2017年12月5日 公開

親子で楽しむイベントも開催!銀座・教文館の児童書専門店「ナルニア国」

絵本や児童書など約15,000冊もの本が揃う銀座・教文館の「ナルニア国」。「子どものためのおはなし会」や「わらべうたと絵本の会」など、親子の触れ合いを大切にしたイベントも随時開催されています。そんなナルニア国の魅力とともに、教文館全体の紹介をします!

ナルニア国とは

via photo by author
東京・銀座にある教文館は、130年の歴史を誇る老舗書店。「子どもの本のみせ ナルニア国」はその6階にあります。
店名はイギリスの名作児童文学『ナルニア国物語』で描かれた架空の世界「ナルニア」にちなんだもの。繰り返し読みたくなるような生命と力にあふれた本を多数取り揃えています。

【住所】
東京都中央区銀座4-5-1 教文館6階
【電話番号】
03-3563-0730
【営業時間】
午前10:00~午後8:00 
【定休日】
元旦
【アクセス】
東京メトロ銀座駅 A9番出口より徒歩1分

一過性のベストセラーより、ロングセラーを

長く読み継がれてきたロングセラーがたくさん並んでいます。
via photo by author
「多くの書店ではベストセラーや新刊が平積みになっていますが、ナルニア国では長く読み継がれてきたロングセラーや、多くのお子さんにぜひ読んでほしい良書を選んで並べています。ここに来れば、間違いのない絵本選びができますよ」。そう話してくれたのは、スタッフの国岡晶子さん。

通路が広いので、お子さまと一緒でもゆっくり本が選べます。
via photo by author

かわいいぐりとぐらがベストセラーをご案内!
via photo by author
一方で、新刊コーナーにはこの1年間に出版された絵本や児童書がほぼすべて並んでいるのも、「ナルニア国」ならではの特長です。その数、なんと約4,000冊! 毎年、新しい子どもの本がそんなにたくさん刊行されているんですね。
その数多くの新刊の中からイチオシの絵本を紹介するメールマガジンも発行しているそうですよ!

おはなし会やわらべうたの会を随時開催

おはなし会も担当している国岡晶子さん。
via photo by author
「ナルニア国」では、絵本の原画展や作者のトークショーなど、さまざまなイベントも行われています。毎月第2・第4土曜日には無料の「子どものためのおはなし会」も開催。手遊びや読み聞かせを交えた約30分のプログラムで、2~3歳くらいから楽しめます。

また、0~2歳までのお子さまと保護者を対象にした「わらべうたと絵本の会」も開催しています(500円/定員制)。

担当の国岡さんにお話を伺うと……
「わらべうたには日本語の美しい響き、ゆったりとしたリズム、抑揚のおもしろさなど、赤ちゃんにとって気持ちのいいものがたくさん詰まっています。この心地よいわらべうたをたっぷり歌ってもらった赤ちゃんは、言葉の土台がしっかりと耕され、人の話す言葉によく耳を傾け、絵本を読んでもらうのが大好きな子どもになっていくんです」

実は、こうしたわらべうたの会はここ数年、全国的に広まっていて、各地の図書館や児童館などでも開催されているそう。わらべうたのよさが見直され、その素晴らしさを若いパパママたちに伝えていこうという動きが広がっているんですね。

棚が低いので、お子さんが自由に本を選べます。ひと休みできる椅子があるのもうれしい配慮ですね。
via photo by author

かわいい雑貨がずらり。作家の作品展も

「ナルニア国」から2つフロアを下がった4階には、教会用品売り場とギャラリーがひとつになった「エインカレム」があります。店内には、カードや文具、子ども向けおもちゃ、アクセサリーなど国内外のアイテムがずらり。専用コーナーでは、作家の作品展も随時開催されています。

こちらの見どころは、なんといっても毎年11~12月に行われるクリスマス・イベント。オーナメントやリース、飾り物などクリスマスにちなんだアイテムは見ているだけで大人もウキウキします。

「エインカレム」では定期的に藤城清治氏の影絵展が開催されています。
via photo by author

クリスマスの時期は「エインカレムのクリスマス」と題し、たくさんのクリスマスグッズが展示販売されます。
via photo by author

疲れたらカフェでひと休みも

via photo by Akari Itoi
「エインカレム」の奥には、「Café きょうぶんかん」があり、コーヒーや紅茶、ケーキなどが単品やセットでいただけます。

お菓子で一番人気なのは、日本橋にあるドイツパンの店「タンネ」から仕入れている「タンネちゃん」(280円)。ヘーゼルナッツがふんだんに使われていて、しっとりとした口当たりが特徴のケーキです。中にはチョコチップが入っていて、ほんのり香るシナモンが、コーヒーとよく合います。かわいいクッキーとドリンクがセットになった「こどものおやつセット(700円)」も用意されていますよ。4階のトイレにはオムツ替えシートも設置されているので、子連れで訪れても安心です。

※価格は全て税込

もみの木の形をしたケーキ「タンネちゃん」のコーヒーセットは820円。銀座通りを見下ろすことができる窓際の席が人気。
via photo by Akari Itoi

焼き菓子をお土産に買って帰ることもできます。
via photo by author

絵本もイベントもカフェタイムも親子で楽しもう

東京メトロ銀座駅からすぐの好立地で、親子でも訪れやすい「ナルニア国」。絵本や児童書との出会いだけでなく、かわいい雑貨類や作家の作品を楽しめたり、ゆったりとお茶をしながら過ごすこともできる場所です。

ぜひ親子で出かけてみてくださいね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

東京・神保町の「ブックハウスカフェ」で絵本に囲まれて素敵なカフェタイム

東京・神保町の「ブックハウスカフェ」で絵本に囲まれて素敵なカフェタイム

東京・神保町に2017年5月にオープンした「ブックハウスカフェ」は、1万冊以上の絵本や児童書を取り揃えた、子ども向けの本の専門店。しかも、お店の真ん中にカ...
ぜひ立ち寄りたい!ロンドンの子ども向け書店5選

ぜひ立ち寄りたい!ロンドンの子ども向け書店5選

児童書出版社が集まるロンドン。街中には児童書や絵本の専門書店が数多くあり、イベントなども盛んに行われています。今回は、旅行中でお子さんと立ち寄りたくなるオ...
絵本の読み聞かせ会で学べること。最後まで聞けない子も夢中に!

絵本の読み聞かせ会で学べること。最後まで聞けない子も夢中に!

本屋や図書館で行われる絵本の読み聞かせ会は、大勢の子どもたちと一緒に楽しめるイベントです。パパママと自宅で絵本を読むのとは、違う魅力がたくさんあります。読...
国際アンデルセン賞って?日本人の受賞者5人と代表作をご紹介

国際アンデルセン賞って?日本人の受賞者5人と代表作をご紹介

「国際アンデルセン賞」という賞をご存知でしょうか?この賞は、優れた児童文学の作家・画家に授与される名誉ある賞で、日本人も過去に5人が受賞しています。今回は...
「ファーブルこんちゅう記」で虫に興味津々!おすすめ5選

「ファーブルこんちゅう記」で虫に興味津々!おすすめ5選

ファーブル昆虫記はさまざまな訳本が発売されていますが、お子さまには難しいものがほとんど。しかし小峰書店の「ファーブルこんちゅう記」シリーズは、お子さまにも...

WRITER

YUZU YUZU  フリーライター。東京都在住。出版社で書籍編集の仕事をしていましたが、夫の仕事の都合で2009年より台湾・台北へ。6年間の駐在生活中は娘二人を日本人学校に通わせながら、台湾師範大学の語学センターで中国語を勉強。帰国後はライターとして、主に台湾や子育てに関する記事を書いています。