに適しています。LとRの聞き分け方と、発音のポイントをまとめました。

「L」「R」の聞き分け・発音が難しいのはなぜ?


日本人が苦手とする発音の代名詞ともいえる、英語の「L」と「R」。どうしてもネイティブに伝わらない、聞き取れないという声がよく聞かれます。「L」は日本語のラ行の音に似ていますが、じつは「L」も「R」も日本語にはない音です。母国語に存在しない音であるために、正確に聞き取れない・発音できないのは自然な成り行きと言えるでしょう。

英語の単語や文章に、アルファベットで読み方がついているときはありませんか?この場合「L」も「R」も、ラ行で書き記されている場合がほとんどです。たとえば「light」「right」はライト、「alive」「arrive」はアライブです。

読み書きができるようになる年齢以上の子どもは、読んだとおり日本語のラ行の音で発音します。これが「L」と「R」が同じ音になり、カタカナ英語のような発音になってしまう理由です。

子どもは聞き取りの達人


母国語にない音だから「L」と「R」を聞き取れない、と先述しました。しかし「耳の臨界期」に到達するまでは、聞き分けが比較的容易だとされています。アメリカの神経生理学者・レネバーグによると耳の臨界期は9~12歳頃で、この年齢を過ぎると言語獲得が難しくなるというのです。

日本で暮らすぶんには当然、日本語だけで生活できてしまいます。つまり聞き分けや発音の観点から言えば、「自然の英語の音が耳に入る環境」を作ることが大切です。聞き取りの達人ともいえる幼児期のお子さまは、それだけで「L」も「R」も聞いたとおりに発音できる土台を養っていけます。

「L」を発音するときの口の動きとポイント


「L」の音は日本語のラ行に似た音なので、聞き取りはそれほど難しくありません。ただし正しく発音するには、「L」の口の動きに慣れる必要があります。日本語のラ行の音とは舌の動きが異なり、正しい音を出すのは意外と難しいもの。早速練習してみましょう。

【口の動き】
舌の先端を上前歯の裏(つけ根あたり)につけて発声します。このとき舌の側面などは、口の中のどこにも接触しません。

【ポイント】
日本語のラ行の音に似ていて、「R」よりクリアに聴こえます。

【練習】
舌の先端を上前歯の裏に当てた状態で、「ラ・リ・ル・レ・ロ」と発声しましょう。単なる日本語のラ行の場合は、舌の位置がもっと奥になります。

・glass(グラス)
・fly(フライ)
・long(ロング)
・lap(ラップ)
・alive(アライブ)

「R」の発音の口の動きとポイント


「R」の音は、日本人にとって最も聞き取りにくい音のひとつ。口の動き(舌の筋肉・表情筋)に慣れて、聞き分け・発音の上達を目指しましょう。

【口の動き】
①舌を奥に引きます。
②結果として舌が丸まった状態になり、そのまま口の中のどこにも接触しないように発声してください。
※いわゆる巻き舌とは異なるので注意しましょう。

【ポイント】
「R」の前に「小さなウ」を入れるイメージです。犬の唸り声「ゥー」を喉の奥から出すような感覚で発音します。

【練習】
舌を奥に引いて丸めた状態で「ゥラ・ゥリ・ゥル・ゥレ・ゥロ」と発声しましょう。

・grass(グゥラス)
・fry(フゥライ)
・wrong(ゥロング)
・wrap(ゥラップ)
・arrive(アゥライブ)

簡単な「L」「R」の発音練習


「日本語にない音を発音する」ということはつまり、「普段は使わない筋肉(舌・口周り)を動かすこと」です。意外と疲れますが、上達への近道は発音練習を繰り返すという地味な努力の継続しかありません。

たとえば「light(光)とright(正しい・右)」「alive(生存して)とarrive(着く)」など、似ているようで正確にはまったく音の違う単語を、リズムよく繰り返し発音する方法などがあります。聞き分けと発音は密接に関わっているもの。単純な練習でも、継続することでスピーキング・リスニングの力は着実に伸びていきます。

完璧を求めすぎず、楽しく続けよう

英語教育に大切なこととして、第一にお子さまの気持ちを優先しましょう。正しい聞き分けや発音に気を取られて、パパママが細かく注意するのは避けること。子どもにしてみれば、勉強として英語に向き合うよりも「パパママが楽しそうだから真似をしたい」と思えたほうが、やる気につながります。英語の歌なども取り入れて、ぜひ親子で楽しみながら発音に慣れていきましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

英語の音節(シラブル)とは?発音が上手になるキホンを解説!

英語の音節(シラブル)とは?発音が上手になるキホンを解説!

英語には音節(シラブル)という発音上の要素があります。これを理解することが、英語の聞き取りや発音の上達のカギ。英語がうまく聞き取れない、なかなか英語らしく...
英語のリエゾン(リンキング)とは?仕組みと実例を解説

英語のリエゾン(リンキング)とは?仕組みと実例を解説

なめらかな英会話を聞いていて、単語がどこで区切られているのかを聞き取れず混乱した経験はありませんか?英語の文章中、ふたつの単語が連結して発音が変わる現象を...
英語の「母音」「子音」とは?発音の基礎知識をご紹介

英語の「母音」「子音」とは?発音の基礎知識をご紹介

英語を学習するうえで覚えておきたい「母音」と「子音」のルール。英語は、日本語とは異なる母音・子音の特徴を持っており、一見するとなんだか複雑に見えます。しか...
曖昧母音「/ə/ シュワとは?」単語で発音のコツを学ぼう

曖昧母音「/ə/ シュワとは?」単語で発音のコツを学ぼう

発音記号/ə /シュワとは日本人が苦手とする曖昧母音のひとつ。 「曖昧」母音という名の通り、日本語にはない「はっきりしない母音」のため難しく感じる方が多い...
英語のアクセントはどこに置く?位置の法則や調べ方

英語のアクセントはどこに置く?位置の法則や調べ方

英語は発音と同時に「アクセント」も忘れてはならない要素です。しかしどの位置にアクセントが来るのか、どのように発音するのかわからないという方も多いのではない...

WRITER

trans trans  海外在住(英語圏・中国語圏)通算9年、2女の母。 英会話講師・テクニカルライターを経て、現在は在宅翻訳・ライティング・全国通訳案内士としてフリーランスの活動に奮闘中。目下の夢は、娘2人とぶらりNY旅&NYの母校訪問。