2020年05月14日 公開

WEBライターの収入、月50万円までのロードマップ

コロナウィルスと共存せざるを得なくなった”withコロナ時代”、在宅でも稼げるWEBライターの人気が急上昇しています。当記事では、未経験からWEBライターとして月収を50万円にするためのロードマップを紹介します。

コロナウィルスと共存せざるを得なくなった”withコロナ時代”、在宅でも稼げるWEBライターの人気が急上昇しています。当記事では、未経験からWEBライターとして月収を50万円にするためのロードマップを紹介します。

新型コロナウィルスは私たちの生活を劇的に変えました。

リアルの世界で、人間が接点を極力もたずに生活をする。誰がこのような未来を想像できたでしょうか?

コロナウィルスと共存せざるを得なくなった”withコロナ時代”、在宅でも稼げるWEBライターの人気が急上昇しています。

当記事では、未経験からWEBライターとして月収を50万円にするためのロードマップを紹介します。

副業でWEBライターをする人増加中

クラウドソーシングの広がり(平成30年総務省発表)

クラウドソーシングの広がり(平成30年総務省発表)

クラウドソーシング日本最大級の「ランサーズ」では、クライアントからのお仕事依頼総額が2017年に2,000億円を超えました。

その中でも、WEBライターは、急速に需要が高まっています。

日本における在宅ワークの経済規模は、2019年に20兆円を突破。新型コロナの影響で家でインターネットに触れる時間も増え、これから本格的に在宅ワーカーが活躍する時代がやってきます。

WEBライターの収入はどれぐらい?相場を分析

WEBライターの収入の相場は、ざっくり下記の金額が一般的です。

・初心者:文字単価0.2~0.5円前後
・中級者:文字単価0.6~1.5円前後
・上級者:文字単価2円~


なかには、文字単価10円以上の人気WEBライターもいます。

1記事2円のライターが3000文字の記事を書けば1記事で6,000円の収入になる、と言う訳です。

未経験者の収入:WEBライターでも5万円はいける

在宅ワーカーの平均収入

在宅ワーカーの平均収入

上記は在宅ワーカー全体の収入の分布図です。
60%程度が20万円以下です。

WEBライターはどうでしょうか?
例えば、3,000文字の記事を週に5回投稿した場合の収入を計算してみましょう。

WEBライターとしての実績や経験が少ないうちは、1文字あたり0.8円とすると、

0.8円×3,000文字=2,400円×20日=48,000円/月
(4.8万円÷4時間×20日=時給600円)

となり、月あたり5万円弱の収入です。

また、1ヶ月後には1文字2円になるとすると、

2円×3000文字=6,000円×20日=120,000/月
(12万円÷3時間×20日=時給2,000円)

となり、在宅のスキマ時間で月収12万円稼げるようになります。

収入50万円にするためにはどうすれば良いのか?

結論を言うとWEBライターとして文字を書くだけで月50万円稼ぎ出すというのは簡単ではありません。
どんなにライターとしての経験があっても、それだけで50万円は至難の技。

しかし、実は稼いでいる人は、単に”記事を書く”だけでなく、下記5つの付加価値をつけることで、大幅な収入アップを実現しているのです。

✔ ライティング・SEOの知識
→記事がWEB検索にかかりやすくなり、多くの人に読み込んでもらえます。

✔ 取材・インタビューをする
→メディア運営者は、オリジナルのコンテンツを作りたいものです。

✔ 写真素材を売る
→WEBメディアにとって、記事に使用する写真は重要です。

✔ 入稿作業まで行う
→メディア運営者にとって、入稿作業は手間なんです…

✔ SNSなどで配信する
→メディア運営者は、記事へのアクセスを集めるためにバズらせたいと思っています。

WEBライターの収入源とは?

上記の付加価値をつけたWEBライターの収入源の例をみていきましょう。

・取材: 1件10,000円
・ライティング: 1記事(3,000文字×2.5円)7,500円
・写真: 1記事(1枚300円×10枚)3,000円
・入稿: 1記事1,500円
・SNS発信: 1投稿3,000円

上記すべてを合計すると、1記事あたり25,000円になりますね。

25,000円×20日=500,000円/月

つまり、平日に1記事ずつ、週に5記事を作成すれば、月収50万円となるのです。

下のイラストは月50万円の収入になるためのスキルと収入の変移をロードマップ化したものです。
ぜひご参考になさってください。

 (157002)

ママでもWEBライターで稼げる

毎日6~8時間のまとまった時間は取れない…けれど、仕事は続けたいというママには、WEBライターがぴったり。WEBライターは勤務時間が決まっていなく時間を見つけて記事を作る仕事。家事育児のスキマ時間を有効活用できるのです。

しかも、記事制作は様々なジャンルで仕事があります。自分の興味や得意分野で仕事ができます。
努力次第ではありますが、経験を積めば積むほどスキルアップと報酬アップにつながるお仕事です。

なんと、月収100万円のママライターも活躍しています!

初心者がまず身につけるべきスキル

結論、WEBライターとして活躍するために、まずは下記の5つのスキルを身につけましょう。

✔ ライティング・SEOの知識

✔ 取材・インタビューのスキル

✔ 写真撮影・加工技術

✔ 入稿作業に必要なWordPress操作・タグ知識

✔ SNSのフォロワー数×エンゲージメント率

人気ライターは、書いた記事を多くの人に記事を読み込んでもらうための”総合的なスキル”を持っているのです。

 (157193)

「【月50万円も可能!】しっかり稼げるライターへのロードマップ」無料オンラインセミナー開催!

家で稼ぐための基礎スキルとなる「ライティング技術」、その付加価値となるスキルを身につければ、在宅ワークで月収50万円も夢ではありません。

もちろん、ラィティングスキルだけで50万円稼ぐのは中々難しいことですが、スキルを積み上げていけば、可能性はひろがります。

そこでChiik編集部は皆様からのChiik読者の皆様のためにオンラインセミナーを開催します。
セミナーに参加することで、普通の人でも月収50万円を稼ぐために必要なこと、稼ぎ出すスキルを得るまでのロードマップを手に入れることが出来ます。

日程10月20日(火)、10月30日(金)。時間はいずれも11:00~12:00
開催場所Zoom(自宅でオンライン参加)※リアルタイムで参加できない方には録画も用意
費用無料

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

パソコンで学習

【小1体験談】探究学舎グローバルは英語で学ぶオンライン授業...

探究学舎が7月から開講した探究学舎グローバル(TANQ GLOBAL)。オール英語で探究学習ができるオンラ...
ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...
ピアノを弾く子供

子供がピアノを習うメリットとは?教室の選び方や費用を解説

東大生の多くが習っていたというピアノ。ピアノを習うメリットと教室の選び方、かかる費用やピアノ購入の必要性に...
オセロ

4歳娘とオセロに挑戦!ルールの教え方と知育効果を解説

ボードゲームの定番オセロ。幼児でも楽しめるのか、4歳娘と挑戦してみました。 子どもへのわかりやすいルールの...
雨水

【春の二十四節気】「雨水(うすい)」は草木が芽生える頃、2...

春の二十四節気、二番目は「雨水(うすい)」です。雪が解け、草木が芽ぶきはじめ、春の訪れを感じる頃です。雨水...

WRITER

小山直樹 小山直樹