2019年06月29日 公開

楽しくあやとり!「かんむり(冠)」の作り方

昔から変わらず人気の、あやとり。たった一本のひもで、多彩なものを表現できます。指先を使えば知能や集中力も高まります。今回はかんむりにトライしてみましょう!

昔から変わらず人気の、あやとり。たった一本のひもで、多彩なものを表現できます。指先を使えば知能や集中力も高まります。今回はかんむりにトライしてみましょう!

 (141428)

あやとりのひも

毛糸を使用します。長さは、手首からひじまでの長さの4倍くらいを目安にしましょう。太すぎたり細すぎたりしますと、小さなお子さまには扱いづらいので、適度な太さをお選びください。

「かんむり」の作り方

ひもを、両手の親指と小指にかけます。
右手・中指を、左手のひもに下から通します。
 (141408)

左手・中指を、右手・中指のひもの下から通します。
 (141407)

両手・親指のひもをはずします。
 (141406)

両手・親指を、奥から二番めのひもにひっかけてから、下にくぐらせます。
 (141405)

両手・親指を、奥から二番めのひもにひっかけてから、手前へ。
 (141404)

両手・親指の下の方のひもだけをはずします。
 (141403)

両手・小指からひもをはずします。
 (141402)

手首を倒して向こう向きにします。
 (141401)

親指をしっかり広げて、ひもをピンとはります。
 (141400)

できあがり

 (141427)

「かんむり」のポイント

むずかしいのは、手順の6番目(親指から、下の方のひもだけをはずす)だと思います。左右にひもを張って、両手の親指をゆっくり中央に向かって傾けながらはずします。片手ずつよりも、両手を同時に傾けていく方がはずれやすいようです。

まとめ

立派な王冠ができましたでしょうか。ひもをじょうずにはずすのはむずかしいですね。気持ちを集中させることで脳に適度な刺激を与えることもできます。まずは繰り返しながら手順を覚えることが大切。次になめらかに早くできるようにチャレンジしてみましょう。

できあがった冠は、パパやママ、お友だちの頭にそっと乗せてあげましょう。みんなで楽しく遊んでくださいね!

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

小学校受験オンライン発表

大きな変化があった2021年度小学校受験を振り返る(国立編...

小学校受験もコロナの影響を大きく受けましたが、私立小学校の変化以上に2021年度の受験で驚くべき変化が起き...

コロナ禍の影響は?2021年度小学校受験を振り返る(私立編...

新型コロナウィルスの影響が様々な業界に及んでいますが、小学校受験においても今までにない大きな変化がありまし...
パソコンで学習

【小1体験談】探究学舎グローバルは英語で学ぶオンライン授業...

探究学舎が7月から開講した探究学舎グローバル(TANQ GLOBAL)。オール英語で探究学習ができるオンラ...
ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...
ピアノを弾く子供

子供がピアノを習うメリットとは?教室の選び方や費用を解説

東大生の多くが習っていたというピアノ。ピアノを習うメリットと教室の選び方、かかる費用やピアノ購入の必要性に...

WRITER

MAWA MAWA