2017年7月2日 公開

子連れでも安心!8月に行われる「七夕祭り」5選

「七夕祭り」は7月のイベントという印象が強いですが、実は8月に行われる七夕祭りも結構あるのをご存じでしょうか?8月なら、お子さまの夏休みにあわせて、家族でお出かけできますよね。そこで、8月に行われる七夕祭りのなかから、おすすめの5つをご紹介します。

1.狭山市入間川七夕まつり(埼玉県)

 (51615)

埼玉県狭山市で行われる「狭山市入間川七夕まつり」は、関東三大七夕祭りの一つに数えられます。七夕飾りで埋め尽くされた通りに数多くの屋台が出るだけなく、お子さまが見て楽しめるようなパレードやイベントもたくさんあります。

また、初日の夜に行われる「納涼花火大会」は、このお祭りの目玉イベント。昨年は、約2,600発が打ち上げられました。家族と一緒に、夜空を彩る美しい花火を楽しんでみてはいかがでしょうか。
【開催期間】
2017年 8月5日、6日
午前11:00~午後9:30(6日は午後9:00まで)

※納涼花火大会は、5日午後7:30~午後8:00

【開催地】
狭山市入間川七夕まつり
埼玉県狭山市 狭山市駅周辺

【アクセス】
・西武新宿線狭山市駅すぐ
・駐車場 あり

2.阿佐谷七夕まつり(東京都)

 (51616)

東京・阿佐谷で行われる「阿佐谷七夕まつり」には、毎年大勢の人が訪れます。このお祭りの名物は、商店街のお店などがそれぞれ手作りした「ハリボテ」。人気のキャラクターや話題の人物など、工夫をこらした大きなハリボテが並ぶので、お子さまとあれこれ話しながら歩くのも楽しそうです。

ただ、人気のあるお祭りなので、混雑必至。小さなお子さま連れにおすすめなのは、平日の昼間です。この時間帯であれば比較的空いているので、ベビーカーで回ることもできるでしょう。
【開催期間】
2017年 8月4日~8日

【開催地】
阿佐谷七夕まつり
東京都杉並区 阿佐ヶ谷駅周辺

【アクセス】
・JR阿佐ヶ谷駅すぐ
・東京メトロ丸ノ内線南阿佐ヶ谷駅すぐ

・駐車場 なし

3.仙台七夕まつり(宮城県)

 (54274)

8月に行われる七夕祭りで全国的に有名なのが、「仙台七夕まつり」です。

毎年200万人以上が訪れるため、混雑を避けるには午前中の早い時間帯を狙うとよいでしょう。小さなお子さまを連れていく場合は、抱っこひもを使用したほうがいいかもしれません。
自分で歩くことができるお子さまなら、仙台七夕まつりの象徴である、大きな「笹飾り」を見ながら、手をつないで一緒に歩いてみてはいかがでしょうか。

ステージではキャラクターのショーなどが行われ、お子さまが喜ぶイベントが満載です。
【開催期間】
2017年 8月6日~8日

【開催地】
仙台七夕まつり
宮城県仙台市中心部および周辺商店街
(2016年度の情報)

【アクセス】
・JR・仙台市地下鉄仙台駅すぐ
・駐車場 なし

4.安城七夕まつり(愛知県)

ファイル:安城七夕祭り.jpg - Wikipedia (51098)

愛知県安城市で行われる「安城七夕まつり」は、子連れに優しいお祭りです。

例年、華やかな竹飾りのほか、自由に願いごとを書くことができる短冊ロード、クラフトコーナーやアトラクションパークなど、親子で楽しめるイベントがたくさん行われます。

また、近くには「安城産業文化公園 デンパーク」という大きな公園があります。ローラー滑り台などの遊具が充実しているので、お祭りのあとに寄るのもおすすめです。
【開催期間】
2017年 8月4日~6日

【開催地】
安城七夕まつり
愛知県安城市 安城駅周辺
(2016年度の情報)

【アクセス】
・JR東海道本線安城駅すぐ
・名鉄西尾線南安城駅すぐ

・駐車場
近隣の有料駐車場を利用

5.橋本七夕まつり(神奈川県)

 (51618)

神奈川県相模原市で行われる「橋本七夕まつり」。会場では手品や大道芸など、お子さまが楽しめるパフォーマンスが多数行われるほか、大人向けのビアガーデンなどもあり、親子で満喫することのできる七夕祭りです。

また、授乳室やおむつ交換スペースのある大型スーパーやショッピングモールが近くにあるので、小さいお子さま連れのパパママも安心です。
【開催期間】
未定

【開催地】
橋本七夕まつり
神奈川県相模原市緑区 橋本七夕通りほか

【アクセス】
・JR横浜線・相模原線・京王相模原線橋本駅 徒歩1分
・駐車場
近隣の有料駐車場を利用

事前チェックをしっかりしてお祭りに出かけよう

ご紹介した七夕祭りは、どれも人気があるので多くの人が訪れます。しかし、比較的混雑の少ない時間帯や休憩所、トイレや授乳室の場所などを事前に確認しておけば、お子さま連れでも安心して七夕祭りを楽しむことができるのではないでしょうか。

8月の猛暑のなか行われるので、熱中症対策も忘れないようにしてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子連れで行ってみたい!仙台七夕まつり2017

子連れで行ってみたい!仙台七夕まつり2017

夏の一大イベント、七夕祭り。そのなかでも、最も有名なのが「仙台七夕まつり」ではないでしょうか。仙台七夕まつりは8月に行われるので、夏休み中のお子さまと訪れ...
子連れで行っても楽しめる、7月の「七夕祭り」5選

子連れで行っても楽しめる、7月の「七夕祭り」5選

7月のイベントといえば、「七夕祭り」です。でも「混雑しているから、子どもを連れて行くのは…」と躊躇している方も多いのでは?そこで、子連れで行っても楽しめる...
【西日本豪雨 子連れ避難所体験】災害時の心得や持ち物、日頃の備え

【西日本豪雨 子連れ避難所体験】災害時の心得や持ち物、日頃の備え

2018年7月の西日本大豪雨。被害の大きかった広島県在住の筆者は、夫と0歳、2歳、4歳の子どもを連れて避難所に一泊しました。子連れで避難所に避難するときの...
東海地方のおすすめ夏祭り4選|子どもも満足間違いなし!

東海地方のおすすめ夏祭り4選|子どもも満足間違いなし!

ちょうちんや七夕、太鼓や花火などが楽しい夏祭りは、お子さまにとっても楽しみなイベント。今回は数ある夏祭りの中から、東海地方で開催される夏祭りを4つ紹介しま...
折り紙で知育~七夕パズルの巻!親子で季節の行事を楽しもう!

折り紙で知育~七夕パズルの巻!親子で季節の行事を楽しもう!

知育玩具としてのパズルは定番ですが、買わないといけないものだって思っていませんか?パズルは買わなくとも、おうちにある折り紙で十分楽しめる上、知育にもつなが...

KEYWORDS

WRITER

takahashi takahashi  20代前半のママです。 みなさんのお役に立つ情報を発信できればと思います。