2016年09月02日 公開

遊びながら学べる-海に面する関東四都県の海浜公園4選

現代の海浜公園は、潮干狩りや海水浴・砂遊び・磯釣り等にとどまらず、より広い意味の自然体験や学習・運動等を含み、海浜での遊びと学習の総合的レクリエーションの場になっています。ここではお子さまをはじめ家族が楽しめる関東の海浜公園から4つ、ピックアップしてみました。

現代の海浜公園は、潮干狩りや海水浴・砂遊び・磯釣り等にとどまらず、より広い意味の自然体験や学習・運動等を含み、海浜での遊びと学習の総合的レクリエーションの場になっています。ここではお子さまをはじめ家族が楽しめる関東の海浜公園から4つ、ピックアップしてみました。

東京の新しい顔で思い出づくり-お台場海浜公園

 (13871)

その名の通り、東京都港区台場にあり、臨海副都心の中心部という好立地です。
潮風公園や台場公園、船の科学館もすぐ近くにあります。

800mもの砂浜があり、本物の海水に触れたり、潮干狩りもでき(遊泳はできません)、磯釣りもできます。

現代的なビル群や東京湾の夜景を眺めたり、隅田川の水上バスで浅草などの観光を楽しんだりと、よい思い出作りにもなりそうですね。

【所在地】
東京都港区台場1丁目 お台場海浜公園

【営業日・時間】
入園/24時間 休園日/なし

【アクセス情報】
・電車
新交通ゆりかもめお台場海浜公園駅または台場駅下車 徒歩3分
・車
首都高台場線「台場IC」から数分

乗り物好きのお子さまにも-城南島海浜公園

 (17255)

 (17254)

東京都大田区城南島、羽田空港のすぐ近くの人工島にある城南島海浜公園。

羽田空港を離発着する飛行機や東京湾を往来する大型船を間近に見ることができるため、乗り物好きのお子さまは大喜びすることでしょう。
園内にはスケボー広場、ドッグラン、バーベキューもできるキャンプ場やオートキャンプ場、車いすやベビーカーでも入ることができるボードウォーク、売店など施設も充実しています。

砂浜が広がるつばさ浜には、あさりなどの貝類などが生息しています。
砂遊びや潮干狩り、日光浴も楽しむことができます。定期的に水質調査も行われ、ホームページでも公表されているので安心ですね。

【所在地】
東京都大田区城南島4-2-2

【営業日・時間】
入園/24時間 休園日/なし

【アクセス情報】
・電車
JR京浜東北線大森駅 京急大森海岸駅 または
東京モノレール流通センター駅よりバス
・車
駐車場280台 
土日祝200円/1h 平日100円/1h

潮風の中でイキイキ・ノビノビ-千葉ポートパーク

 (13880)

30ヘクタールほどの広大な敷地に600m近い人工海浜(ビーチプラザ)があります。
バーベキュー場や芝生広場、テニスコート、ウォータープラザといった特徴的な広場なども。
スポーツやボランティアの体験プログラム、各種イベントなどの催し、四季に移ろう森、港の風景の中で散歩やジョギングを楽しむなど、家族全員で楽しめる海浜公園です。

長い防波堤付近では磯遊びも楽しむことも。
手前は小さな魚や貝などが、奥の方に進んでいくとヤドカリやイソガニなど、場所によって、生息している生き物に変化がみられるのも興味深いですね。

【所在地】
千葉県千葉市中央区中央港1丁目

【営業日・時間】
火曜日から日曜日までは午前9:00〜午後11:00(入場は午後10:00まで)
月曜日は夏期(6月〜9月)午前9:00~午後9:00まで、冬季(10月〜翌5月)は午前9:00~午後7:00まで

【アクセス情報】
・電車
JR京葉線・千葉都市モノレール千葉みなと駅 徒歩10分
・車
東関東自動車道 湾岸習志野IC下車 約20分

釣りとオブジェ、遊具で遊べる横須賀市立海辺つり公園

 (13884)

釣り好きの方にはもちろん、これから釣りをはじめる初心者の方にもオススメの「横須賀市立海辺つり公園」。個人がルールの範囲内で自由に利用できる海浜公園です。フラフープや縄跳びの道具、また大型の複合遊具もあるアスレチック公園は、釣りにあきてしまったお子さまにも大人気。また園内にはさまざまなオブジェがあり、一度訪れるだけでも印象深い思い出になるでしょう。

【所在地】
神奈川県横須賀市平成町3-1

【営業日・時間】
午前5:00~午後10:00

【定休日】
なし(天候等の事情により休園、または施設の使用が制限されることがあります)

【アクセス情報】
・電車
京浜急行堀ノ内駅 徒歩約10分
・車
国道16号線追浜方面から三春町3丁目交差点を左折
国道16号線浦賀方面から大津漁港西側交差点を右折

日本文化と海辺の風景は切っても切れません

大昔、「日本」は「大八島国」と呼ばれました。また「葦原中国」とも。日本の海岸が葦のように長い草で覆われていたからです。海を見ると血湧き肉躍るのも、そうした古い記憶の名残からかも?
それはともかく、四季折々に異なった風情を見せる海辺の情景。眺めるだけでも、きっと豊かな情操を育ててくれるでしょう。
お子さまと一緒に海浜公園へ出かけ、童心に返り、磯遊びをされてみるのはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

WRITER

なほび なほび