2017年9月22日 公開

外遊びができない雨の日に♪室内で体力を使う5つの楽しい遊びかた

毎日エネルギーいっぱいの子どもたち。子どもが元気なのは嬉しいことには違いないのですが、雨の日はその有り余る元気に困ってしまうことも……。外遊びができない日でも夜ぐっすり眠れるように、楽しく身体を使った5つの遊びをご紹介します。

足じゃんけんでも楽しめる「あっち向いてホイ」

Free photo: Foot, Child, Tranquility, Rest - Free Image on Pixabay - 2629793 (64146)

場所を選ばない定番のじゃんけん遊び「あっち向いてホイ」。

単純な動きですが、子どもはもちろん、時は大人まで夢中になってしまうことも……。スピードが出て盛り上がってくると、思いのほか身体を使う遊びです。

さらに運動量を増やしたいときは「あっち向いてホイ」のじゃんけん部分を足じゃんけんにして遊んでみませんか?足でじゃんけん、腕で方向を指差し、頭を動かすという全身運動の遊びに変身します。

室内でも大丈夫!「クモ鬼ごっこ」

はいはいで歩く息子を見守る夫婦|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (64151)

鬼ごっこといえば、今も昔も子どもの大好きな遊びの代表選手です。その鬼ごっこを雨の日に室内で……となると「ちょっとかんべんして欲しい」というのが正直なところ。そこで、狭い空間でも走り回らずにできる鬼ごっこのバリエーション「クモ鬼ごっこ」をご紹介しましょう。

これはクモのような形、つまりお腹を上にむけた四つんばいで行う鬼ごっこです。手でタッチするのが難しい場合は、足でタッチするルールにしてもかまいません。クモの形が難しいときは、普通のハイハイの形での鬼ごっこで挑戦しましょう。

自分の作った折り紙で遊ぶ「手裏剣キャッチ」

折り紙の手裏剣|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (64156)

雨の日だからこそ静かに集中できる折り紙遊びと、身体を使った遊びの両方が楽しめる「手裏剣キャッチ」。

まずは子どもと一緒に折り紙で手裏剣を作りましょう。できあがったら普通に投げるだけでも楽しいですが、1人が投げてもう1人がお皿でキャッチすればさらにエキサイティング!お皿は落ちても大丈夫なように、紙かプラスティック製がおすすめです。

最初は短い距離からはじめ、上手くお皿でキャッチできたら距離を少しずつ伸ばしていき、記録に挑戦してみましょう。

いつものお部屋が大変身!「おうちDEキャンプ」

Free photo: Child, Medieval Market, Tent - Free Image on Pixabay - 697019 (64160)

退屈な雨の日の雰囲気を吹っ飛ばすような楽しい気分になれる「おうちDEキャンプ」。いつものお部屋にテントを作り、キャンプごっこを楽しんでみませんか?

テントを持っていなくても大丈夫。シーツや大きめのバスタオルと、椅子や机などを使ってお部屋の中にテントを作ってみましょう。食事はお弁当仕様にして、ビニールシートを床にしいて食べます。

夜になったらキャンプ気分を盛り上げるために電気を消して、ランタンや懐中電灯などを使うと雰囲気がアップします。

ワクワク楽しい「宝探し」

Free photo: Child, Eye, Kid, Face, Little, Cute - Free Image on Pixabay - 646201 (64163)

小さな幼児から小学生まで、子どもなら誰でも楽しめる「宝探し」。逆に子どもがモノを隠して、大人が宝探しをしてみるのも面白いでしょう。

宝探しのポイントは、舞台を設定することです。たとえば小さな子ども向けには、おうちは海ということにし、折り紙で作った魚などを適当なところに隠します。

文字が読めるようであれば、おうち全体を一つの島にみたててみましょう。隠してある紙を見つけ、指令に従って次の紙を見つけるのを繰り返し、最終的に目的の宝物にたどり着くよう準備します。

雨の日が待ち遠しい!

今回ご紹介した5つの遊び。晴れている日にはできれば控えて、雨の日だけのとっておきの遊びにしておくのがおすすめです。

たとえば「宝探しまたやりたい!」と言われたときには「今度雨の日にね」と答えましょう。そうすれば退屈な雨の日は、子どもにとって「あの遊びがまたできる」という待ち遠しい日に変身します。お気に入りの遊びを見つけて、家族で雨を楽しみましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもがぐっすり眠れるために取り入れたいコツと工夫

子どもがぐっすり眠れるために取り入れたいコツと工夫

子どもには、昼は元気に遊んで夜はぐっすり眠ってもらいたいもの。でもうまくいかないこともありますよね。夜ぐっすり眠れるよう、昼の遊び方、夜の過ごし方など見直...
雨でもへっちゃら!子どもと楽しむ雨遊びとは

雨でもへっちゃら!子どもと楽しむ雨遊びとは

たとえ天気が悪くても、子どもたちは元気いっぱい。とはいえ、雨が降っている日は、いつものように外で駆け回ることができません。そんなときは、雨の日だからこそで...
親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

親子でお手紙交換と交換日記!【体験談】学んで成長した記録を保存まで

家族のきずなを深める新ブランド「kazokutte:カゾクッテ」が学研ステイフルから新登場。親子で手紙や日記をやり取りし、保存できる第1弾シリーズを実際に...
子どもにスマホを与えるときに注意しておきたいトラブルと対策

子どもにスマホを与えるときに注意しておきたいトラブルと対策

内閣府の平成28年度調査で、小学生の子どものスマホ保有率が50%を超えました。正しく使えば便利なスマホですが、注意して使わないとトラブルの要因ともなります...
家でスマホやゲームで遊ぶのが好きな小中学生!でも本当は…!?

家でスマホやゲームで遊ぶのが好きな小中学生!でも本当は…!?

現代の子どもが、どこで、どんな遊びをしているのかを調査するため、バンダイは、2018年3月に小中学生の親を対象にアンケートを実施。すると、遊びに関する年代...

KEYWORDS

WRITER

Mariko.K Mariko.K  大学卒業後、大手雑誌社広告営業、進学塾講師を経て、結婚を期に2000年よりスペイン在住。マヨルカ島にてスペイン人の夫、中学生の娘と暮らす。バレアレス州立音楽学院高等部でパイプオルガン専攻中。東京都出身。