2018年12月2日 公開

餅つきのやり方・手順をご紹介!臼と杵はどうやって準備する?

お餅はやっぱり、つきたてが一番。臼と杵を使った本格的な餅つきは、幼稚園や地域のイベントで経験したことがある方も多いのではないでしょうか。しかし家でやるとなると、やり方や手順は分からないことだらけ。こちらでは自宅でできる餅つきの正しいやり方、手順をご紹介します。

まずは道具を揃えよう

鏡餅作り - No: 699465|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (121293)

まずは道具の準備です。餅つきに必要な道具を揃えましょう。

・臼
・杵
・もち米(臼の大きさに合わせますが目安として大人1人=1合)
・蒸し器(もち米を蒸すため)
・ボール
・しゃもじ
・餅とり粉(片栗粉)
・お好みのトッピング

どう蒸すかなど、状況によってはこれ以外に必要になるものもあります。事前に餅つきのシュミレーションをしておくと、使う道具の想像がつきやすいはずです。

臼や杵はレンタルできる

餅つきを毎年やる予定があるご家庭は、思い切って購入してしまうのも良いかもしれません。しかし収納に場所をとるうえに、「毎年やるかどうかはわからない」という方も多いはず。そんなときは、ぜひレンタルを利用してみましょう。

前日に準備しておきたいこと

炊飯準備 - No: 1028601|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (121295)

もち米は前日から準備が必要になるため、購入は前々日までに済ませておきます。

前日にはもち米をといでおきましょう。とぎ方は、一般的なお米と同じやり方で問題ありません。といだあとは、水に浸しておきます。基本は6~8時間ぐらいですが、冬は12時間以上浸しておくのがベターです。

臼と杵に水を吸わせておこう

臼と杵が木製の場合は、前日から水を吸わせておくことで、割れにくくなります。購入またはレンタルをした場合、前日から臼に水を張って杵も一緒につけておいたり、水を張ったボウルに入れたりして水を吸わせておきましょう。

当日は最初にもち米をザルにあげ蒸す

餅つき風景1 - No: 251271|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (121294)

当日の最初にやることは、浸しておいたもち米をザルにあげ、水分を切っておくこと。蒸し始める1時間ぐらい前にはあげておきましょう。

次にもち米を蒸しはじめます。蒸し器の大きさやもち米の量などによって蒸し時間は変わりますが、20分~1時間程度を見込んでおくと安心です。

臼と杵はお湯で温めておく

もち米を蒸している間に臼と杵をつけておいた水を捨て、熱湯につけます。もち米が蒸しあがる直前にこのお湯を捨て、清潔なふきんなどで水気をとっておいてください。

蒸しあがったもち米を臼に移しいよいよ開始!

餅つき - No: 766916|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (122837)

もち米が蒸しあがったら、そのまま臼に移します。ついているうちに杵に餅がつくことがあるので、それを防ぐためのお湯と、返し手の人が使用するためのお湯をそれぞれ用意しましょう。

杵を使ってもち米を押しながら、粒がなくなるようグイグイと潰します。ある程度つぶれてきたら、いよいよ餅つき開始。なるべく真ん中をめがけて、力を入れすぎないことがポイントです。餅が均等につけるよう、返しながら息を合わせて餅つきをします。

餅がなめらかになり、粒々がみえなくなってきたら完成です。餅取り粉などを使いながら、好きなように形を整えて食べましょう。

手間をかけた分だけおいしくなる

きな粉餅 - No: 1384524|写真素材なら「写真AC」無料(フリー)ダウンロードOK (121302)

つきたてのお餅のおいしさは格別です。3歳~くらいからは子どもにも食べさせてOK。よく噛むように教えたうえで、小さく切って取り分けてあげてください。自宅で作るのは手間がかかりますが、そのぶんおいしく感じられますよ。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

イヤーマフの作り方!冬コーデのポイントに「ファーイヤーマフ」

イヤーマフの作り方!冬コーデのポイントに「ファーイヤーマフ」

冷たい空気から耳を守り、保温してくれるイヤーマフ。冬の通園・通学に欠かせない防寒アイテムです。こちらでは保温性・オシャレ度ともに高いファーイヤーマフの作り...
寒い冬、虫たちが身を隠すのは…?見つけ方や種類を紹介

寒い冬、虫たちが身を隠すのは…?見つけ方や種類を紹介

冬が近づくと、虫たちはだんだんと姿を消し、見かけなくなっていきます。しかし、虫たちは死んでしまったのではなく、どこかで寒さをしのぎつつ冬を越しているのです...
餅のトッピング「変わり種」5選!子どもが喜ぶアレンジ術

餅のトッピング「変わり種」5選!子どもが喜ぶアレンジ術

お正月などで余ったお餅の処理、毎年のように困る方も多いのではないでしょうか。きなこや海苔などの定番アレンジばかりでは、お子さまが飽きてしまうことも。今回は...
霜柱探しに出かけよう!寒い季節に霜柱ができる仕組みとは?

霜柱探しに出かけよう!寒い季節に霜柱ができる仕組みとは?

寒い朝の風物詩ともいえる霜柱。どのような仕組みでできるのかご存知でしょうか?霜柱ができる仕組みや、発生する条件をご紹介します。子どもと一緒にできる冬の外遊...
バチッと痛い静電気はどうして起きる?原因と対策を知ろう

バチッと痛い静電気はどうして起きる?原因と対策を知ろう

冬に子どもと手をつなごうとして、バチッと静電気が起きたことはありませんか?寒い季節になると起きやすくなる静電気。なぜ発生するのでしょうか?その原因と嫌な「...

KEYWORDS

WRITER

Lei Lei  東京生まれ北関東在住の男子2人のママです。フリーライターをしております。自由すぎる男子たちに振り回されながらマイペースで子育てしてます。