2019年02月27日 公開

楽しいあやとり!「リングぬき」で不思議マジック

ひも一本でできて、しかも奥が深いあやとりあそびのシリーズ。今回は、あやとりでマジック「リングぬき」です。練習して上手になったら、ぜひみんなに見てもらいましょう。

           

ひも一本でできて、しかも奥が深いあやとりあそびのシリーズ。今回は、あやとりでマジック「リングぬき」です。練習して上手になったら、ぜひみんなに見てもらいましょう。

用意するもの

あやとりのひもは毛糸を使用します。長さは、手首からひじまでの長さの4倍くらいを目安にしましょう。太すぎたり細すぎたりしますと、小さなお子さまには扱いづらいので、適度な太さをお選びください。
リングは指輪でもいいですし、金属の部品を流用したり、針金などで作ってもいいですね。多少重みがある方がやりやすいです。指輪など大切なものは失くさないよう、お気をつけください。

「リングぬき」の遊び方

図のように、ひもにリングを通します。
自分の両手の、親指と人さし指に、ひもをかけます。
 (133064)

右手の人さし指を、左手のひもの下から通します。
 (133063)

同じように、左手の人さし指を、右手のひもの下から通します。
 (133062)

図のように、左手の人さし指・小指と、右手の親指と小指の、ひもをはずしながら、両手を開きます。(左手と右手で、はずす指が違うので注意!)
 (133061)

リングが取れれば、成功です。
 (133059)

「リングぬき」のポイント

途中までの手順は簡単なので、最後のリングをはずすところさえスムーズにできれば、人前でも大丈夫。ポイントは、はずす指を伸ばしたまま、内側に傾けるようにすること。はずさない左の親指と右の人さし指は、傾けずにしっかり立てておきましょう。慣れたら素早くできるように練習してみましょう。
 (133060)

 (133264)

 (133265)

まとめ

ポイントを押さえて繰り返し練習してみましょう。さっとリングがはずれれば、拍手喝采。パーティーやお楽しみ会などで披露できれば、うれしいですね。リングを落とす前に、一呼吸おいてやればきっと盛り上がりますよ。みんなで楽しんでくださいね。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

MAWA MAWA