2018年10月23日 公開

とんちの絵本で読み聞かせを楽しく!おすすめのとんち話3選

「とんち」は日本の昔話によく登場します。スカッとする話や笑える話が多く、お子さまへの読み聞かせにもピッタリ。本が苦手なお子さまでも、飽きずに最後まで聞くことができるでしょう。ここでは有名なとんちのお話や、読み聞かせにおすすめの絵本をご紹介します。

とんちって?

とんちとは「その場に応じて、すぐに出てくる知恵」のことを指します。とんちがすぐにひらめく人は機転が利き、ユーモアセンスに富んだ印象を受けるでしょう。

このとんちは、日本の昔話にもよく登場します。とんちの昔話と聞き、きっと多くの方が思い浮かべるのが「一休さん」。このほかにも「彦一話」「吉四六話」など、昔話の中にはとんちを題材とした楽しいお話がたくさんあります。

とんちばなしの定番「一休さん」

タイトル:一休さん
著者  :杉山亮(文)、長野ヒデ子(絵)
出版社 :小学館
とんち話の定番といえば『一休さん』です。一休さんは、実際にいたお坊さんをモチーフに作られた昔ばなし。いばる人や弱い者いじめをする人を、とんちでやり込める姿は痛快です。

一休さんのお話のなかで、とくに有名なのが「虎退治」。彼のとんちのうわさを聞きつけた将軍様は、ある日一休さんを呼びつけます。そして将軍様は一休さんに、「このついたての中にいる虎が、飛び出して暴れるので困っている。この虎を縛ってほしい」と無理難題を押し付けるのです。

この難題を、一休さんは得意のとんちで難なく切り抜けます。いばっている将軍様にひと泡ふかせる、スカッとするお話です。

この絵本には、虎退治のほかにも「このはしわたるべからず」などおなじみの作品が収録されています。パパママのなかには、小さな頃に一休さんのアニメを見ていたという方も多いのでは?記憶を思い起こしつつ、お子さまと一緒にとんちを楽しんでみてはいかがでしょうか。

悪知恵が働く「吉四六さん」

タイトル:吉四六さん
著者  :寺村輝夫(文)、ヒサクニヒコ(画)
出版社 :あかね書房

『吉四六さん』は、大分県に伝わる昔話。大分の庄屋、廣田吉右衛門が主人公のモデルといわれています。

吉四六さんは要領がよく、ときに悪知恵が働く人物。しかしどこか憎めないところが人気を集めています。自由奔放な吉四六さんの振る舞いは、子どもの目には魅力的にうつるかもしれません。その代表的なお話のひとつに、「柿の見張り番」があります。

これは彼が子どもの頃のエピソード。吉四六さんの家の庭に柿がなりました。彼の両親は柿が盗まれないよう見張っておくように、吉四六さんにいいつけます。でも吉四六さんも柿を食べたくてたまりません。そこへ友人がやってきて、「食べよう」とけしかけました。

吉四六さんは友人の誘いに乗り、柿をすべて食べてしまいます。帰ってきた両親は吉四六さんをこっぴどく叱りますが、とんちを聞かせた一言でこの場を切り抜けるのです。

この本には有名なエピソード数話がおさめられています。1話1話が短いので、読み聞かせにはピッタリ。また吉四六さんのお話は、子ども向けだけではなく大人向けのものも数多くあります。お子さまの本とともに、パパママ向けのお話も探して読んでみるのも楽しそうです。

親しみやすい人柄「彦一さん」

タイトル:彦一さん
著者  :寺村輝夫(文)、ヒサクニヒコ(画)
出版社 :あかね書房
『彦一さん』は、熊本県で語り継がれている昔ばなしの主人公。一休さんや吉四六さんと同様にとんち話が有名ですが、ほかの2人よりもドジな面も多く、親しみやすい愛されキャラとして描かれています。

キツネやタヌキと化かしあいをするなど、一目でフィクションとわかる話が多いところも彦一さんの特徴です。そんなお話のなかで特に有名なのが「タヌキと彦一」。

ある日、彦一さんの家にいたずら好きのタヌキがやってきました。彦一さんはタヌキをからかってやろうと知恵を絞り、まんまと騙すことに成功します。

楽しく明るいお話ばかりなので、小さなお子さまにも安心して読み聞かせられるでしょう。「このあと、どうなるのかな?」とお子さまとお話ししながら楽しんでみてください。

とんちの話を親子で楽しもう

とんちのお話には、いま読んでも面白いものがたくさんあり、子どもだけではなくパパママも一緒に楽しめます。お子さまととんちの面白さを共有しながら、読み聞かせをしてみてください。本にあまり興味がないお子さまも、とんちの本がきっかけで興味を持つようになるかもしれません。

またとんちは頭の柔軟性を鍛えたり、脳の活性化を促したりといった効果があるとも言われています。とんちの絵本をお子さまの知育に上手に取り入れてみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

月刊科学絵本「かがくのとも」50周年記念『かがくのとものもと』

月刊科学絵本「かがくのとも」50周年記念『かがくのとものもと』

幼児向けの科学絵本「かがくのとも」が2019年に50周年を迎えました。記念出版本では、科学絵本の面白さや魅力、意味、親の寄り添い方がよくわかります。「なぜ...
文系ママでも読めた!プログラミング教育がわかるオススメ本4冊

文系ママでも読めた!プログラミング教育がわかるオススメ本4冊

2020年からはじまる小学校でのプログラミング教育必修化に向け、イベントやワークショップなど、プログラミングに関する学びの機会であふれています。でも、イマ...
今読みたい絵本がわかる!絵本好きがたどり着いた指南書3冊

今読みたい絵本がわかる!絵本好きがたどり着いた指南書3冊

絵本の探し方がわからない、何を選べば良いかわからない……。そんなときは、絵本紹介本が一番!今、読みたい絵本に親子でたどり着ける、とっておきの指南書3冊をご...
海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

海賊をもっと知りたい!ドキドキの冒険が楽しめる映画や絵本

子どもたちは海賊が大好き。ですが「海賊って何?」と聞かれると、わかりやすく説明するのは少し難しく感じます。そんなときは、海賊の生活がわかる本や映画を一緒に...
娘がハマった国・算・理・社の学習絵本【気づいたら娘が東大生】

娘がハマった国・算・理・社の学習絵本【気づいたら娘が東大生】

娘にはさまざまな絵本を与えてきましたが、中でも知的好奇心を育む学習絵本は、娘の学力を伸ばすうえでいろいろと役に立ったなと感じています。そこで、娘が特に気に...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。