2018年1月8日 公開

歯の生え変わり期に読みたい絵本5選。歯が抜ける不安を吹き飛ばす!

「歯が抜ける」のは、成長のあかし。ワクワクする反面、はじめてのことに不安を覚える子どもも多いのではないでしょうか。そんな不安な気持ちは絵本で和らげてあげましょう。子どもの不安が吹き飛んでしまいそうな、歯が抜けることにまつわる絵本をご紹介します。

ユーモアたっぷりな文章で不安を吹き飛ばす

 (67925)

タイトル:歯がぬけた
著者名:中川 ひろたか (作)、大島 妙子 (絵)
出版社:PHP研究所
はじめて歯が抜けるとき、「この歯はどうなっちゃうのだろう」と、子どもは不安でいっぱいになります。そんなお子さまの気持ちを和らげてくれそうなのがこの絵本です。

主人公の男の子は、夕食の最中に下の前歯が抜けてしまいます。男の子は特に不安な様子は見せず、歯が抜けたことを楽しむのですが、男の子の頭にふと疑問が。

「抜けた歯はどうすればいいのだろう?」

すると、男の子のお母さんが、抜けた歯にまつわる昔からの言い伝えを教えてくれたのでした。

ユーモアたっぷりな絵と文章に、子どもの不安も吹き飛びそうですね。むしろ歯が抜けるのが待ち遠しくなるかも?ぜひ子どもの歯がぐらぐらしだしたら読んであげてみてはいかがでしょうか。

歯が抜けたときに読んであげたい絵本

 (67935)

タイトル:はがぬけたらどうするの? せかいのこどもたちのはなし
著者:セルビー・ビーラー(作) ブライアン・カラス(絵) こだまともこ(訳)
出版社:フレーベル館
日本では、歯が抜けたときに屋根に投げたり縁の下に投げたりという風習があります。しかし外国では、また違った風習があるようです。そんな抜けた歯にまつわる各国のさまざまな風習が、かわいいイラストとともに紹介されています。

外国の抜けた歯にまつわる風習を知ることで、日本以外の国に興味を持つきっかけにもなるかもしれません。絵本の中に出てくる国を、地図帳や地球儀などで探しながら読んでみてはいかがでしょうか。

歯が抜けるのが楽しみになりそう

 (67941)

タイトル:たかちゃんの ぼくのは、はえるかな?
著者:さこ ももみ(作絵)
出版社: 佼成出版社
歯が抜けるのは大人への第一歩。でもはじめての経験は、どんなことでもドキドキするものです。そんなときには、この絵本を読んであげてください。

ある日、たかちゃんのお姉ちゃんの歯が抜けます。その話を近所のおじいさんにすると、おじいさんがたかちゃんに歯にまつわる言い伝えを教えてくれました。たかちゃんはさっそくおねえちゃんから歯をもらい、その言い伝えを実行するのですが……。

子どもにありがちな言葉の意味の取り違えですが、その様子がかわいく、思わず笑ってしまいます。歯が抜けるのが楽しみになりそうですね。

歯磨きのモチベーションアップに

 (67950)

タイトル:ぼくのハはもうおとな
著者:かこさとし(絵、文)
出版社:フレーベル館
子どもの歯が抜けた後には、大人の歯が生えてきます。大人の歯の大切さや、手入れの仕方を丁寧に教えてくれるのがこの絵本です。歯医者さんで聞くような専門的な話を、子どもにもわかるよう楽しいストーリーとともに紹介してくれます。

特に歯の磨き方は、大人にとってもためになりそう。歯磨きへのモチベーションアップにつながるのではないでしょうか。大人の歯が生えてくる前に、読んであげたい絵本です。

自分で絵本を読み始めたお子さまに

 (67963)

タイトル:きえた ぐらぐら の は
著者:コルネーリア・フンケ (文)、ケルスティン・マイヤー (絵)、あさみしょうご (訳)
出版社:WAVE出版
小学生になると、絵本は「読んでもらうもの」から「自分で読むもの」に変化していきます。自分で絵本を読み始めた子どもにおすすめなのが、この絵本です。

このお話の舞台、ドイツでは、抜けた歯を枕の下に入れておく風習があります。そうしておくと、次の日の朝、妖精がプレゼントを持ってきてくれるのだそうです。主人公の女の子は、この言い伝えを実行するのを楽しみにしていました。でも弟と遊んでいる最中にぐらぐらしていた歯が抜け、無くなってしまいます……。

「歯が抜ける」という子どもにとって身近な出来事が描かれており、親しみが持てるのではないでしょうか。絵本を読むことが苦手なお子さまも、「ちょっと読んでみようかな」と興味をひかれそう。本を読むことが楽しくなるきっかけになるかもしれませんね。

絵本を読んで、歯が抜けることが楽しみに

 (72149)

JRP Studio/shutterstock.com
はじめての経験は、だれにとっても不安なもの。でも絵本を読むことで「歯が抜けるというのはどういうことか」ということがわかり、不安が和らぎます。ストーリーが楽しいものなら、さらに効果的です。「早く歯が抜けないかなぁ」と、歯が抜けることが待ち遠しい気持ちに変化するかもしれません。今回ご紹介した絵本は、楽しいストーリーのものばかり。ぜひ親子で楽しんでみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

歯が抜けたら「歯抜けパーティー」でお祝いしよう!

歯が抜けたら「歯抜けパーティー」でお祝いしよう!

長男は幼稚園の年長時、乳歯が抜けました。はじめての経験に、ワクワクソワソワ。お友だちの歯を見たり、話を聞いたりして心の準備はしていたものの、ずいぶん緊張し...
スペインでは抜けた乳歯がプレゼントに!?ねずみのペレスの物語

スペインでは抜けた乳歯がプレゼントに!?ねずみのペレスの物語

日本では乳歯が抜けると「上の歯なら縁の下に、下の歯なら屋根に投げる」という習慣がありましたね。筆者が子どものときもそうした記憶があります。ここスペインでは...
読み聞かせにルールはない!話題の絵本作家が語る、絵本の付き合い方

読み聞かせにルールはない!話題の絵本作家が語る、絵本の付き合い方

赤ちゃんが繰り返し読みたくなる絵本『とりがいるよ』シリーズの作者、風木一人さんのインタビュー。後編では、絵本との付き合い方、育児に絵本を取り入れるときのポ...
人気絵本『とりがいるよ』で読み聞かせがもっと楽しく!著者インタビュー

人気絵本『とりがいるよ』で読み聞かせがもっと楽しく!著者インタビュー

赤ちゃんが何回も読みたがる絵本として話題の『とりがいるよ』シリーズ。作者の風木一人さんにお話を聞いてみたら、たくさんのこだわりが詰まっていることがわかりま...
ペンギンの絵本のおすすめは?キュートな魅力がつまった作品5選

ペンギンの絵本のおすすめは?キュートな魅力がつまった作品5選

愛らしいしぐさと姿が大人気のペンギン。そんなペンギンが主役の絵本には、かわいらしさのつまったものがたくさんあります。なかでも特にお子さまが楽しめそうな、ペ...

KEYWORDS

WRITER

rinoyuzu rinoyuzu  はじめましてrinoyuzuです。高校生の娘と息子がいます。以前は教員をしていました。これまでの経験を活かしながら、記事を書いていきたいです。みなさまのお役に立てるとうれしいです。