2017年3月27日 公開

子どもと一緒に取り組みたいアースデイとは?

アースデイを知っていますか?地球の日といっても、普段のくらしの中で何をやったらいいのかわからない方も多いでしょう。4月22日は地球のことを考えて行動する日で、子どもとも一緒に取り組むことをおすすめします。アースデイとは何か、何をしたらいいのか紹介します。

アースデイとは?

アースデイとは、4月22日の地球の日のことです。1970年、アメリカのゲイロード・ネルソン上院議員が環境問題の討論集会を開催すると呼びかけたのがはじまりです。

現在は世界各国でもアースデイの活動が行われるようになり、日本でも1990年以降に取り組みが続けられています。日本ではさまざまな地域でもアースデイが開催されているため、地域のイベントに参加する方法もあります。

自宅周りにあるゴミを拾ってみる

アースデイでは地域によって、ゴミ拾いを呼びかけるところもあります。気軽にできるのは、自宅周辺に落ちているゴミを、子どもと一緒に拾うことです。1人が拾うゴミの数が少なくても、多くの人が取り組めば地球のためになります。

また、アースデイのイベントでは、ゴミの持ち帰りを促すところもあります。会場にあえてゴミ箱を置かず、ゴミ袋を配布して自分達で持って帰ってもらう試みです。もらったゴミ袋で会場内にあるゴミを拾って帰れば、使った会場は掃除しなくてもきれいになります。

マイ箸やマイ食器でゴミを減らす

近くの公園にお弁当を持って出かけるとき、飲食店に食事をするときなどに、マイ箸やマイ皿を持っていくと、ゴミの削減にも繋がります。普段の生活ではなかなか難しいこともありますが、アースデイのイベントに行く際には持っていきましょう。

自分専用のお皿やお弁当箱などを持っていけば、ゴミを減らしながらピクニック気分で食べられるのも魅力です。ほかにもマイボトル、マイ水筒などを持ち歩いて、子どもと一緒にゴミを減らしてみましょう。

使っていない電気を消すようにしよう

アースデイに子どもと一緒に気軽に取り組めるのが、使っていない電気を消すことです。テレビを見ていないなら消す、誰もいない部屋では電気を消すなどなら実践できるでしょう。

いつもは子ども部屋などそれぞれの部屋で過ごす家族も、アースデイは家族みんなでリビングに集まり、節電に取り組んでみることもできます。このような機会は、家族で地球に優しい行動を話し合うきっかけにもなるでしょう。普段の生活でも冷房や暖房を控えめにするなど子どもに伝えるのもおすすめです。アースデイによって家庭でできる対策を取り入れてみてはいかがでしょうか。

家庭でもいろいろと取り組んでみよう

アースデイは各地域でもイベントが開催されています。お家でできる対策から、外出先でできることまであります。地球の日は家族でも環境のことを話し合い、簡単なことからでも取り組んでみてはどうでしょうか。子どもにも資源や物を大切することを伝えるのに最適な日となります。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもと一緒に出かけよう!東京のアースデイイベント

子どもと一緒に出かけよう!東京のアースデイイベント

毎年4月22日はアースデイ。地球の環境を考えるイベントが各地で開催されています。東京のアースデイイベントでは、親子で楽しめるワークショップや音楽ライブ、雑...
makeの使い方にはどんなものがある?便利なフレーズもご紹介!

makeの使い方にはどんなものがある?便利なフレーズもご紹介!

英語を勉強するなかでも基礎的な動詞である「make」。「~を作る」の意味で覚えている方も多いかもしれませんが、このほかの意味・用法をご存知でしょうか?一般...
umi
幼児の英語学習スタートに最適!「英検Jr.」を受けてみませんか?【小1から英検チャレンジ】Vol.15

幼児の英語学習スタートに最適!「英検Jr.」を受けてみませんか?【小1から英検チャレンジ】Vol.15

英語の勉強をはじめてみたけど、子どもが英検を受けるにはまだまだ……と思われるなら、まずは「英検Jr.」を受験してみませんか?幼児が英語を学習するのに最適な...
道徳教育とは?教科化された経緯と授業内容

道徳教育とは?教科化された経緯と授業内容

2018年より教科化され成績評価対象となった「道徳」。道徳教育は子どもたちが、人生をより良く生きる基盤を作るための「道徳性」を養う学習です。この道徳性とは...
お菓子は英語で「sweets」「candy」?お菓子の英語表現を使ってみよう

お菓子は英語で「sweets」「candy」?お菓子の英語表現を使ってみよう

日本語でいう「お菓子」は、その一言ですべての種類のお菓子をあらわすことができます。しかし英語の場合、お菓子の種類によって表現の仕方はさまざま。正しい表現を...

KEYWORDS

WRITER

erika erika  20代のママです。 趣味は子どもと遊ぶこととピアノを弾くこと。 現在3歳のやんちゃな男の子の子育てに日々奮闘中!