2017年8月11日 公開

自宅でも簡単にできる!想像力を育むアート【コラージュ】

子どもの想像力を育むため、おうちアートはさせたいけれど、準備や後片付けが大変!なので、「自宅ではちょっと……」と、ためらっているパパママも多いのでは?今回は、絵の具や色鉛筆などで家が汚れる心配なし!身近な材料で簡単にできるアート【コラージュ】について作例とアイディア付きでご紹介します。

【コラージュ】とは?

 (59101)

Lordn / Shutterstock.com
コラージュとは、簡単にいうと【貼り絵遊び】。絵や写真などを切り抜き、画用紙などの紙に貼付けて作品を創作する表現技法です。

フランス語で「Collage(コラージュ)」といい、もともとは「のりなどで貼付ける」という意味を表す「Coller(コレ)」という動詞に由来する言葉。

筆者の住むフランスでも人気で、1歳ぐらいの小さい子から大人まで、幅広い年齢層に楽しまれている技法です。

汚れる心配なし!簡単、短時間でできる!

 (59102)

NadyaEugene / Shutterstock.com
子どもに絵の具やペン、色鉛筆を使ったアートをさせる時、机や床、壁などが汚れないように気を付けなくてはならなかったり、後片付けや掃除が大変だったりしますよね。

しかしコラージュなら、基本的に紙とのりがあればOK。汚れることも少なく、後片付けも簡単です。

そして、切って貼るだけなので、早ければ5分や10分などの短い時間ですることも可能。気軽に楽しめるのもメリットです。

材料は何でも!

 (59103)

Poznyakov / Shutterstock.com
コラージュの台紙は子どもが貼りやすいように、可能であれば大きめのもの(A3以上)で、ちょっと厚手の紙を選ぶことをオススメします。「子どもが自由な発想でコラージュする」という意味でも、大きめの台紙の方が向いています。

貼付ける材料は、基本的に紙や絵、写真などが多いですが、制限はありません。

公園で見付けた落ち葉、折り紙、いらない布の切れ端、粘土などなど、身近なものを材料にしてももちろんOK!

「これを使ってコラージュできるかな?」と、子どもと一緒に材料選びから想像力を使ってみると、ますます楽しくなるかもしれませんよ!

また、ハサミを使用させるのが危険な小さいお子さんとコラージュをする場合は、親があらかじめ切っておいてあげるか、手でちぎるようにすると良いでしょう。

想像力を使って、自由に!

コラージュに決まりはナシ!
シンプルなものでも、たくさんの素材と色がごちゃ混ぜになったものでも、動物や自然をかたちどったものでも、意味が分からないようなものでも、想像力に任せてつくり上げることが大切です。

【例】カラフル象さん

無料の写真: 象, いじり, 美術・工芸の仕事, 動物, 多様性, バリエーション - Pixabayの無料画像 - 684600 (58023)

ところどころペイントをし、異なる色の正方形の紙を貼付けた、カラフルな象さんのコラージュ。

【例】紅葉

無料の写真: 葉, カラフル, 秋, コラージュ, 紅葉, 自然, 色, 秋の色 - Pixabayの無料画像 - 1875039 (58024)

公園などで拾える落ち葉を使ったコラージュ。落ち葉を好きな色に塗って貼っています。

【例】ツリー

FreeImages.com/Roger Hall (57675)

FreeImages.com/Roger Hall
枝や落ち葉、綿や貝殻など、さまざまな素材を集めたツリーのコラージュ。

【例】簡単ひよこ

Photo by author (58006)

via Photo by author
こちらは筆者の1歳半の息子がつくった【ひよこのコラージュ】。

基本の材料は黄色い画用紙と先を黒く塗った綿棒2本。フェルトを切って目とクチバシを、ポンポンボールで羽根を付け加えました。簡単にできるので、小さいお子さんと一緒にやってみるのにオススメです。

コラージュの効果

 (59104)

Poznyakov / Shutterstock.com
コラージュは、グラフィックに構成するアート。なので、子どもが自分の頭で考えていることを実際に目に見えるかたちに具現化する力、自分の考えを整理する力を育てることができます。

また、貼付ける動きをすることで、指先の力の発達を促します。そして、さまざまな色や形の素材を使うことで、色彩感覚やかたちを認識する力を養います。

簡単にはじめられて、子どもの成長・発達に欠かせない力が身に付けられるコラージュ。ぜひ試してみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

ビー玉で絵を描こう!2歳・7歳とコロコロアートをやってみた

ビー玉で絵を描こう!2歳・7歳とコロコロアートをやってみた

お絵かきが大好きなわが家の長女(7歳)と次女(2歳)。いつもはペンやクレヨンでお絵かきを楽しんでいますが、「ビー玉を転がして絵を描く」という方法があると知...
【材料は100均!】親子でおうちアートの「折り染め」(紙染め)に挑戦!

【材料は100均!】親子でおうちアートの「折り染め」(紙染め)に挑戦!

和紙染め・折り染め、または染め紙や紙染めとも呼ばれる制作遊びご存知ですか?小さい頃幼稚園や保育園、小学校でやった方も多い筈。やり方は簡単!おうちでも簡単に...
宣伝用うちわを利用!夏の思い出写真をステキに飾ろう!

宣伝用うちわを利用!夏の思い出写真をステキに飾ろう!

お祭りや街頭でもらったうちわ、夏の終わりにはゴミ箱にポイ……ではなく、わが子の写真を貼って、オリジナルうちわをつくりませんか?とっても簡単にできて、見栄え...
ねんど遊びに絵本や図鑑を取り入れよう!

ねんど遊びに絵本や図鑑を取り入れよう!

知育教材としてぴったりなねんど遊び。独特な感触に慣れ親しんだら、何か作品づくりに挑戦したいですよね。とはいえ親の方の発想がネタ切れになることも……。そんな...
おうちで簡単!デカルコマニー(転写画)をやってみた

おうちで簡単!デカルコマニー(転写画)をやってみた

デカルコマニーは、フランス語で「転写画」を意味します。紙に絵の具などを塗り、絵の具が乾く前に紙を2つ折りにしたり、別の紙を押しつけたりする描画技法のことで...

WRITER

早野沙織 早野沙織  在仏3年目、フランス人旦那と二児(2歳と0歳男児)とアルプス地方グルノーブル市在住のママライター。慶応義塾大学法学部卒業。現地から日本ではあまり知られていないフランスの地方事情をお届けします!