2019年4月12日 公開

冷蔵庫は英語で?台所の中のものを英語で言ってみよう

家族で英会話を楽しむために、「おうち英語」に挑戦してみませんか?普段から使っているものを英語で説明することで、子どもも自然と英単語をおぼえられます。今回は、台所に関する英単語や日常会話で使える表現、簡単に学習を進めるためのポイントを紹介します!

発音が難しいrefrigerator

Andrey_Popov / Shutterstock.com

まずは、毎日何度もお世話になる「冷蔵庫」。英語では「refrigerator」と言います。

日本人が苦手としている「r」の音がたくさん入っていて、とにかく発音が難しい単語です。カタカナ読みで「リフリッジレイター」と読んでしまうと、ネイティブには、なかなか伝わりません。

上手に発音するコツは、「re」「frige」「rator」の3つに分けて練習すること。

口の中のどこにも舌先をつけない「r」の音を意識しながら、まずは「re」「frige」「rator」をそれぞれ単独で発音できるようにします。

その後、「frige」の「i(イ)」という音にアクセントが来るようにつなげて読むと、上手に発音できますよ。

なお、「refrigerator」の短縮形として「fridge」という言い方もあります。「refrigerator」が発音しにくいと感じる場合は、こちらを使ってみましょう。

子どもと使える英語表現

The milk is in the door pocket of the refrigerator. (牛乳は冷蔵庫のドアポケットの中だよ)

We should set the temperature of the refrigerator to save electricity. (節電のために冷蔵庫の温度を設定しなくちゃ)

冷凍庫はfreezer

Ahanov Michael / Shutterstock.com

冷凍庫は「freezer」と言います。

「freeze」は、「凍る」または「凍らせる」の意味。「freeze」の過去分詞「frozen」は、ディズニーの大ヒット映画「アナと雪の女王」の原題です。

「冷凍食品」は、「frozen food」と言いますが、電子レンジで温めるごはんという意味で「microwave meal」と呼ぶこともあります。

子どもと使える英語表現

Don’t leave the freezer open. (冷凍庫を開けっぱなしにしないで)

Can you put the ice in the freezer? (この氷を冷凍庫に入れてくれる?)

電子レンジはmicrowave oven

Zynatis / Shutterstock.com

電子レンジは「microwave oven」です。

「microwave」は「マイクロ波」のことですが、「Microwave it for 3 minutes.(それを3分電子レンジで温めてください)」のように、そのまま「レンジで加熱する」という動詞としても使えます。

なお、電子レンジに限らず「温める」場合は、「heat up」という表現が使えます。「Can you heat it up?(これを温めてもらえますか)」というフレーズは、海外のコンビニエンスストアやレストランなどでも活用できて便利です。

子どもと使える英語表現

Can you heat it up in the microwave oven? (それを電子レンジで温めてもらえる?)

Please get the container from the microwave oven. (電子レンジから容器を取り出してください)

コンロはstove

Bilanol / Shutterstock.com

料理用のコンロは「stove」と言います。

コンロって英語じゃないの?と思う方も多いかもしれませんが、実は日本語です。漢字では「焜炉」と書き、炊事用の小さな炉(火を燃やすところ)を指します。

ガスコンロは「gas stove」、電気コンロは「electric stove」、カセットコンロは「portable stove」や「camping stove」と表現します。

子どもと使える英語表現

You can’t touch the stove. It's dangerous. (コンロを触っちゃいけないよ。危ないからね)

My stove smells bad. I have to clean it today. (コンロが臭うから今日こそ掃除をしなくちゃ)

包丁はkitchen knife

Fortyforks / Shutterstock.com

包丁は「kitchen knife」です。

「knife」は複数形になると「knives」という特殊な形になるので、注意しましょう。

ちなみに、包丁と一緒に活躍するキッチンバサミは「kitchen shears」。ハサミというと「scissors」という単語が思い浮かぶかもしれませんが、キッチンバサミの場合は「shears」を使うのが一般的です。

子どもと使える英語表現

You should be careful with the kitchen knife. (包丁の扱いには気をつけてね)

Cut the vegetables with the kitchen knife. (野菜を包丁で切ってください)

調理器具全般はcooking tools

White bear studio / Shutterstock.com

こまごまとした調理器具全般を、まとめて「cooking tools」と言います。

よく使う器具をピックアップしてみました。

・まな板:cutting board
・やかん:kettle
・フライパン:frying pan
・フライ返し:spatula
・鍋:pan(浅めの片手鍋) / pot(深めの両手鍋)
・おたま:ladle
・缶切り:can opener

なお電気を使って動く、いわゆるキッチン家電のことは「kitchen appliances」と表現します。

調理器具は種類も多いので、気になったときに1つずつ確認しながら覚えていきましょう!

子どもと使える英語表現

Can you pour water into the kettle? (やかんに水を入れておいてもらえる?)

You need a can opener to open it. (缶切りがないとそれは開けられないよ)

空間を区切って語彙を増やそう

Evgeny Atamanenko / Shutterstock.com

台所にはたくさんのアイテムがあるため、一気にマスターしようとすると親も子も大変です。

おすすめなのは、台所の空間を区切って言葉を覚えていくという方法です。

シンク周り・コンロ・冷蔵庫・食器棚・引き出し・キッチン家電を置いている場所など、台所の区間を細かく分けて、エリアごとに英単語や例文を学習していきましょう。

子どもに料理の仕方を解説しながら、家庭で使える英語表現の幅を広げてみてはいかがでしょうか。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

「Cool」だけじゃない!英語で伝える「カッコイイ」の使い分け7つ

「Cool」だけじゃない!英語で伝える「カッコイイ」の使い分け7つ

英語はシーンによって、同じ意味でも使うべき表現が異なることがあります。たとえば「カッコイイ」の英語表現は、「Cool」だけではありません。「英会話をもっと...
子どもをほめる英語表現7選!英語が好きな子に育てよう

子どもをほめる英語表現7選!英語が好きな子に育てよう

日本人に比べると、英語を話す外国人は、男性も女性も皆とてもほめ上手。その理由の1つは、英語表現に気軽に使えるほめ言葉がたくさんあるからかもしれません。簡単...
海外で子どもを病院に連れて行くときの英語フレーズ!渡航前にチェック

海外で子どもを病院に連れて行くときの英語フレーズ!渡航前にチェック

海外に行くと、慣れない環境や食事で体調を崩すことも多いもの。特に子連れで海外旅行に行くときは、突然の発熱やケガにも対応できるように、英語でどう表現すれば良...
「I love you」からはじめよう。子どもに感情を伝える英語表現7つ

「I love you」からはじめよう。子どもに感情を伝える英語表現7つ

感情を相手に伝えることは、コミュニケーションの基本です。嬉しい、楽しい、悲しいなど気持ちを表す英語表現にはどのようなものがあるのでしょうか?感情そのものを...
「素晴らしい」の英語表現7つ!もっと感情を込めたいときは?

「素晴らしい」の英語表現7つ!もっと感情を込めたいときは?

子どもを褒めるときには「Good」や「Nice」だけでなく、よりシチュエーションに合わせた表現をしてみませんか。相手を「素晴らしい!」と褒めたいときの英語...

WRITER

青海 光 青海 光  都内在住、二児の母。大学卒業後、子育てをしながらIT企業でフ ルタイム勤務をしていましたが、夫の海外赴任に伴い退職。カオスなインドで3年ほど暮らしました。帰国後はライターとして 、育児やライフスタイルに関する記事を中心に執筆しています。楽しく・読みやすく・有益な情報をお届けします!