2019年06月06日 公開

一筆書きで遊びながら論理的思考力を鍛えよう【6つの作例つき】

ペンと紙さえあれば楽しめる「一筆書き」。論理的思考力を鍛えるのにも役立つ遊びです。シンプルなものからちょっと複雑なものまで6つの一筆書きを考えてみたので紹介します。移動中や待ち時間に子どもと遊ぶのにもぴったりですよ!

ペンと紙さえあれば楽しめる「一筆書き」。論理的思考力を鍛えるのにも役立つ遊びです。シンプルなものからちょっと複雑なものまで6つの一筆書きを考えてみたので紹介します。移動中や待ち時間に子どもと遊ぶのにもぴったりですよ!

一筆書きって?

一筆書きは文字通り、はじめから終わりまで途切れず後戻りせずイラストや図形を書く遊びです。

一筆書きにはいくつかルールがあります。

(1)はじめから終わりまで紙から筆記具を離さずに書く

(2)同じ線(一度通った線)は再びなぞることはできない

(3)線と線が交差するのはOK

筆記体も一筆書きのように見えますが、実は(2)のルールが当てはまらないので一筆書きとは異なります。

複雑な図形も一筆書きできるものが多くあります。一筆書きができるかどうかを見分けるコツは、図形を構成する点と線の交わりを見ることです。

偶点と奇点に注目

Photo by author (138689)

奇点は2つ。一筆書き成功の例
via Photo by author
Photo by author (138691)

奇点が4つ。一筆書き失敗の例
via Photo by author
点に集まる線が偶数本の場合は”偶点”、奇数本の場合は”奇点”と呼びます。

一筆書きができるのは、
・偶点だけでできている図形
・奇点の数が2個だけの図形
です。

”点と線”、”偶点と奇点”という言葉が出てくるので、算数の考え方にも通じますね。

一筆書きがどんなものかわかったところで、今回は書いていて楽しくなるような一筆書きのイラストを6つ紹介します。それぞれのイラストは、書くときは星マークからスタートしてくださいね!

STEP1:くるま

Photo by author (138694)

via Photo by author
まずは簡単な「くるま」です。見ただけですぐ描けると思います。

星マークのあるタイヤの左上からくるまの形を最初に描いて、最後にタイヤをぐるぐる描きましょう。

タイヤは写真のような描き方でも良いですし、フリーダイヤルのロゴのようにぐるぐる描いてもOKです。

車体の形を変えれば、新幹線や電車、トラックなどにも変身できそうです!一筆書きができたら、好きな形の窓やドアをつけても良いですね。

STEP2:ねこ

Photo by author (138696)

ねこ
via Photo by author
動物も一筆書きできます。かわいいねこを描いてみましょう!

左耳からスタートして山を2つ描いたら顔のパーツをぐるぐる描きましょう。

ヒゲは一筆では描けないので、お好みで付け足してくださいね。

STEP3:いぬ

Photo by author (138697)

いぬ
via Photo by author
もうひとつ動物シリーズ!いぬ好きな子どももきっと多いと思います。ねこよりもちょっと難しいですが、一筆書きにチャレンジ!

ねこと同じく左耳からスタート。三角のお鼻を忘れないでくださいね!お顔はねこよりも気持ち細長く。耳の形を山型にしてもOKです。

STEP4:ヘビ

Photo by author (138698)

ヘビ
via Photo by author
お次はヘビです。

スタートは、ヘビの下顎です。大きく開いた口を描いたら頭を通って、くねくねと体を描きましょう。最後に目から長く伸びる舌を描けば完成です!

STEP5:ぞう

Photo by author (138699)

ぞう
via Photo by author
次はぞうです。だんだん難しくなってきました。

まん丸の目からスタートして、ぞうの特徴である大きな耳、長い鼻を描きます。足を4本描いたらしっぽを描き、背中を通ってゴール。完成です!

耳は大きく描き、足は少し下の方を膨らませて丸みを帯びるように描くとかわいくなりますよ。

STEP6:おうち

Photo by author (138700)

おうち
via Photo by author
バージニア・リー・バートンの絵本『ちいさいおうち』をイメージした一筆書きのおうちです。 結構複雑そうですが、これも一筆書きできます!

屋根の右下からスタートして三角屋根と煙突を描きます。煙突がポイントです。おうち部分を四角く囲ったら目から鼻、口まで一気に描き上げます。

親子で一筆書きを楽しもう!

親子で楽しめる一筆書き遊びについて紹介しました。一筆書きは、迷路やパズルなどと同じく、推理力や判断力UPに繋がる遊びです。今回紹介したもの以外でも、好きなキャラクターなどを一筆書きで描けるか、親子で考えてみるのもおもしろいと思いますよ!

紙とペンがあればどこでも一筆書きができます。ぜひ親子で遊んでみてくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パソコンで学習

【小1体験談】探究学舎グローバルは英語で学ぶオンライン授業...

探究学舎が7月から開講した探究学舎グローバル(TANQ GLOBAL)。オール英語で探究学習ができるオンラ...
ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...
ピアノを弾く子供

子供がピアノを習うメリットとは?教室の選び方や費用を解説

東大生の多くが習っていたというピアノ。ピアノを習うメリットと教室の選び方、かかる費用やピアノ購入の必要性に...
オセロ

4歳娘とオセロに挑戦!ルールの教え方と知育効果を解説

ボードゲームの定番オセロ。幼児でも楽しめるのか、4歳娘と挑戦してみました。 子どもへのわかりやすいルールの...
雨水

【春の二十四節気】「雨水(うすい)」は草木が芽生える頃、2...

春の二十四節気、二番目は「雨水(うすい)」です。雪が解け、草木が芽ぶきはじめ、春の訪れを感じる頃です。雨水...

WRITER

秋音ゆう 秋音ゆう