2017年4月27日 公開

難関中学校に絶対合格!?「NN勉強法」とは?

2017年春、天才子役として活躍していた芦田愛菜さんがいくつもの難関中学校に合格したというニュースが話題になりました。それをきっかけに、彼女が実践していた「NN勉強法」に注目が集まっています。今回はその「NN勉強法」についてご紹介します。

NN勉強法が話題になった理由とは?

「NN勉強法」という言葉を初めて聞いた方も多いのではないでしょうか。この勉強法が注目されているのは、天才子役として活躍してきた芦田愛菜さんが実践して難関中学に合格したと報道されたためです。

芸能人として活動しながら、志望校だけでなく複数の難関中学校を突破した彼女は、いったいどんな勉強をしていたのかということに関心が集まり、「NN勉強法」が話題になっているのです。

NN勉強法とは、進学塾の特別コースに通うこと

「NN勉強法」とは、特殊なメソッドのようなものではなく、進学塾の特別コースに通うことを指します。進学塾・学習塾として有名な「早稲田アカデミー」が設けているコースの1つで、難関中学校を受験する小学生を対象とした「NN志望校別コース」のことです。

「NN」は「何がなんでも」(志望校合格)という意味で、志望校合格を目指してひたすら勉強する「NN志望校別コース」に通うことが、「NN勉強法」と呼ばれているのです。

「NN志望校別コース」の特長

早稲田アカデミーの「NN志望校別コース」の特長は、それぞれの学校を徹底的に分析した講師たちが、オリジナルのテキストやカリキュラムを開発して直接授業を行うことにあります。

開成や麻布、桜蔭や女子学院など、名だたる有名私立中学校を志望する塾生に特化したコースで、志望する学校によって通う校舎も異なるという徹底ぶりです。

「NN志望校別コース」は誰でも入れる?

TAGSTOCK1/Shutterstock
志望校別の指導を受けられる「NN志望校別コース」ですが、誰でも入れるわけではありません。まず、コースごとのテストに合格する必要があるのです。

さらに、合格後は週末を利用して徹底的な受験指導が行われますが、特別コース以外にも平日の塾の授業や課題があるため、相当な量の家庭学習をこなす必要があるようです。ちなみに、芦田愛菜さんは小学4年生から入塾していたと伝えられています。

中学受験するなら選択肢の1つに

「NN勉強法」つまり「NN志望校別コース」とは、入会のためのテストに合格する必要があったり、授業が行われる校舎が限られていたりするため、誰もが実践できる勉強法ではありません。しかし、ここまで徹底的に志望校に特化した勉強をしている子どもたちがいる、ということを知るだけでも、その他の受験生のモチベーションアップにつながるでしょう。また、もしお子さんが受験を希望するのであれば、選択肢の1つとして検討してみてもいいかもしれませんね。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

大きなお口をパクパク!パックンアニマルで遊びましょう!

大きなお口をパクパク!パックンアニマルで遊びましょう!

ティッシュペーパーの箱は畳んで捨てていると思いますが、ちょっと待って!切込みを入れて半分に折ってみると・・・あれ?何か大きな口に見えませんか?!
曖昧母音「/ə/ シュワとは?」単語で発音のコツを学ぼう

曖昧母音「/ə/ シュワとは?」単語で発音のコツを学ぼう

発音記号/ə /シュワとは日本人が苦手とする曖昧母音のひとつ。 「曖昧」母音という名の通り、日本語にはない「はっきりしない母音」のため難しく感じる方が多い...
おもちゃの掃除機おすすめは?人気商品5選

おもちゃの掃除機おすすめは?人気商品5選

パパママが掃除をしている様子に、子どもは興味津々。真似っこしたがりますが、本物の掃除機を子どもに与えるには気が引けます。そこで活躍するのが、おもちゃの掃除...
英語のアクセントはどこに置く?位置の法則や調べ方

英語のアクセントはどこに置く?位置の法則や調べ方

英語は発音と同時に「アクセント」も忘れてはならない要素です。しかしどの位置にアクセントが来るのか、どのように発音するのかわからないという方も多いのではない...
「木製パズルおすすめ5選」達成感で脳をぐんぐん育てよう!

「木製パズルおすすめ5選」達成感で脳をぐんぐん育てよう!

脳の成長が8割完成するとされる幼児期。この時期の手先を使う遊びは「脳トレ」として効果的です。特に小さな手にもつかみやすく、木のぬくもりが親しみやすい木製パ...

KEYWORDS

WRITER

youko youko  子どもは私にとってキラキラと輝く宝石のような存在です。 それを磨いて上げるのが親の役目。 未熟者ですが日々子育て頑張ります!