2016年6月14日 公開

NASAの訓練でも使うトランポリンを親子で楽しみませんか

トランポリンでポンポン跳ねていて、気持ちが良くなったことありませんか。それは、脳から幸せを感じる物質ドーパミンが出るからだそうです。子どもがトランポリンで跳ねるのを止めたがらないのも納得ですね。お家で楽しめるトランポリンをいくつか紹介します。

お庭など広い場所に設置できるのならコレ

トランポリン使用時の事故で多い、トランポリンの外に飛び出してしまうことを防いでくれるネットが付いています。また、飛び跳ねるマットの下部分にもぐりこめないように下までネットがついているので安心ですね。

大きさは直径140cmです。小さいお子さまだったら2人まで一緒に遊ぶことができます。
ネットがついているとはいえ、大人の見守りはかかさないようにしましょう。

省スペース設計の手すり付きトランポリン

使わないときには折りたたんでおけるので収納場所も省スペースですみます。
畳の上でトランポリンを使用すると跡が残ることもありますので、フロアマットは必需品といえます。

たとえフローリングで使用する場合でもトランポリンが動いてしまうことがあるので、室内で使用される場合には一緒にフロアマットを購入されることをおすすめします。

足を取り付けるだけの簡単組立

足を取り付けるだけの簡単組立が可能なトランポリンです。

組み立て式のトランポリンなので、コンパクトに収納できるのも嬉しいとところです。ぴったりの隙間があればそこに収納できますが、ただ立てかけておくだけだと、急に倒れてくる場合がありますので小さいお子さまには注意してください。

こちらの耐荷重は80kgです。大人のエクササイズにもピッタリですね。

水遊びと一緒にトランポリン

空気を入れてふくらませ、水を流して遊ぶことができる大型遊具です。控えめに跳ねたり、滑ったりよじ登ったりできる、変形トランポリンですね。遊ぶときには必ず大人の方が見守って下さいね。

楽しくトランポリンをする上での注意点

NASAの宇宙飛行士の訓練や障害者のリハビリ、大人がダイエットとしても取り入れられているトランポリン。気をつけなくてはいけないのは、ケガや事故です。

省スペース用の小さいトランポリンには一度に2人は乗らないようにしましょう。
予測できない跳ね方をして、ぶつかった衝撃でトランポリンの外に落ちてしまうこともあります。

小さなお子さまも大人も、一緒にトランポリンで遊びましょう

体幹を鍛えることや、体の使い方が苦手な子どもに運動感覚を身につけることが得意なトランポリンです。遊ぶときには大人も一緒に楽しんじゃいましょう。

子どもが遊んでいるときには、飛ぶのに合わせて歌を歌ったり、大人が手すり代わりに手をつないで跳ねても楽しいですよ。
そして時間が来たら子どもと交代して大人が跳ねましょう。ある程度楽しんだら、また交代します。
トランポリンで楽しい時を過ごしてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

最強の体力作りは「鬼ごっこ」だった!毎日60分、体を動かそう

集団遊びの定番といえば、「鬼ごっこ」。道具も要らず、走り回れるスペースさえあれば、すぐできます。しかも鬼ごっこにはメリットがたくさん!体力・運動能力の向上...
習い事の資金計画「年収の5%まで」は意味がない!?【今すぐできる家計管理術】第16回

習い事の資金計画「年収の5%まで」は意味がない!?【今すぐできる家計管理術】第16回

新しい習い事をはじめたいけど「習い事にいくらまでお金をかけていいのかわからない」と心配されている方へ。きちんと資金計画を立てて検討すれば、安心してお子さま...
鉄棒遊びで得られるメリットは?教え方のコツ&初歩テクニック

鉄棒遊びで得られるメリットは?教え方のコツ&初歩テクニック

鉄棒をいつからどのようにお子さまに教えたらいいか、悩むことはありませんか?大きくなると恐怖心を持ちやすいため、小さいうちから慣れ親しんでおくとスムーズです...
兄弟姉妹の習い事選び:下の子は同じ習い事?違う習い事を選ぶ?

兄弟姉妹の習い事選び:下の子は同じ習い事?違う習い事を選ぶ?

兄弟姉妹がそれぞれ習い事をはじめると、送迎や費用など、親の負担が増えますよね。できれば兄弟姉妹で同じ習い事をさせたいと思うパパママも多いのではないでしょう...
でんぐり返しの効果とは?教え方のコツも紹介します!

でんぐり返しの効果とは?教え方のコツも紹介します!

両手を床につき、前方に1回転するでんぐり返し。体全体をバランス良く使う必要があるため、発達の指標の1つとして使われることもあります。でんぐり返しを習得する...

WRITER

ゆうこ ゆうこ  興味があるのは、絵本や電化製品です。電気屋さんでウロウロする事が癒しです。