2017年4月8日 公開

手づかみ食べはいつから始まる?赤ちゃんに必要な理由と練習方法

夜中の授乳が終わり、赤ちゃんが離乳食を食べるようになると、今度は手づかみ食べが始まります。手や食卓を汚したり、食べ物で遊んだりと、デメリットが多いように見える手づかみ食べ。しかし、手づかみ食べにはメリットもたくさんあるのです。その重要な意味や、いつまで続くのかについてみていきましょう。

手づかみ食べが始まるのはいつから?

 (48877)

Mcimage/Shutterstock
赤ちゃんがミルクを卒業して10倍粥に移行する時期は、生後5~6カ月が目安です。はじめはパパママからスプーンでもらっていた離乳食を、離乳食の中期頃から、だんだんと自分の手でつかんで食べるようになります。

9カ月頃になると自分の手で食べ散らかしたり、こぼしたりするので、パパママは気が気ではないでしょう。食事にも時間がかかります。しかし、手づかみ食べ期は、スプーンやフォークなどを持つ前段階の大切な時期でもあります。赤ちゃんの成長にとって重要な意味をもっていることを知っておきましょう。

手づかみ食べをすることで、食べ物を知る

 (45333)

手づかみ食べは、「自分で食べたい」という意欲や食べ方を身に付けるために大切なことだといわれています。

どんな動物でもそうであるように、自分の手で食べ物を口に運ぶという行為は生きていく上で必要不可欠なこと。食べ物の位置や大きさを目で見る、手でつかむことで、食べ物の硬さや温度を知ることができます。

最初は上手に口まで運べなかったり、食材を握りつぶしてしまうこともありますが、どれくらい力を加えると食べ物が崩れてしまうのかということも、体験から学ぶことができるのです。

手づかみ食べで学ぶことはとても多い

 (48876)

赤ちゃんはよく物を握ったり、指しゃぶりしたりします。視覚がまだ発達していないので、手の触覚や口で物を判断しようとするためです。

食べ物を口に運ぶことにも、指しゃぶりやおもちゃ遊びの経験が生かされています。赤ちゃんは遊びながら、自分にちょうどいい一口の量を理解できるようになっていくのです。「食べ物で遊ぶなんて」などと思わずに、たくさん遊ばせてあげてください。

手づかみ食べはいつまで?

 (48874)

Jack.Q/Shutterstock
手づかみ食べのデメリットは、服やテーブル、床などを汚してしまうことや、投げてしまった食べ物が無駄になってしまうことです。

とはいえ1歳を過ぎて離乳食完了期に入るといよいよスプーンやフォークへの移行期間に突入します。2歳半くらいからは、だんだんと手づかみ食べも見られなくなります。個人差もありますが手づかみ食べ期はそれほど長くありません。

赤ちゃんの成長を焦らずゆっくりと見守ってあげましょう。

手づかみ食べの練習方法

 (93816)

milmed / shutterstock.com

手づかみ食べにおすすめのメニューは?

手づかみ食べを始める頃の赤ちゃんは、まだ物を持つ加減が分からず、食べ物を握りつぶしたり、ボロボロこぼしてしまったりします。ポイントは、ある程度の固さがあり、赤ちゃんが手に持ちやすい形状であること。

スティック状に切ったパンや、一口サイズにご飯を丸めたおにぎり、ゆでたアスパラガスやにんじんの野菜スティックなど、赤ちゃんの好みや月齢に合わせて、いろいろ工夫して試してみましょう。

じゃがいものおやきも、おすすめの手づかみ食べレシピです。作り方は、ゆでてつぶしたじゃがいも1個に、片栗粉小さじ1を混ぜて小さく丸め、フライパンで両面を焼くだけ。野菜のみじん切りやひき肉、チーズなどを混ぜると栄養たっぷりに。
じゃがいもをさつまいもに変え、バナナと混ぜて焼くとあまいおやつになります。

汁気が多いものは、ビチャビチャして手づかみ食べには向きません。周りが汚れてパパママのストレスにもなるので避けましょう。

赤ちゃんの手づかみ食べにイライラしないコツ

 (49165)

TAGSTOCK1 / Shutterstock
赤ちゃんのときしか見ることが出来ない、手づかみ食べ。そう考えると今の瞬間はとても貴重なものです。せっかくですからパパママも楽しんでみてはいかがでしょうか。

イライラしないためには、手づかみ食べ期の食事は汚れるもの、と割り切ることです。
・口に運びやすく、手で運んでいる途中にポロポロくずれないメニューにする。
・下に新聞紙を敷いて食後にまるめて捨てるなど、後片付けを楽に。

また、パパ・ママ両方の理解も大事です。ママだけが理解していても、パパが「手づかみは行儀悪い!」と言ってしまうと空気が悪くなってしまいます。ママは手づかみ食べの意味を説明して、パパはそれを理解して協力しましょう。

またこの時期、せっかくだからパパママも赤ちゃんにならって、手づかみで食べてみてはいかがでしょうか。自分で手で食べてみると、どうすると食べやすいか、温度はどのくらいがいいかなどわかることもあります。スプーン・フォークの移行期にやるのはおすすめしませんが、初期の頃にたまにやるなら良いですよね。

手づかみ食べは赤ちゃんの発達にとても重要

服やテーブル、床などを汚したり、食べ物を投げてしまう手づかみ食べ。そんな光景を傍らで見ている大人は、イライラしてしまうことも多いものです。しかし、手づかみ食べは、今後の食生活や発達に必要な赤ちゃんの学びでもあるのです。どっしりとした気持ちで構えて、優しく見守ってあげましょう。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

赤ちゃんと一緒に旅行に行けるのはいつから?便利な持ち物を解説

赤ちゃんと一緒に旅行に行けるのはいつから?便利な持ち物を解説

赤ちゃんが生まれたら、いつから一緒に旅行へ行けるのか気になりますよね。月齢が低いとあまりに長期の旅行は難しいかもしれませんが、兄妹がいると赤ちゃんに合わせ...
赤ちゃんと一緒に花火大会へ!ベストな時期はいつから?

赤ちゃんと一緒に花火大会へ!ベストな時期はいつから?

赤ちゃんと一緒に花火大会へお出かけする場合、いつからなら大丈夫なのでしょうか?人混みや大きな音に赤ちゃんが驚かないよう、準備しておくと便利なものや注意する...
赤ちゃんはいつからしゃべる?パパママが子育てで意識したいこと

赤ちゃんはいつからしゃべる?パパママが子育てで意識したいこと

赤ちゃんは生後1カ月を過ぎると少しずつ声を出しはじめます。赤ちゃんがしゃべると成長を感じて嬉しくなりますよね。ここでは単語をしゃべりはじめるまでの期間や、...
バンボ(Bumbo)はいつから使用できる?人気の理由もご紹介

バンボ(Bumbo)はいつから使用できる?人気の理由もご紹介

「バンボがあると育児が便利」という話を耳にしたことがある方も多いのではないでしょうか。バンボの人気の秘密や、いつから使えるのか、使用するときに注意するポイ...
離乳食の量とあげるタイミング 増やし方や注意点とは?

離乳食の量とあげるタイミング 増やし方や注意点とは?

離乳食の進め方、メニューのレパートリーに悩むパパママは多いものです。量やタイミング、離乳食をあげるときの注意点や、食べるのを嫌がる赤ちゃんの対処法などをま...

WRITER

youko youko  子どもは私にとってキラキラと輝く宝石のような存在です。 それを磨いて上げるのが親の役目。 未熟者ですが日々子育て頑張ります!