2017年6月14日 公開

塗リ絵ノススメ~お絵描き大好きの入り口に!

これから暑い夏がやってきますね。外で元気に遊んで汗をかくのも良いですが、最近の夏はどんどん暑くなり、熱射病や熱中症の危険度が増してきているような気がします。そんな時は適度に冷房の効いた部屋で、塗り絵なんていかがでしょう?塗り絵には色々な効果も期待できるので、好きなキャラクターを涼しい部屋で塗って、暑い夏を上手に乗り切りましょう!

絵を好きになってもらうきっかけとしての塗り絵

塗り絵は昔から教材として使われていますが、それは色々な理由があります。その中でも、絵の苦手な子に“描くことの楽しさを知ってもらうきっかけを作る”のにはもってこいの教材だと思うのです。絵を描くことに苦手意識を持っている子が「好きな物を自由に描いてごらん!」と言われるほど酷な事はありません!何をどう描いたらいいんだろうと、わからないから固まってしまい、描けないのです。真っ白な紙は絵が苦手な子にとっては恐怖の対象でしかありません・・・。ではどうしたら良いか?きっかけを与えてあげれば良いのです。そのきっかけが塗り絵です。好きなキャラクターの塗り絵を用意してあげるだけで絵画に対する興味だけでなく、画材にも興味を持ってもらう良いきっかけになるでしょう。あとは「好きな色で塗ってみようか!」で構いません。

photo by author

塗り絵の材料

photo by author

材料

・塗り絵(好きなキャラクターの塗り絵など)
・クレヨン、色鉛筆、マジックなど(年齢によって持ちやすい、握りやすい物を選ぶ)

手に持ちやすい画材で

photo by author
年齢などによって画材を変えましょう。小さい子は指先の力が無いので、細い色鉛筆などは不向きですから、クレヨンなどを握らせて描かせても良いと思います。また、握って描けて折れにくいクレヨンもありますので、活用してみてはいかがでしょう。

最初はぐちゃぐちゃで構いません

絵が苦手な子に絵を描くきっかけとしての塗り絵ですから、最初は好きなキャラクターの塗り絵や乗り物等の塗り絵を用意しましょう。塗り絵の線は無視して構わないので、最初はあまり口出しせず、好きな色で自由に塗らせてあげましょう。塗り絵が楽しいと思ってきたら、今度は「線からはみ出さないように塗れるかな?」などの声掛けをして、やる気を刺激してみましょう!

photo by author

塗り絵の効果

塗り絵は、色を塗っているうちに自然と指先の力の発達を促し、運筆力を付ける効果もあります。また、色彩感覚を養い、集中力も付きます。以下に私が描いたイラストがありますが、これは表参道ヒルズで定期的に開催しているワークショップで配布している塗り絵です。開始時間までの空き時間に、塗り絵をして待っていてもらうのですが、皆さん、塗り絵の方が面白くなってしまい、肝心のワークショップに中々移れないなんてこともしばしば!私の塗り絵で良かったら、是非活用してください。

illustrated by author
▲ちょうちょと花のバッチの制作をした時の塗り絵

illustrated by author
▲テレイドスコープの制作をした時の塗り絵

illustrated by author
▲ハローウィーンのワークショップをした時の塗り絵

illustrated by author
▲クリスマスのテレイドスコープを制作した時の塗り絵

illustrated by author
▲クリスマスにスノードームの制作をした時の塗り絵

illustrated by author
▲節分で空気砲の制作をした時の塗り絵

illustrated by author
▲節分で豆入れパックカーを制作した時の塗り絵

illustrated by author
▲イースターでイースターエッグを制作した時の塗り絵
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもから大人までフランスで【コロリアージュ】が人気の理由

子どもから大人までフランスで【コロリアージュ】が人気の理由

フランス版大人のぬりえとして紹介されることの多い【コロリアージュ】ですが、実際は子どもから大人まで親しまれています。フランス語の“Coloriage(コロ...
【アート・工作部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ記事10選

【アート・工作部門】2018年のChiik! 人気&編集部イチオシ記事10選

おうちで気軽にアートを楽しむ「おうちアート」から、親子で作って遊べる「簡単クラフト」など。2018年にChiik! で公開した記事の中から、人気&おすすめ...
感性を育てる落ち葉遊びと、落ち葉を使った工作アイディア集

感性を育てる落ち葉遊びと、落ち葉を使った工作アイディア集

秋になり紅葉も深まると、子ども達が大好きな落ち葉遊びの季節!落ち葉遊びは子どもの感性を刺激して育てることのできる遊びです。あんよがはじまった頃から、小学生...
【子どもにおすすめ塗り絵5選】巧緻性・集中力を遊びで伸ばそう

【子どもにおすすめ塗り絵5選】巧緻性・集中力を遊びで伸ばそう

子どもの発達にいい影響があるとされる塗り絵。遊びながら集中力・忍耐力を育てられるので乳幼児にもおすすめです。年齢に合わせた難易度の塗り絵を選べば、飽きずに...
オランダの知育+情操教育:4歳からのアート授業をレポート!

オランダの知育+情操教育:4歳からのアート授業をレポート!

オランダの学校は、それぞれ自由なカリキュラムで運営がなされています。筆者の子どもが通う小学校は、アートを中心とした総合的な学びが魅力のひとつ。テーマを決め...

KEYWORDS

WRITER

小山一馬 小山一馬  リサイクルの観点から、ダンボールやその他の廃材を素材として、作品や工作を制作し発表しています。写真はドングリマシーン2号という作品です。夏に森の中で蚊に刺されながら撮影しました!また、表参道ヒルズ「キッズの森」にて、小学生以下を対象とした工作のワークショップを、定期的に無料で開催中!工作に興味がある方はお気軽にご参加ください。造形作家、武蔵野短期大学幼児教育学科准教授。