2018年12月22日 公開

人魚のモデルになった生き物「ジュゴン」日本で会いに行ける水族館は?

人魚のモデルとも言われているジュゴン。ゆったりと泳ぐ姿は、見ていてとても癒されます。しかし今や、絶滅危惧種として登録されてしまうほど数が減っているのが現実です。日本でジュゴンに会える水族館は1カ所だけ。今回はジュゴンの特徴と、会える水族館の情報をまとめました。

ジュゴンとは一体?

大きさ、生息地など

ジュゴンは人間と同じ哺乳類。体長は3mほどで、体重450kgとかなり大きいです。出産では一度につき1頭の赤ちゃんを産みます。また寿命はおよそ70年と、私たち人間と同じように長生きする生き物です。

ジュゴンが住んでいるのは、温かくて浅めの海が広がるインド洋や西太平洋など。「アマモ」というジュゴンの食べ物の海藻が育っているところによくいます。ジュゴンはこのアマモを、1日に数十キロも食べて生活しています。

絶滅危惧種

ジュゴンは現在絶滅危惧種として登録されています。狩猟により数が減ってしまったほか、ボートのスクリューに巻き込まれる事故などが多くの原因。
日本で言うと、沖縄にもジュゴンは生息していますが、生息が確認されているのは数頭しかいません。

絶滅してしまわないように大切に守っていきたいですね。

人魚のモデルとも言われている

チャーミングでつぶらな瞳、ゆったりと泳ぐさまはとても優雅です。そんな広い海を泳ぐジュゴンの姿が、現代に伝わる「人魚伝説」のもとになったとされています。ただ実際には「上半身が人間・下半身が魚の人魚のイメージが先に生まれ、ジュゴンは後付け」とする説も。わたしたちが想像する人魚とは、イメージが違うと感じるかもしれませんね。

ジュゴンに会える水族館は世界で4カ所だけ

ジュゴンに合うことができる水族館はシンガポールの「アンダーウォーターワールド」、インドネシアの「シーワールド」、オーストラリアの「シドニー水族館」、そして日本の「鳥羽水族館」の、4カ所だけです。世界中探してもたった4つの水族館にしかいないことからも、ジュゴンはとても貴重な存在だとわかります。

日本でジュゴンに会える「鳥羽水族館」

日本でジュゴンに会える水族館は、三重県にある「鳥羽水族館」です。1987年にメスのジュゴンがフィリピンから贈られました。名前はセレナです。

2017年には、鳥羽水族館に来て30年という節目を迎えました。お祝いに大好物のアマモで作ったケーキがプレゼントされたようです。また2018年現在、鳥羽水族館はジュゴンの飼育日数が世界最長。これからも元気に長生きしてほしいですね。

ジュゴンとマナティーの違い

ジュゴンに似た生き物として、マナティーがよく挙げられます。確かに見比べてみると、かなり似ていることが分かるはず。ジュゴンとマナティー、具体的にはどう違うのでしょうか?

・おひれの形の違い
ジュゴンがイルカのような三角型をしているのに対して、マナティーは丸いへら型をしています。

・口の違い
ジュゴンは海底に生えている海藻を食べるので、口が下向きについています。それに対してマナティーは水面の水草を食べるため、それほど下向きにはついていません。

vkilikov / shutterstock.com こちらがジュゴン。尾ひれの形は三角形です

Jeff Stamer / shutterstock.com こちらはマナティーです。尾びれが丸い形をしているのがよくわかりますね。

ずっと守っていきたいジュゴン

見た目も可愛く、見る人をゆったりとした気持ちにさせてくれるジュゴン。なんとか絶滅を食い止めて、未来の子どもたちにもその姿を見せてあげたいですね。

ジュゴンについて、現在置かれている状況など、お子さまと話し合ってから水族館に足を運ぶと、実際ジュゴンを目にしたときの気持ちも変わるのではないでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

【現役保育士が教える】お昼寝編!うちの子、保育園でどんな感じ?

【現役保育士が教える】お昼寝編!うちの子、保育園でどんな感じ?

今回は、お昼寝時間の子どもたちをご紹介します。保育園のお昼寝の時間、それはパパママにとって、なかなかファンタジーな時間みたいですね。もしかしたら、お子さん...
ピアジェの4つの発達段階とは?育児に役立つ子どもの発達理論

ピアジェの4つの発達段階とは?育児に役立つ子どもの発達理論

大学の教職課程・保育士資格などで学ぶピアジェの思考発達段階説は、一般のパパママにも役立つ発達心理理論です。子どもの発達段階を普遍的な4順序で示した考え方を...
「国語力」はすべての勉強の基礎!幼児期から伸ばす方法は?

「国語力」はすべての勉強の基礎!幼児期から伸ばす方法は?

国語力は「教科としての国語」の学力だけを意味するものではありません。読む・書く・読み取る能力はもちろん、考える・感じる・想像する能力も含まれます。国語力は...
英語の母音の数は日本語よりも多い!母音の種類と覚え方

英語の母音の数は日本語よりも多い!母音の種類と覚え方

母音の数は、英語と日本語で違うことをご存知ですか?「ア・イ・ウ・エ・オ」の5つからなる日本語に比べ、英語の母音はもっとたくさんあります。それぞれ理解してお...
小学生の方が受かりやすい?!英検対策は自宅学習で大丈夫?【小1から英検チャレンジ】Vol.12

小学生の方が受かりやすい?!英検対策は自宅学習で大丈夫?【小1から英検チャレンジ】Vol.12

小学生の英検対策のために、英会話スクールに通うべき?自宅学習で十分?自宅で学習するとしたら、どんな方法があって、どんな教材がある?娘のミヤピーの英検受験を...

KEYWORDS

WRITER

satimomoka satimomoka  はじめまして。3歳の娘を育てている主婦です。 お菓子作りや料理が趣味です♪ よろしくお願いします。