2018年7月10日 公開

武田美穂さんの「子どもを本好きにする」おすすめ絵本5選

武田美穂さんは「ますだくんシリーズ」「ハンバーグハンバーグ」等でおなじみの絵本作家です。太い線の輪郭で描かれる明るい絵柄は、字が読めない小さな子も引き込まれるはず。子どもの共感力を伸ばし、思いやりの心を育てる武田美穂さんのおすすめ絵本5選のご紹介です。

武田美穂さんはどんな人?

 (96457)

武田美穂さんは1959年生まれ、東京都出身の絵本作家。『となりのせきのますだくん』『きょうはすてきなおばけの日!』などが代表作として知られています。

太い輪郭で描かれた、明るい親しみやすい雰囲気のキャラクターと、まるで子どもが自由に塗った塗り絵のようなカラフルな色使いが特徴的です。

映画製作者であるお父様と、女優のお母様に育てられた武田美穂さん。”父母が表現者である家庭環境”も独特の絵柄と力強く心に響く文章の基になったのかもしれません。

短い文章・巧みな擬音で心理・情景をストレートに伝える作風は乳幼児から楽しめます。

デビューから現在まで

日本大学芸術学部油絵科で学んだ後、図書館アルバイトを経験しながら絵本作家を目指します。1987年に『あしたえんそく』でデビューし、クレヨンハウス絵本大賞の最優秀賞に選ばれました。

デビューからわずか4年、1991年発表の『となりのせきのますだくん』が絵本にっぽん大賞・講談社出版文化賞・絵本賞を受賞します。この作品は1992年度青少年読書感想文全国コンクールの課題図書にも選ばれ、彼女の代表作となりシリーズ化します。

その後も『きょうはすてきなくらげの日!』『ありんこぐんだん わはははははは』など子どもの好奇心と想像力を刺激し、共感できる作品を生み出し続けています。

真っ直ぐな心が伝わる「となりのせきの ますだくん」

 (96313)

タイトル:となりのせきのますだくん
著者  :武田 美穂 (作・絵)
出版社 :ポプラ社

小学一年生のみほちゃんは隣の席のますだくんがこわいので、学校に行きたくありません。ますだくんは毎日からかってきたり、いじわるを言ってくるのです。

みほちゃんはますだくんを恐ろしい”かいじゅう”みたいに感じています。作品中のほとんど場面で、ますだくんがかいじゅうの姿で描かれているのはそのためです。

ある日、大切な鉛筆をますだくんに折られてしまったみほちゃん。怒りのあまり消しゴムを投げて、ますだくんにぶつけてしまいます。

「気になる女の子にちょっかいを出して、嫌われてしまう。本当は仲良くなりたいのに……」素直になれない男の子の不器用さと優しさが描かれています。

気持ちの伝え方・思いやりの気持ちについて考えさせられる作品。みほちゃんがますだくんの優しさに気づいた時、彼は普通の人間に描かれています。親子で温かい気持ちになる結末です。

食材のイラストと調理の擬音にゴクリ「パパ・カレー」

 (96317)

タイトル:パパ・カレー
著者  :武田 美穂(作)
出版社 :ほるぷ出版

パパがカレーを作る様子をひたすら追う絵本です。レシピ本のような一冊ですが、そのシンプルさが子どもの心をひきつけます。

人物が描かれず、パパの手・食材・食器・調理器具にクローズアップされた絵面は臨場感たっぷり。力強いタッチの絵柄と「ごろごろ ジュー」などの擬音のコンビネーションが絶妙で、食欲がそそられます。

隠し味のバナナ、大きめ野菜が”男の料理”を感じますね。ママではなくパパが作るカレーのワクワク感が伝わる、美味しい絵本です。

子どもの想像力をユーモラスに描く「こわいドン」

 (96326)

タイトル:こわいドン
著者  :武田 美穂 (作・絵)
出版社 :ポプラ社

こわがりやの「ぼく」は、こわいものだらけ。冷蔵庫の音・壁のしみ・電気のかさ等、あらゆるものが何だか恐ろしく、おばけのように思えてしまいます。

そんなぼくのこわがる気持ちが極限に達した時、かいじゅう「こわいドン」が現れます。こわくてこわくて我慢できないぼくは、かいじゅう「ないちゃうドン」に変身。ないちゃうドンはこわいドンとどう向き合うのでしょうか?

家の中でも暗い場所・誰もいない部屋で「壁のしみが顔に見える」「影が揺れて見える」と感じ、恐怖心を抱く子どもは多いですよね。パパママも小さい頃は同じだったのではないでしょうか。

何でも怖がりビクビクするぼくの姿に、共感しエールを送りたくなるはず。1人寝デビューの子にもおすすめです。

譲る気持ちを育む「ごいっしょに どうぞ」

 (96329)

タイトル:ごいっしょに どうぞ
著者  :くすのき しげのり(作)、武田 美穂(絵)
出版社 :廣済堂あかつき

すくすくようちえんから、喧嘩する声が聞こえています。
「ぼくが きのうから よんでたんだよ!」
「きょうは わたし!」
しゅんくんといくちゃんが1冊の本を取り合っているのです。一歩も譲らない二人は本を引っ張り続けます。

本が破れそうになり、しゅんくんは思わず手を離してしまいます。倒れたいくちゃんは大泣き。周りに友達が集まってきて、しゅんくんを責め始めます。それを見ていたゆき子先生がとった解決策は……?

先生はどちらも責めず、二人が取り合いする様子を真似ることで子ども達に気づかせます。しゅんくんといくちゃんは仲直りして、一緒に本を読めるように。

人を思いやり、譲ることは「負けることではない」と教えられる作品です。

武田美穂さんの描く表情ゆたかな絵が、お話をしっかりと子どもたちの心に届けます。

子どもの短所を優しく励ます「わすれもの大王」

 (96333)

タイトル:わすれもの大王
著者  :武田 美穂
出版社 :WAVE出版

先生から呼ばれて注意をされてしまうほど、忘れ物の多いけんたくん。クラスメイトの発案で忘れ物をした数を棒グラフにすることになります。友達がサポートしてくれるのですが、けんたくんのグラフはどんどん伸びていき、ついには「わすれもの大王」と呼ばれるように。

一方隣のクラスには「わすれもの大社長」が現れて、クラス対抗わすれもの競争になっていきます。「わすれもの大王」VS「わすれもの大社長」の決着はいかに。

忘れ物が多いことは短所として先生・親から注意されるのが当たり前ですが、この絵本の世界では「忘れ物が多いことがステータス」になっています。

忘れ物をすることを賞賛するクラスメイト、忘れ物が減ったことを褒めてくれる女子……。ナンセンスなストーリー展開とけんたくんの揺れる心が子どもをストーリーに引き込みます。

ラストに「わすれもののしかたをわすれてしまう」けんたくん。子どものできない・苦手な部分は長い目で見守ってあげたいな、と感じさせられます。

読書の習慣を”親子で共感できる絵本”から始めよう

武田美穂さんの作品には、子どもの喜怒哀楽があふれています。子どももひとりの人間で、さまざまなことを感じ悩み、一生懸命生きていることが良く描かれています。パパママは子どもと一緒に読むことで、子どもの頃の感情を思い出すことでしょう。

親子で共感しながら読むことができる、読み聞かせ向きの作品が多いので、コミュニケーションを取りながら、読み聞かせ時間を楽しみましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

恐竜好きには知育効果がたくさん!好きを極めるきっかけにも!

恐竜好きには知育効果がたくさん!好きを極めるきっかけにも!

お子さまが恐竜に興味をもったら、親子で思い切り楽しんでください!はじめは、こんなこと将来何の役に立つの?なんて思った筆者ですが、息子たちの興味に圧倒され、...
絵本『おさるのジョージ』と『ひとまねこざる』の違いとは?

絵本『おさるのジョージ』と『ひとまねこざる』の違いとは?

『おさるのジョージ』と『ひとまねこざる』といえば、子どもたちはもちろん、パパママ世代からも人気の高いシリーズ絵本です。この2作品には絵柄・文体・表記などに...
牛乳の絵本で牛乳嫌いを克服!食育にも役立つ牛乳の絵本5選

牛乳の絵本で牛乳嫌いを克服!食育にも役立つ牛乳の絵本5選

「牛乳が好きではない」というお子さまは多いのでは?しかし、牛乳はカルシウムをはじめとする栄養素が豊富なので、「できれば飲んでもらいたい」と感じているパパマ...
読みきかせするとママも元気になる!おすすめ絵本5選

読みきかせするとママも元気になる!おすすめ絵本5選

子育て、家事、仕事、やることがたくさんであっという間に1日が終わってしまうママ。絵本の読み聞かせをする気力がないときもあるでしょう。そんなママたちの心に優...
LOA
せなけいこさん作「おばけえほんシリーズ」で昔話の世界を満喫

せなけいこさん作「おばけえほんシリーズ」で昔話の世界を満喫

「昔話は親しみが持てない」と感じているお子さまもいるのではないでしょうか。そんなときは、せなけいこさんの「おばけえほんシリーズ」を読んでみては?昔話などが...

KEYWORDS

WRITER

aotanaoao aotanaoao  小学1年生の娘を育てる兼業主婦です。遊びながら知育できることを日々模索中。 英会話教材、学習テキストを使ってマイペースで家庭学習を楽しんでいます。