2018年6月25日 公開

ジョイントマットのおすすめ商品|素材別人気アイテム12選

赤ちゃんが寝返りやハイハイをし始めると、ジョイントマットの購入を検討するパパママが増えてきます。ジョイントマットにはどのような素材があり、どんな理由からおすすめされているのでしょうか?先輩パパママも使っているおすすめ商品とともに、その特徴をご紹介します。

ジョイントマットの基礎知識

赤ちゃんや小さなお子さまがいる家庭では、遊ぶためのプレイルームなどで見かけることも多いジョイントマット。そもそもジョイントマットとは、どういった目的で敷くものなのでしょうか?導入の前に知っておきたい基礎情報を見ていきましょう。

ジョイントマットとは?

ジョイントマットの多くは、EVA素材やポリエチレン発泡素材などでできており、一つひとつは小さなパズルのピースに似た形をしています。このパーツをいくつかつなぎ合わせて部屋に敷き詰めることで、大きなマットとして使用するものです。

パーツ同士は簡単につなぎ合わせることができ、使用する数によってスペースに合ったサイズへ自由に大きさを変えられます。マットの端は、サイドパーツを取りつけることでキレイな辺に整えることが可能です。

同じ色、同じデザインでそろえて統一感を出すのもよし、組み合わせ次第でお好みの配色を楽しむもよし。子どもの食べこぼしや、クレヨンなどで落書きをしてしまっても、汚れた部分だけを取り外し洗えるため衛生的です。

約30cm四方が定番ですが、なかには約60cm四方の大判サイズのものもあります。リビングなど広範囲に敷く場合には、こうした大判サイズが便利。ばら売り、あるいは複数枚がセットになったものから購入することになるでしょう。デザインの種類も豊富で、組み合わせ方によってはおしゃれなインテリアにもなると定評があります。

設置する目的

赤ちゃんがハイハイやつかまり立ちを始めると、嬉しい反面「転んだ拍子にフローリングに頭をぶつけてしまうのでは」とヒヤヒヤしてしまう方も少なくありません。

その点ジョイントマットは、一般的なマットよりも厚さがありクッション性に優れています。硬いフローリングの上に敷くことで、赤ちゃんを衝撃から守りケガの予防に役立つでしょう。リビングや子ども部屋など、赤ちゃんが生活するスペースに敷いておくと安心です。

マンションなどの集合住宅の場合、ジョイントマットが生活音を吸収するため、子どもが歩き始めるようになってからの防音対策にもなります。

素材別ジョイントマットの特徴とメリット

ジョイントマットの素材は、EVA樹脂、ポリエチレン発泡体、EVA樹脂の表面にコルク材の加工を施したものの3種類があります。それぞれのメリットとデメリットを見てみましょう。

EVA樹脂

EVA樹脂とポリエチレン発泡体はどちらもスポンジ素材。EVA樹脂はポリエチレン発泡体に比べて、柔軟性と弾力性に優れているのが特徴です。また軽量で耐久性にも長けており、燃やしてもダイオキシンが発生しません。

ただし、ポリエチレン発泡体よりも価格が高い傾向にあります。

ポリエチレン発泡体

EVA樹脂と同じくスポンジ素材で、クッション性があるため多くのジョイントマットに採用されています。価格は比較的手ごろなものが多いものの、弾力性や柔軟性に関してはEVA樹脂に劣るのが難点です。

コルク

ほかの素材にはない温かみ、サラリと乾いた肌触りが最大の特徴です。防音性と保温性に秀でているほか、上品な見た目も人気が高い理由のひとつ。

デメリットとしては、爪などで引っ掻くと表面がポロポロ剥がれてしまいやすい点と、防水加工が施されていない場合は水を吸収してしまうということ。コルクのジョイントマットを選ぶ場合は、防水加工の有無をチェックすることをおすすめします。

素材別おすすめ商品12選

素材別にジョイントマットのおすすめ商品をご紹介します。お買い物の参考にしてみてください。

EVA樹脂

商品名:極厚20mm 6畳用 ジョイントマット 大判60cm 32枚組 ベージュ×ブラウン
販売元:タンスのゲン

約2cmの厚みが赤ちゃんを衝撃から守ります。大判タイプなので、リビングなど広範囲に敷きたい場合におすすめです。ベージュ×ブラウンの落ち着いたカラーは、どんなインテリアにも馴染むでしょう。単色や組み合わせカラーの違うタイプもあります。

商品名:ジョイントマット 数字 パステル 32×32cm JTM-32(SUJ) 【10枚組】
販売元:アイリスオーヤマ

手ごろな価格でEVA樹脂素材のものを探している方におすすめです。厚みは約1cm。標準サイズの32cm四方が10枚セットになっているため、限られたスペースに敷きたい場合に適しています。

数字をくり抜くとパーツが細かく分かれるので、失くしてしまわないように注意しましょう。

商品名:3畳用 16枚 【滑りにくいジョイントマット】 ぴたっと ウッド 厚み10mm 大判60cm 木目タイプ
販売元:タンスのゲン

木目調のジョイントマットは、高級感があり落ち着いた印象に仕上がります。表面に防滑フィルムを施してあるため、靴下を履いていても滑りにくいのが特徴です。傷がつきにくく、水洗い可能なのでいつでも衛生的に使えるでしょう。厚みは約1cm。

商品名:ベビーフロアーマット ごろリンマットEX カプチーノ
販売元:HAPPINESS

マットの表面に滑り止め加工が施されたタイプです。隙間ができにくく、飲み物をこぼしても床まで垂れません。

色はやさしい色合いのカプチーノ。厚み1.4cmで、大人が寝転んでもほどよい柔らかさを感じられるでしょう。

ポリエチレン発泡体

商品名:ジョイントマット 厚め 12mm 8枚組 カラーマット ブルー×イエロー (ソーダ)
販売元:CBジャパン

ポップなカラーが子ども部屋に似合う、厚さ1.2cmのジョイントマットです。カラーバリエーションが10種類と豊富なので、好みのものを選べる点も魅力です。お手頃価格なので、「はじめてのジョイントマット」として試してみるのもいいかもしれません。

赤ちゃんだけでなくペットのいるご家庭の汚れ対策にもおすすめです。

商品名:ジョイントマット 木目 ライトブラウン 32×32cm JTM-32(WOD) 【9枚組】
販売元:アイリスオーヤマ

表面はPE素材、裏面がEVA素材の組み合わせでできた、厚み1cmのジョイントマットです。落ち着いた印象の木目調で、色はブラウンとライトブランの2パターン。インテリアの雰囲気を選ばず、どのお部屋にも使えます。

32cm四方の9枚入りなので、限られたスペースに敷く場合に重宝するでしょう。

商品名:ジョイントマット 30×30cm 54枚セット ピンク/ベージュ 極厚1.8cm JTMR-39
販売元:アイリスオーヤマ

セット内容が無地一色なので圧迫感がなく、部屋を広く見せてくれます。0.5畳・1畳・3畳とサイズの異なる3タイプで、厚みはどれも1.8cmです。

ピンクとベージュのリバーシブルタイプなので、気分を変えたいときは裏返すだけで模様替えが完了します。

商品名:ジョイントマット ふち付で端までぴったり【30×30cm】
販売元:stanza interior

アースカラーのジョイントマットが、子ども部屋を優しくおしゃれな印象にしてくれます。ノンホルムアルデヒドで、抗菌・遮音。床暖房にも対応しています。6色のカラーがセットになっているため、お好みの組み合わせて楽しんでみてください。厚さは1cmです。

コルク

商品名:安心の超低ホル コルクマット 45cm 大粒 6畳 48枚セット
販売元:タンスのゲン

大粒のコルクを使用しているため、敷くだけで高級感のある空間に仕上がります。厚み0.8cmで、カッターやハサミを使えば簡単にカットすることが可能です。低ホルムアルデヒド仕様なので、小さな赤ちゃんがいる家庭でも安心でしょう。

商品名:ジョイントマット コルク ナチュラル 31.5×31.5㎝ JTM-32(CRK) 【9枚組】
販売元:アイリスオーヤマ

31.5cm四方のマットが9枚セットになっています。コルクマットは夏に涼しく、冬は温かなのが特徴。快適なジョイントマットを探している方、特に安価なものから試してみたい方はこの商品がおすすめです。厚みは0.8cm。

商品名:ジョイントマット コルク 30×30cm 8枚組 粗目 ネオ
販売元:CBジャパン

表面のコルクにはポルトガル産のものを使用。厚みは0.8cmです。粒が粗目なので安っぽさがなく、ほかの素材にはない温かみを感じさせます。「コルクが細かめのほうが好み」という方は、シリーズでナチュレタイプも販売されているためそちらをチェックしてみましょう。

商品名:ノンホル やさしいコルクマット 約8畳分サイドパーツ レギュラーサイズ(30cm)
販売元:やさしいシリーズ

機能と見た目にこだわって選ぶなら、やさしいシリーズのコルクマットはいかがでしょう。床暖房・ホットカーペットに対応し、遮熱・防寒効果、さらに防音・防水にも優れています。

0.8cmの厚みは弾力性、クッション性も申し分なく、滑りづらいことからハイハイをしたがる赤ちゃんにもぴったりです。

使用にあたっての注意点

前述したようにジョイントマットの活用は、赤ちゃんはもちろんのこと、パパママにもたくさんのメリットがあります。ただし使用する際には、いくつかの注意点をおさえておかなければなりません。

まずジョイントマットは、赤ちゃんが転倒したときのケガ予防に役立ちますが、なかにはマット自体が滑りやすいものもあります。購入の際には、マットの摩擦性を確かめておくと安心です。

細かなパーツに分かれるマットの場合、パーツがなくなってしまうケースや、パーツのすき間に食べこぼしやホコリが溜まりやすくなるというデメリットも。衛生面を考えると、こまめなお手入れが必要です。

また床暖房やホットカーペットを導入しているご家庭は、対応可能かどうかをチェックします。対応していないアイテムは、熱で溶けて床を傷める原因にもなってしまうため、必ず対応表示のある商品を購入しましょう。

ジョイントマットを使って赤ちゃんに安全を

ケガの防止や滑り止め、サイズやカラーの自由度、衛生面など、ジョイントマットの魅力は山ほどあります。何より赤ちゃんの安全を守り、パパママが育児をしやすくなることは大きなメリットです。

ジョイントマットを上手く活用してハイハイ、つかまり立ち、たっちにあんよまで、安心して見守ってあげましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもがいるおうちにピッタリ!おすすめジョイントマット5選

子どもがいるおうちにピッタリ!おすすめジョイントマット5選

子どもがいるおうちで最近よく見かけるジョイントマット。実はジョイントマットには、メリットがたくさんあるんです。そこで今回は、ライフスタイルに合わせたジョイ...
英語は「絵辞典」を使って楽しく学ぼう!選び方やおすすめは?

英語は「絵辞典」を使って楽しく学ぼう!選び方やおすすめは?

2020年から小学生の英語が必修化されます。そのため、小さなうちから英語に親しませようと考えるパパママも多いでしょう。英語に親しむきっかけとして「絵辞典」...
知育玩具「積み木」のおすすめ10選!選び方や遊び方も紹介

知育玩具「積み木」のおすすめ10選!選び方や遊び方も紹介

積み木には子どもの想像力・創造力を育てるなど、嬉しい効果が期待されています。しかし、ひと口に積み木といってもその種類はさまざま。こちらでは商品の選び方と年...
おすすめ立体パズル5選「数学的センスを遊びながら育てよう」

おすすめ立体パズル5選「数学的センスを遊びながら育てよう」

物事を柔軟に考えられる「数学的センス」を磨くなら、立体パズルがおすすめです。楽しく遊ぶうちに集中力・直観力・空間認識力などを伸ばすことができます。立体パズ...
おもちゃの掃除機おすすめは?人気商品5選

おもちゃの掃除機おすすめは?人気商品5選

パパママが掃除をしている様子に、子どもは興味津々。真似っこしたがりますが、本物の掃除機を子どもに与えるには気が引けます。そこで活躍するのが、おもちゃの掃除...

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー