2016年10月30日 公開

ほかほかでおいしい!おうちで焼きたてパンを作ってみよう!

パン屋さんから流れてくるいい匂い。焼きたてのパンって、ふかふかでついつい食べ過ぎてしまいますよね。もしご自宅にオーブンがあるのなら、お子さまと一緒においしいパンを手作りしてみませんか。思ったよりも簡単にできる、そんなパンのレシピをご紹介します!

パン屋さんから流れてくるいい匂い。焼きたてのパンって、ふかふかでついつい食べ過ぎてしまいますよね。もしご自宅にオーブンがあるのなら、お子さまと一緒においしいパンを手作りしてみませんか。思ったよりも簡単にできる、そんなパンのレシピをご紹介します!

まずはチェック!道具の準備をしましょう

 (25661)

 (25662)

パン作りって面倒に思われるかもしれませんが、それほど特別なものは使いません。

・オーブン、電子レンジ
パンを焼くのにオーブンを使用します。また、今回のレシピでは生地を発酵させるときに電子レンジを使います。

・ボール
材料を混ぜるときに使います。

・敷物
お子さまと一緒に作るなら、かなり粉がちらばります。下に何か敷いた方がいいかも。

他には、レシピによっては泡だて器やゴムべらなどを使うこともあります。作る前にレシピをチェックして、レシピにあった道具を準備してくださいね。

簡単!時短!ふわふわの白いパン

 (25665)

それではさっそくパン作りをはじめましょう。今回のレシピでは、泡だて器とゴムべらも使用します。
【材料】(6個)
☆強力粉 200g
☆塩 3g
★牛乳 150cc
★砂糖 15g
★バター(マーガリン) 15g
ドライイースト 4g
作り方は
1.ボールに強力粉と塩を入れ、泡だて器で混ぜます。牛乳、砂糖、バターを耐熱皿に入れて、500Wで40秒加熱し撹拌します。イーストを入れよくふやかせます。
2.粉に液体をまんべんなくかけて、ヘラで切るように混ぜます。
3.適当に丸めたら、ラップをしてレンジ200Wで30秒加熱します。過熱後は暖かい場所に15分位放置します。
4.2倍位に生地が膨らんだら伸ばして、全体を優しく押してガスを抜きます。そのあと6等分にカットします。(べとつくようであれば打ち粉をしながらカットしてください。)
5.三角の角を引きながら折込みます。さらに折込みながら空気が入らないよう丸めます。
6.ラップしてレンジ200Wで30秒加熱し、濡れ布巾を乗せて発酵機能で(35度位の暖かい場所にラップをかけてもOK)15分位放置します。
7.オーブンを180度で余熱します。生地が膨らんだら茶こしで粉をふります。
8.160度で12~15分位焼きます。あら熱を取ったらできあがり!(オーブンにより焼き加減は調節してください)

比較的簡単で、こねる工程もないので短い時間で焼きたてふわふわの白いパンができあがります。
お子さまには、生地を折り込んでもらったり、茶こしで粉をふってもらったり、パパママと一緒に作れますね!

ちょっとひと工夫、アレンジいろいろ!

 (25670)

白パンにチャレンジしてみたら、次はちょっとひと工夫してまた別のおいしさを楽しみませんか。中に入れるものをいろいろ用意してみましょう。
レーズンやくるみなら、スーパーですぐに手に入ります。チーズは冷蔵庫に入っているご家庭も多いのではないでしょうか。ソーセージを入れてもおいしいですね。コーンは子どもも大好き!
甘いものがお好きなら、チョコチップもおいしいですね。あんこなら、お店によっては100円ショップで売られています。

家族それぞれの好みのパンに挑戦してみてはいかがでしょうか。

地道なくまさんに好感『パンやのくまさん』

タイトル:パンやのくまさん(世界傑作絵本シリーズ)
著者  :フィービ&セルビ・ウォージントン(作・絵)/まさきるりこ(訳)
出版社 :福音館書店

最後にパンの絵本をご紹介いたします。
こちらの絵本の主人公はパンやのくまさん。特別なことは起こらない、同じことが繰り返しの一日。
そんな毎日を丁寧に暮らしているくまさんに、お子さまだけではなくパパママもほっこりできる一冊です。

焼きたてパンを口に頬張る喜びを感じましょう!

手作りパンのレシピをご紹介しましたが、いかがでしたか。
「材料を計量する」「ボールに入れて混ぜる」「生地を丸める」など、お子さまのお手伝いポイントもたくさんあります。
シンプルなパンもよし、ジャムを塗ってもよし、中に入れてもよし、生地に混ぜ込んでもよし。
くっついてちぎりパンになってもご愛嬌。ぜひご自宅でパン作りを楽しんでください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

YOTTOKO YOTTOKO