2020年01月31日 公開

横浜インターナショナルスクールの特徴や学費を解説!

横浜インターナショナルスクールは、横浜中華街の近くという非常に便利な場所に位置しています。レッジョ・エミリアや国際バカロレア教育を受けられる、歴史ある伝統校として人気の高い学校です。横浜インターナショナルスクールの特徴や学費などを解説します。

横浜インターナショナルスクールは、横浜中華街の近くという非常に便利な場所に位置しています。レッジョ・エミリアや国際バカロレア教育を受けられる、歴史ある伝統校として人気の高い学校です。横浜インターナショナルスクールの特徴や学費などを解説します。

横浜インターナショナルスクールとは

 (153969)

wavebreakmedia / Shutterstock.com
学校法人横浜インターナショナルスクール(Yokohama International School, YIS)は、1924年に設立された、神奈川県横浜市中区にあるインターナショナルスクールです。

横浜高速鉄道みなとみらい線の「元町・中華街」駅から徒歩約5分と、神奈川県だけでなく、東京都からもアクセスしやすい立地です。

男女共に通える共学校で、幼稚部~高等部の12学年を設置し、3歳(年少)から18歳(12年生、高校3年生)までが通っています。

CIS認定校

CIS(Council of International Schools)とは、国際的な教育認定組織です。

CIS認定校で高等教育課程を卒業すると、高等学校を卒業した者と同等以上の学力があると認められ、大学入学資格を得られます。

横浜インターナショナルスクールはCIS認定校です。

そのため、卒業後は海外の主要大学だけではなく、日本の大学の志願資格も得られます。

どんな学校?

 (153973)

weedezign / Shutterstock.com
横浜インターナショナルスクールの教育理念やカリキュラムについて紹介します。

教育理念

「Live Learn Lead」を学校の理念として掲げ、他人の権利について考慮すること、正直であること、平和を希望すること、責任感があること、助け合いの精神を持つことなどを重視しています。

生徒は国際社会で活躍できるオープンマインドな人材を目指し、日々学習に打ち込んでいます。

生徒数

現在はおよそ700名50以上の国籍を持つ生徒が在籍しています。

使用言語

英語を主としていますが、第二言語として日本語やフランス語、ドイツ語やスペイン語などが学べます。

子どもへのサポート

学習において英語のサポートが必要な子どものために、EALプログラム(English as an additional language program)を提供しています。

横浜インターナショナルスクールで採用されている国際バカロレアのカリキュラムに対応できるように、スピーキング・ライティング・リスニング・リーディングの指導が受けられます。

カリキュラム

横浜インターナショナルスクールは、国際バカロレア認定校です。

国際バカロレア(IB)とは、1968年にスイスで設立された国際バカロレア機構が認定する教育プログラムのことです。

アカデミックで先駆的な内容が学べるとともに、最終試験で好スコアを獲得できれば、世界中の一流大学への進学も有利になります。

横浜インターナショナルスクールでは、国際バカロレア資格のうち、3~12歳向けの「PYP(プライマリーイヤーズプログラム)」と、11~16歳向けの「MYP(ミドルイヤーズプログラム)」、16~19歳向けの「DP(ディプロマプログラム)」という、3つのメインプログラムを全て受講できます。

また、International General Certificate of Secondary Education (IGCSE)の取得を目的とした講座や、SAT・APなどの受験用講座も設けられており、幅広くレベルの高い教育が受けられます。

学費

 (153974)

eamesBot / Shutterstock.com
2019~2020年の学費は次のとおりです。

志願(受験)時にかかる費用
出願料25,000円
初期費用
登録料850,000円
毎年かかる費用
授業料Early Learning Center半日:152万円
Early Learning Center終日:219万円
幼稚園~Grade 5:265万円
Grade 6~12:275万円
Grade 12:283万円
キャンパス開発費150,000円
技術保険料10,000円(Grade 6~12のみ)

日本人も入学できる?

 (153976)

Robert Kneschke / Shutterstock.com
日本人のご家庭でも入学は可能です。

ただし基本的に、海外からの帰国子女や、日本のインターナショナルスクールで教育を受けている生徒が対象です。

また親の両方、もしくは少なくとも一方が、学校の職員とスムーズなコミュニケーションができることが必要です。

申し込み方法

 (153977)

Rawpixel.com / Shutterstock.com
オンラインから申し込みができます。

横浜インターナショナルスクールのホームページから応募用のフォームにアクセスをして、申請料と必要な書類を提出します。

提出するべき書類は年齢によっても異なりますが、学校の成績報告書や推薦書などが必要です。

日本人が応募する場合は、インターナショナルスクールに申請する理由を記載したレターも提出する必要があります。

また、必要に応じて親同伴のインタビューや面接を受けることもあります。

卒業生の進路

 (153978)

Syda Productions / Shutterstock.com
主な進学先は次のとおりです。

【国内】
早稲田大学、国際基督教大学、慶応大学、上智大学、東京大学など

【国外】
コロンビア大学、ハーバード大学、イェール大学、ケンブリッジ大学、トロント大学など

サマープログラム

 (153980)

YAKOBCHUK VIACHESLAV / Shutterstock.com
インターナショナルスクールに通う生徒を対象に、毎年YISサマープログラムが実施されています。

幼稚園生~高校生までが対象で、数学や英語、アート、音楽などに取り組みます。

2019年度の幼稚園~小学校に通う生徒向けの実施概要は以下のとおりです。
※2020年度については未発表のため詳しくは同校のサイトにてご確認ください。

開催日時2019年6月17日~6月28日の月~金曜日
開催時間9:00〜15:00
料金105,000円

フードフェアへの参加もおすすめ

 (153981)

BLUR LIFE 1975 / Shutterstock.com
例年11月に、横浜インターナショナルスクールでは学園祭としてフードフェアを開催しています。
世界各国の料理の屋台が並び、ゲームやミュージカル、くじなども楽しめます。

こちらは学校関係者以外でも参加可能です。
学校や生徒の雰囲気を知りたいなら、まずはフードフェアに足を運んでみるのもおすすめです。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

青海 光 青海 光