2018年9月14日 公開

3〜4歳差のきょうだいは仲良く遊べない!?楽しく遊ばせるためのコツとは

3〜4歳差があるきょうだいは、仲良く遊べないのではと心配する方も多いのではないでしょうか?微妙な年齢差で、遊びたい内容が違ったりおもちゃの取り合いになったりすることも少なくありません。3歳差で兄と弟を育てる筆者の経験も踏まえつつ、遊び方のコツを紹介します。

3〜4歳差のきょうだいで遊ぶときの悩み

 (113823)

Sharomka / Shutterstock.com
3~4歳差のきょうだいだと、やりたい遊びが違い、ケンカになってしまうこともありますよね。お互いが持っているおもちゃが気になって、取り合いになってしまうこともよくあることです。

下の子がまだ小さいと、上の子が遊んでいるおもちゃに手を出してしまいケンカに。しかも、ルールをまだ守れない下の子に、お兄ちゃんお姉ちゃんの怒りが大爆発してしまう……なんてことも。3〜4歳差のきょうだいは、遊んでいるだけでトラブル続出です!

3〜4歳差のきょうだいの上手な遊ばせ方は?

 (113822)

Koltsov / Shutterstock.com
やはり、3〜4歳差のきょうだいは、一緒に遊ばせることが難しいのでしょうか?

上手に遊ぶコツは、シンプルな遊びを選ぶこと。シンプルな遊びは、自由度も高く、楽しみ方の幅も広いため、年齢に関係なく遊べることが多いので、おすすめです。

上の子が退屈したり、下の子がうまく遊べなかったりなど、きょうだいで遊ぶときに起こりがちな悩みも少なくなりますよ。

積み木やブロック

 (113824)

Marko Poplasen / Shutterstock.com
積み木やブロックは、赤ちゃんのころから大きくなっても楽しく遊べるおもちゃの定番。

少し大きくなると、見立て遊びのおもちゃとしても活躍します。成長するにつれて、高く積み上げたり、自由な発想で表現したりなど、年齢を問わず遊べるおもちゃの代表です。

上の子は、複雑に組み合わせてお城や車を作ったり、下の子はそのままのピースを電車に見立てたり。子ども自身に合わせた遊び方ができるのも、積み木やブロックならではですね。

身体を動かす遊び

オニごっこやかくれんぼなど、身体を動かす遊びなら、おもちゃの取り合いにもなりません。また、ルールもわかりやすいので、年齢差のある子どもたちにおすすめです。

身体を動かすだけで、子どもたちは楽しく遊べちゃうもの。ママやパパがオニの役をすれば、子どもたちに連体感が生まれ、仲良く遊んでくれます。

お絵かき

 (113825)

Denys Niezhientsev / Shutterstock.com
お絵かきも、きょうだいで楽しく過ごせる遊びのひとつ。それぞれにお絵かき帳を用意してあげましょう。色鉛筆やクレヨンは、取り合いにならないように、同じ色を何本か準備してあげるとよいですね。

ときには大きな模造紙を用意して、二人で紙いっぱいにお絵かきするのもいいかもしれません。その際は、汚れてもよい服に着替えて、思いっきり楽しませてあげるのがポイントです。

3〜4歳差のきょうだいを遊ばせるポイント

 (113828)

Christin Lola / Shutterstock.com
3〜4歳差のきょうだいを楽しく遊ばせるポイントは、パパママが平等に接するということ。一緒に遊ばせていると、無意識のうちにお兄ちゃんお姉ちゃんに我慢させていることも多くあります。ケンカをしたときも、つい下の子ばかりをかばってしまうことはありませんか?

しかし、それでは上の子は一緒に遊ぶのは楽しくないですよね。お兄ちゃんお姉ちゃんをおざなりにせず、フォローも忘れないことで、年齢差のあるきょうだいも楽しく遊べるようになります。

3〜4歳差のきょうだいでも楽しく遊べる

 (113829)

ValeryMinyaev / Shutterstock.com
年子や2歳差は、遊ぶ内容も似ているため仲良く遊べ、また5歳以上離れていると上の子が面倒を見てくれる関係になってくれそう……。だからといって、3〜4歳差だと仲良く遊べないわけではありません。それぞれのきょうだいなりに、楽しく遊ぶ方法が必ずあるはずです。

筆者の子どもたちも、一緒にレゴブロックで何かを作ったり、お絵かきをしています。ケンカしてるなあと思ったら、二人の真ん中にレゴの入ったボックスを置くと、いつの間にか、二人で何か作りはじめていることもよくあります。

シンプルな遊びなら、それぞれの子どもたちの成長や興味に合わせた遊び方が可能です。年齢差はあまり気にせず、子どもたちが楽しく遊べる方法を見つけてみましょう!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

兄弟げんかの仲裁はどうすればいい?ポイント&注意点

兄弟げんかの仲裁はどうすればいい?ポイント&注意点

「お兄ちゃんがー!」「〇〇ちゃんがー!」兄弟げんかは仲裁する親も、へとへとに疲れてしまいますよね。どこから親が介入すべきなのか、どうやって仲直りをさせたら...
兄弟育児のポイント&長く遊べるおもちゃ3選

兄弟育児のポイント&長く遊べるおもちゃ3選

同性や異性、年の差など、兄弟のパターンは家庭によってさまざまです。兄弟それぞれに対してどんな風に接したらいいのか悩んでいるパパママは多いかもしれませんね。...
兄弟喧嘩が起きたときに親に必要な対応とは?仲裁時の注意点

兄弟喧嘩が起きたときに親に必要な対応とは?仲裁時の注意点

毎日のように繰り返される兄弟喧嘩に、疲れてしまっているパパママも多いのではないでしょうか。兄弟喧嘩に親はどのように対処すれば良いのでしょう?兄弟喧嘩の持つ...
姉妹育児のリアルレポート~姉妹はライバルであり友だち

姉妹育児のリアルレポート~姉妹はライバルであり友だち

女の子は育てやすいとよくいわれますが、どんな点が育てやすいのでしょうか?女の子はよい面もありますが、もちろん難しい面もあります。実際に4歳差の2人姉妹を育...
一姫二太郎「育てやすい」は本当?経験者のホンネ

一姫二太郎「育てやすい」は本当?経験者のホンネ

第一子が女の子の場合、「一姫二太郎だから次は男の子がいいわね」といわれることはありませんか?その意味は?「一姫二太郎は育てやすい」というのは本当?まさに一...

WRITER

みすみぞのいずみ みすみぞのいずみ  九州在住、フリーランスのライター。 2012年と2014年生まれの2男児の母です。産後、慣れない育児と家事を必死に両立させようとする中で、モノを減らした暮らしの快適さに気づきました。少ないモノで暮らしたい私と、たくさんおもちゃが欲しい子どもたちとのせめぎ合いの日々です。