2019年3月19日 公開

親子で遠出成功のカギは◯◯時間の過ごし方!週末ワンオペ育児体験記【1】

土日祝日などの「お休みの日」に、パパ不在のことが多いわが家。ワンオペが辛かった時期やおでかけ先での失敗を経て、今では親子どちらも楽しく過ごせるようになりました。その実体験をもとに、今回は、ちょっと遠出する際の必要品やスケジューリングのコツについてお伝えします。

パパ不在お休みの日:子どもとのお出かけ先に悩まされ……

子どもたちは「どこかに行きたい!」、私は疲れていてなかなか起きられない……。出かけることもできず、大して家事などもできず、結局全すべてが中途半端になってしまったことも。
via photo by author

こんにちは!6歳・4歳の元気いっぱい兄妹を子育て中のママライター、Sahyuです。

忙しい中での子どもとの向き合い方や、なるべく丁寧に暮らすためのアイデア、時短テクなどなど、毎回、私自身の試行錯誤や工夫をご紹介しています。仕事に育児に慌ただしい日常をより楽しむための、ちょっとしたヒントになればうれしいです。

今回は、ワンオペの週末を子どもたちと楽しく過ごすための秘訣について、3編に分けてお送りしたいと思います!

海外出張が多いことに加え、「祝日」が出勤のパパ。そして、外遊びが好きで人一倍体力がある6歳長男と4歳長女……。

近所の公園などにはよくお出かけしていますが、毎回、公園や図書館だと親子共に飽きてしまう。児童館などの子ども向けの公共施設は、日曜や祝日は閉まっていることが多い。そして家にいると、とにかく2人で騒ぐ!散らかす!マンション住まいなので周りの住民の方のことも気になり、とても間が持ちません。

さらに家が駅近であるため、自家用車を持っていないわが家。子どもたちとの週末を自分ひとりだけでどうやって乗り切るか、いつも頭を悩ませていました。

実は1番のポイントかも?!「子どもと一緒に準備する」大切さ

via photo by author

ワンオペ週末の場合は、なるべく事前に子どもたちと一緒に「何をして過ごすか」を相談し、計画を立てるようにしています。

もちろん、天候や予定などを踏まえ、大人側である程度考えてはおくものの、たとえ行き先が近所だったとしても、あらかじめ「何をしたいか」話し合ったうえで遊びに行くと、「自分たちがしたいことをした」という満足感も高くなる様子。

これを意識するようになってから、「どうすれば3人で楽しく過ごすことができるか」を子どもたちなりに、考えてくれるようになったと感じています。

遠出を成功させるカギは、「移動」と「待ち」時間の過ごし方

下の娘がもっと小さいときは、電車で30分以上かかる遠出や人混みをとにかく避けていましたが、子どもたちが成長するにつれ、「おでかけ」ならではの経験をさせてあげたい思いも強くなってきました。

何度かの失敗も経て感じたのは、「公共交通機関の移動中」と「現地で発生する待ち時間」さえ上手に乗り切ることができれば、大抵、1日楽しく過ごすことができるということ。

そのための必需品と、計画を立てる際に気をつけているポイントをご紹介します。

【持ち物編】「〇〇しない」食べ物&おやつ

via photo by author

子どもとのおでかけに欠かせない軽食やおやつ、準備する際の共通点は「食べる時に音がしない」「においが強くない」「食べこぼしが少ない」もの。

周りのご迷惑にならない範囲で、「移動中」や「列に並んでいる」際にパッと一口であげやすいものを、それぞれ複数用意して出かけています。

具体的には、一口大に小さく握ったおにぎり、一口サイズに切った果物、そのまま食べられる幼児向けウィンナーや魚肉ソーセージ、スティックパンなど。

市販のお菓子でよく選ぶのは、ラムネや飴の他、ポッキーなどスティック状になっているもの。ホットケーキミックスで作った簡単なパウンドケーキも、よく登場します。

食べやすいものばかりなので、行き先でお昼ごはんとして楽しむ場合も。
via photo by author

【持ち物編】静かに遊べるグッズ

via photo by author

わりと本が好きな長男は、20~30分集中して読書してくれるようになったため、本人が持てる範囲で数冊用意しています。

一方、まだ一人で長時間おとなしく過ごすことが難しい娘。以前はよく持ち歩いていた絵本は、電車内などでは読み聞かせる声が気になってしまうことや、かさばったり重かったりするわりに、すぐ読み終わってしまうため最近は避けるように。

行き先に応じて折り紙、塗り絵、シールブックなどを持ち歩いています。昔ながらの「あやとり」や、動物などの形を作ることができる大判ハンカチもオススメです。

【計画編】出かけてから帰り着くまで、「大まかな行動」をイメージしておく

via photo by author

何をしでかすか予測不可能なのが「子ども」。特に親1人で小さな子どもを2人以上連れて遠出する場合、少し手間に思えても、「行き帰りのルートと、その間の過ごし方」「現地での動き方」などを考えておく方が、当日の自分自身が楽だと感じています。

例えば、行きの電車ではこれを使って遊ぼう、騒いだらこれを食べさせよう、電車では大体この車両に乗って、この出口から出てこの道を通ろう……などがイメージできていると、トイレやら兄妹喧嘩やらと不測の事態が起きても、ある程度落ち着いて対応できると思います。

はじめて訪れる場所ならば、事前に駅構内はざっとチェックし、お手洗いや出口の場所など把握しておくようにしています。ネット上で多く見られる、おでかけ記事なども参考になります。

特に、親も子も疲れている帰り道は、このイメージができているかどうかで、スムーズさがかなり左右されると思います。

おでかけ準備は、前日に親子一緒にしておきたい!

手前は、おでかけ先で見かける記念スタンプやパンフレットなどを貼っているそれぞれのノート。
via photo by author

当日持っていく荷物は、なるべく前日に子どもたちと一緒に準備!ただでさえバタバタしがちな朝、スムーズにおでかけできるというメリットに加え、「計画」同様、子どもたちと一緒に荷物を作るこの時間もまた、”ワンオペおでかけ”をうまくいかせるための大切なポイントだと感じています。

「電車にこれくらいの時間乗るよ」「その間、何をして過ごす?」など、なんとなく明日のスケジュールも伝えながら必要なものを相談したり、子どもたちと一緒にやりたいことを考えたり……。

一緒に準備をするようになってから、「自分たちのおでかけ」だという当事者意識みたいなものが強くなったのか、当日も協力しあって過ごせる時が増えた気がしています。読みたい本や着替えなどは自分のリュックで持ってもらうようにしている6歳兄は、重すぎない量にするため毎回頭を悩ませていますが、それも良い経験。

ちなみに、日常生活ではほとんどベビーカーは使わなくなりましたが、ちょっと遠出するワンオペ週末の場合、片手で畳める軽いタイプを必ず持って行きます。過去に一度、普段まったく昼寝をしない下の娘が帰り道で予想外に寝てしまい、荷物と当時14kgだった娘を抱えて、息子には自分の腕を掴ませて人ごみの中を帰宅する羽目になった苦い経験が……。

また娘に持たせる荷物も、疲れてくる後半は結局、私が持つことになるため、最初からそれを見越した荷作りを心がけ、ごく軽いものに留めています。
何か参考になるアイデアは、あったでしょうか?続く【週末ワンオペ育児体験記2】は「実践編」として、上記の準備を活かして出かける、子連れおすすめコースをご紹介します!
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

休日はじっくり親子クッキング!週末ワンオペ育児体験記【3】

休日はじっくり親子クッキング!週末ワンオペ育児体験記【3】

土日祝日も、パパが不在でワンオペなことが多いわが家。今回は「おうち」メインの過ごし方。親1人子2人でも、1日飽きずに楽しむことができる「親子クッキング」の...
親子で上野を楽しむ!週末ワンオペ育児体験記【2】

親子で上野を楽しむ!週末ワンオペ育児体験記【2】

上野恩賜公園は、わが家の子どもたちの好きな上野動物園や国立科学博物館、そして親が好きな美術館がたくさんある場所です。親も子も1日楽しめる、オススメの回り方...
イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

イマドキおもちゃはこんなにおしゃれ!インスタ「#我が家のブリオ」に注目!

最近では子どものおもちゃとはいえ、おしゃれなものがたくさんあります。ヨーロッパブランドのおもちゃはその代表格。中でもスウェーデン生まれのBRIO(ブリオ)...
「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

「我が家のブリオ」をインスタグラムに投稿しよう【2019年BRIO限定トレインが当たる】

大人気おもちゃブランドBRIO(ブリオ)の「2019年イヤートレイン」プレゼントキャンペーンを開催します!参加方法は簡単。おうちにあるブリオのおもちゃを写...
【時間管理&手帳術】家事に仕事に大忙しの毎日をスムーズに回すコツ

【時間管理&手帳術】家事に仕事に大忙しの毎日をスムーズに回すコツ

毎日のスケジュール管理、大変ですよね。私も家事・子育て・仕事と「やるべきこと」が山積みで、毎日が混沌。でも、もっとすっきり暮らしたい、子どもたちと向き合う...

WRITER

sahyu sahyu  東京都在住、6歳息子と3歳娘のママライター。広告業界を経て、結婚・出産を機に、国内外のトレンドやニュース記事の執筆を始めました。現在は、子どもとのおでかけ記事やワークショップ体験記など、子育て中の今だからこそ書ける記事を手がけることが増えています。子どもや家族との毎日がより楽しくなるような情報を発信できるようにがんばります!よろしくお願いいたします☆