2016年5月7日 公開

絵本の世界のおいしいものを子どもと一緒に作ってみよう

幼い頃に読んだ絵本に出てきたあのおいしそうなパンケーキ!読んだ後に同じように再現して一緒に作れたらお子さまはきっと喜んでくれるでしょう。ここでは子どもの絵本に出てくるお菓子やご飯を実際に作る、ということをテーマにいくつかの絵本とメニューをご紹介します。

絵本に倣って、食べものを作る楽しみを

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集) : なかがわ りえこ, おおむら ゆりこ : 本 : Amazon (3096)

タイトル:ぐりとぐら 
著者  :文 中川李枝子, 絵 大村百合子 
出版社 :福音館書店


絵本に出てくるおいしいものの代表とも言える「ぐりとぐら」の黄色いカステラ。フライパンにこんもりと膨らんだその形は絵本から飛び出してきたかのようです。一度自分たちで作ってみたことがあれば、次にまた絵本を開いたときその甘くて優しいかおりまでが思い出されることでしょう。

ぐりとぐらのカステラを作ろう

ぐりとぐらのカステラのレシピは福音館書店のウェブサイトで公開されています。
『ぐりとぐら』を読んでから、お子さまと一緒に作ってみてくださいね。

[材料]
・卵   2個
・卵黄  1個分
・グラニュー糖   65g
・薄力粉(ふるう) 65g
・牛乳  おおさじ1
・無塩バター  15g

[作り方]
【1】卵と卵黄をほぐし、グラニュー糖を加え、 白っぽくなるまでよく泡立てる。

【2】牛乳とバターを60℃位に温めて【1】に加え、かき混ぜる。

【3】薄力粉を入れ、さっくり混ぜて型に流す。

【4】170℃のオーブンで約40分、表面が色づくまで焼く。

絵本の世界の再現で楽しみながら創造性を育む

ヘンゼルとグレーテル (いもとようこ世界の名作絵本) : いもとようこ : 本 : Amazon (3097)

タイトル:ヘンゼルとグレーテル
著書  :文 グリム, 文・絵 いもとようこ
出版社 :金の星社


昔からあるグリム童話の『ヘンゼルとグレーテル』には、子どもたちを惹きつけるお菓子の家が出てきます。絵本の中では甘いものにつられてはいけないよ、という教訓を示していますが、子どもの心にくっきりと残る印象はまずその食べられるお家でしょう。難しいお話はさておき、お子さまと一緒にお菓子の家を作ってみませんか?

欧米では「ヘクセンハウス」といって主にクリスマスシーズンに作られるお菓子の家ですが、この「ヘクセンハウス(独:Hexenhaus)」という呼び名はドイツ語で、Hexenは魔女、hausは家という意味で、『ヘンゼルとグレーテル』の物語が由来となっているそうですよ。
Amazon.co.jp: 【お菓子の家】ヘクセンハウスキット: 食品・飲料・お酒 通販 (3612)

日本でもクリスマスシーズンになると店頭でお菓子の家が作れるキットが販売されていますが、市販のお菓子を使って、お子さまと一緒にお菓子の家を作るのも手軽でおすすめです。
市販のお菓子を使えばシーズンにも左右されませんし、お子さまがお菓子作りやお手伝いに参加する良いきっかけにもなりますよ。

市販のお菓子を使って作るお菓子の家

「ほんとにホントのお菓子の家。」ChococoHS | お菓子・パンのレシピや作り方【corecle*コレクル】 (3623)

[材料]
・ビスケット     8枚
・プレーンクラッカー 12枚
・ポポロン   12個
・キャラメル  12個
・キャラメルと同じサイズのキャンディ  4個
・飾り用のお菓子適宜
 マーブルチョコや小粒のキャンディなど
・デコレートペン  1本

[作り方]
①クラッカーで屋根や扉のパーツを作ります。
②ビスケットとポポロンでお菓子の家の基礎部分を作ります。
③クラッカーとキャラメル、キャンディでお菓子の家の屋根を支える三角の部分を作ります。
 床梁から上の屋根の傾斜を構成する部分ですね。
④屋根と扉を貼り合わせてお菓子の家の完成です。

屋根や扉のパーツを作ったり、各お菓子をつなぎ合わせる際はデコレートペンで接着してください。

お菓子の家の形ができあがったら、さらに飾り付けをしましょう。
飾り用のお菓子をデコレートペンでくっつけていけばオリジナルのお菓子の家の完成です。

野菜をおいしくたっぷり食べる

おなべおなべ にえたかな? (こどものとも傑作集) | こいで やすこ | 本-通販 | Amazon.co.jp (3098)

タイトル:おなべおなべにえたかな?
著者  :こいでやすこ
出版社 :福音館書店
おばあちゃんは大きなお鍋でスープを煮ていましたが、急用ができて、スープの番をきっこに頼んで出かけてしまいます。 きっこがお鍋の番をしながら「おなべおなべにえたかな?」と聞くと、お鍋は「コトコトコト にえたかどうだかたべてみよ コト」と答えました。そこできっこたちは味見をします。ところが、何度も味見をしているうちに、とうとうお鍋はからっぽに……。さあ、大変!
『おなべおなべ にえたかな?』のあらすじ
おおばあちゃんが戻ってくるまでに急いでスープを作りなおすきっことなかまたち。

お鍋がスープ作りの指南をしてくれるのですが、おおばあちゃんが作ってくれたスープとは大違い。
最後はどうなることかとひやひやドキドキするストーリーです。

スープができるまでのお鍋とのかけあいも魅力です。
「おなべ おなべ にえたかな?」
「コト コト コト にえたか どうだか たべてみよ コト」

童謡『あぶくたった』の歌詞と同じフレーズがリズミカルに反復されるので子どもたちにもなじみやすく、読み聞かせと一緒にお子さまも口ずさみながら読み進められますよ。

『おなべおなべにえたかな?』おおばあちゃんのスープ

無料の写真: ニンジン, ニンジンの束, オレンジ色の野菜, 根物野菜 - Pixabayの無料画像 - 410670 (3698)

『おなべおなべにえたかな?』に出てくるおおばあちゃんが作ってくれたスープはにんじんスープです。

絵本の中ではスープを作る過程が丁寧に、おいしそうに描写されています。
このおいしそうな"おおばあちゃんのにんじんスープ"をお子さまと一緒に作ってみませんか?


[材料]
・にんじん 中 2本
・バター 大さじ1+好みで少量
・塩 コショウ
・コンソメ 1/2個
・水 600cc+適宜
・生クリーム 
・パセリ

[作り方]
1.ニンジンは皮をむいて、厚さ3ミリほどの銀杏切りにする。
2.鍋にバター大さじ1を入れてニンジンを入れ、炒める。
3.バターとニンジンがよくからんだところへ、水600ccを加える。弱火で煮る。
4.ニンジンがやわらかくなったら、一度火からおろしてミキサーにかけ、
  なめらかにしてから、また鍋にもどして弱火にかける。
5.コンソメ1/2個を入れ、味見をしながら適宜、バター、塩こしょうを加える。
6.お皿に盛りつけて、生クリーム(無くてもよい)をかけ、パセリを散らす。
「おなべ おなべ にえたかな?」
「コト コト コト にえたか どうだか たべてみよ コト」

絵本と同じフレーズを口ずさみながらスープを作れば、楽しくお手伝いに参加してくれるようになり、苦手なにんじんも率先して食べてくれるようになるかもしれませんよ。

絵本食を通して親子がもうひとつの楽しみを得られる

絵本カフェ ペンネンネネム  | 本棚のこびとたち (3946)

絵本に出てくるあのおいしそうなお菓子やごはん。
親となった今、子どもと一緒にそれを作ることは子どもにとっても大人にとっても素敵な体験です。

幼い頃に親と一緒にお料理をした体験は、絵本とともに子どもの心にずっと残ることでしょう。絵本を読む楽しみと、料理を作る楽しみを両方味わえる絵本食、ぜひ親子で試してみてほしいです。

Amazon.co.jp: 【お菓子の家】ヘクセンハウスキット: 食品・飲料・お酒 通販

オンライン通販のAmazon公式サイトなら、【お菓子の家】ヘクセンハウスキットを 食品・飲料・お酒ストアで、いつでもお安く。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常送料無料。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

絵本の食べものっておいしそう!食事が楽しくなる絵本

絵本の食べものっておいしそう!食事が楽しくなる絵本

絵本にのってる食べものっておいしそうに見えたりしませんか?おなかがいっぱいのときでも「わぁ~食べたい!」ってなりそうです。食べものがのっている絵本はたくさ...
子どもも大好き!えだまめ料理にチャレンジしてみよう

子どもも大好き!えだまめ料理にチャレンジしてみよう

えだまめは薄皮を剥いたら、離乳食の初期から食べることができる食材で、たんぱく質やビタミン、ミネラルがとても豊富です。えだまめが好きなお子さまも多いのではな...
春の訪れ♪ 桜餅をこどもと一緒につくり、気軽に食育

春の訪れ♪ 桜餅をこどもと一緒につくり、気軽に食育

春を感じる桜の季節、桜餅も美味しい季節ですよね。購入すれば手軽ですが、ひと手間かけて子どもと一緒に作ることで、子どもの食事や文化に対する意識も高まります。...
牛乳の絵本で牛乳嫌いを克服!食育にも役立つ牛乳の絵本5選

牛乳の絵本で牛乳嫌いを克服!食育にも役立つ牛乳の絵本5選

「牛乳が好きではない」というお子さまは多いのでは?しかし、牛乳はカルシウムをはじめとする栄養素が豊富なので、「できれば飲んでもらいたい」と感じているパパマ...
子育てが楽しくなるおすすめの新刊絵本(2018年4~6月発刊)/『絵本はお友だち』Vol.02

子育てが楽しくなるおすすめの新刊絵本(2018年4~6月発刊)/『絵本はお友だち』Vol.02

ママ絵本作家のほんえすんです。パパママの子育てを助けてくれる絵本情報をお届けする『絵本はお友だち』2回目では、2018年4~6月に刊行された新刊絵本の中か...

WRITER

mamioke mamioke  おチビ3人、若いママ友に引っ張ってもらいながら、何とか頑張ってます