2019年06月07日 公開

2018年こどもの本総選挙の結果!子どもが本当に好きな本って?

2018年のこどもの本総選挙の投票結果が発表されました。この結果を見ると、子どもが本当に好きな本の傾向がわかります。ここでは2018年のランキングベスト10と、ベスト5入りした本の詳細をご紹介します。お子さまの本選びの参考にしてみてください。

2018年のこどもの本総選挙の投票結果が発表されました。この結果を見ると、子どもが本当に好きな本の傾向がわかります。ここでは2018年のランキングベスト10と、ベスト5入りした本の詳細をご紹介します。お子さまの本選びの参考にしてみてください。

小学生が選ぶ! “こどもの本” 総選挙とは?

 (134485)

本屋さんに行くと、よく「推薦図書」や「課題図書」なるものが並んでいますが、これはあくまでも大人が子どもに読んで欲しいと思っている本です。しかし今の子どもが面白いと感じるものと、大人がすすめたい作品はきっと少し違うでしょう。

「本があまり好きじゃない」というお子さまは、もしかしたら本当に面白いと思える本に出会っていないのかもしれません。「子どもに少しでも本の楽しさを知ってほしい」というパパママにチェックして欲しいのが、「こどもの本総選挙」です。

こどもの本総選挙とは、小学生が自分の読みたい本を選んで投票するというもの。小学生しか投票できないので、リアルな子どもの好みが反映されます。この試みは、多くの子ども向け図書を出版するポプラ社の「もっと子どもたちに本を好きになってほしい」という思いから始まりました。

2018年に投票を行った小学生の数は、約12万人。その投票結果はじつに子どもらしいものとなりました。ではさっそく2018年5月に発表されたランキングの、1位から10位までをご紹介しましょう。

こどもの本総選挙2018年のベスト10

 (134486)

1位 おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典(高橋書店)
2位 あるかしら書店(ポプラ社)
3位 りんごかもしれない(ブロンズ新社)
4位 おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典(高橋書店)
5位 おしりたんてい かいとう VS たんてい(ポプラ社)
6位 おしりたんてい いせきからのSOS(ポプラ社)
7位 このあとどうしちゃおう(ブロンズ新社)
8位 ぼくらの七日間戦争(株式会社KADOKAWA)
9位 ふしぎ駄菓子屋 銭天堂(偕成社)
10位 りゆうがあります(PHP研究所)

以上のような結果となりました。ヨシタケシンスケさんの作品と、『おしりたんていシリーズ』の強さが光ります。小学生の子どもは感動できるものよりも、ワクワクするものや笑えるものにひかれやすいのかもしれません。ヨシタケシンスケさんの絵本は、大人が読んでも笑えるものが多くあります。

また『ざんねんないきもの事典』は大人の間でも話題となり、アニメ化もされました。面白いと感じるものに、大人と子どもの垣根はそれほどないのでしょう。なお11位~の本を知りたい方は、以下のサイトをチェックしてみてください。

1位 年代問わず人気「ざんねんないきもの事典」

 (134437)

タイトル:おもしろい! 進化のふしぎ ざんねんないきもの事典
著者  :今泉忠明(監修)、下間文恵/徳永明子/かわむらふゆみ(イラスト)
出版社 :高橋書店
こどもの本総選挙、2018年の第1位に輝いたのは『ざんねんないきもの事典』です。 2016年の出版当初から話題となり、シリーズ化されています。この本を皮切りに、歴史的な偉人の残念エピソードや失敗エピソードなどを紹介する本も出版されました。

笑えるエピソードが多く、本が苦手なお子さまでも楽しめそうです。これまで知らなかった生き物の意外な生態を知ることもでき、理科の学習への興味づけにも役立つかもしれません。親子で楽しめる一冊です。

2位 本の魅力を詰め込んだ「あるかしら書店」

 (134440)

タイトル:あるかしら書店
著者  :ヨシタケ シンスケ
出版社 :ポプラ社
多くの子どもたちから支持を集める、ヨシタケシンスケさんの絵本です。「本にまつわる本」をあつかう「あるかしら書店」。いろいろな本を探すお客さんがやってきて、「〇〇の本あるかしら」とたずねます。すると店のおじさんは「あるよ」と、お目当ての本を持ってきてくれるのです。

みんなの「こんな本があったらいいな」という気持ちをかなえてくれます。あらためて本と、本屋さんの魅力に気がつかせてくれるでしょう。読み終えたあとに、親子でどんな本があったらうれしいか想像してみてはいかがでしょうか。

3位 想像力がひろがる「りんごかもしれない」

 (134444)

タイトル:りんごかもしれない
著者  :ヨシタケシンスケ
出版社 :ブロンズ新社
ヨシタケシンスケさんの想像力の豊かさを感じる絵本です。「僕から見えない反対側はみかんかもしれない」「こころがあるのかもしれない」と、ひとつのりんごからどんどん想像が広がります。予想の斜め上をいく展開に、子どもも大人も思わず「そうきたか」と笑ってしまうでしょう。

リズム感のある文章で、小さなお子さまでも楽しめます。ストーリーをさらに楽しく盛り上げてくれるのが、とぼけたようなイラスト。多角的なものの見方を知り、お子さまの想像力を育てるのにも一役買ってくれるはずです。

4位 もっと知りたい!「続ざんねんないきもの事典」

 (134466)

タイトル:おもしろい! 進化のふしぎ 続ざんねんないきもの事典
著者  :今泉忠明(監修者)
出版社 :高橋書店
生き物の意外で残念な一面をあぶりだし人気を集めた、「いきもの事典」の続編です。前作同様に面白く、期待を裏切らない内容となっています。

この本をきっかけに、動物たちの残念な一面だけでなく、違った魅力を知りたくなるかもしれません。ただ面白くて笑えるだけでなく、お子さまの知的好奇心を刺激するのにも役立つでしょう。

5位 子ども好みの要素満載「おしりたんてい」

 (134478)

タイトル:おしりたんてい かいとう VS たんてい
著者  :トロル(作)トロル(絵)
出版社 :ポプラ社
推理ものというと、「かいけつゾロリ」シリーズが定番です。こどもの本総選挙2018年のベスト100にも、10作品以上がランクインしています。推理要素のある本は、いつの時代も子どもたちに人気なのでしょう。

そんな推理要素と、子どもが好きな「おしり」をドッキングさせた「おしりたんてい」シリーズ。子どもの好きな要素をぎゅっと詰め込んでいるところが、人気の秘密なのかもしれません。

しかもただ笑えるだけでなく、頭を使ってしっかりと考えさせる内容になっています。間違い探しなど能動的に楽しめる要素もあるので、最後まで飽きずに読めるはず。お子さまの読書の習慣づけにもぴったりでしょう。

こどもの本総選挙の結果を本選びの参考に

 (134487)

子どもは大きくなるにしたがって、好みがはっきりしてきます。大人が読ませたい本と子どもが読みたい本で、意見が食い違うことも珍しくはありません。「子どもを本好きにさせたい」という方は、こどもの本総選挙のランキングを活用してみてはいかがでしょうか。本当に面白いと思える本に出会うことが、幼少期の読書体験には大切です。

また、こどもの本総選挙 第二回の開催は2020年に行われることが決定しています。お子さまが小学生なら、ぜひ投票にも参加させてみましょう。自分の投票した本がランク入りすると、さらに本への愛着がわくかもしれません。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

コロナ禍の影響は?2021年度小学校受験を振り返る(私立編...

新型コロナウィルスの影響が様々な業界に及んでいますが、小学校受験においても今までにない大きな変化がありまし...
パソコンで学習

【小1体験談】探究学舎グローバルは英語で学ぶオンライン授業...

探究学舎が7月から開講した探究学舎グローバル(TANQ GLOBAL)。オール英語で探究学習ができるオンラ...
ひなまつり

ひなまつりの意味って?ひな人形や食べ物の由来を学んで楽しく...

ひなまつりの意味やひな人形の由来、飾り方などを解説します。ひなまつりにちなんだ食べ物の意味や製作、絵本とと...
ピアノを弾く子供

子供がピアノを習うメリットとは?教室の選び方や費用を解説

東大生の多くが習っていたというピアノ。ピアノを習うメリットと教室の選び方、かかる費用やピアノ購入の必要性に...
オセロ

4歳娘とオセロに挑戦!ルールの教え方と知育効果を解説

ボードゲームの定番オセロ。幼児でも楽しめるのか、4歳娘と挑戦してみました。 子どもへのわかりやすいルールの...

WRITER

RINOYUZU RINOYUZU