2018年10月3日 公開

バウンサーを使うのはいつからいつまで?メリットと注意点を解説

「バウンサー」は、家事に育児に忙しいパパママの強い味方になってくれる便利なアイテム。種類ごとの特徴や使い方の注意点、いつまで使えるのかなど、バウンサーに関する基礎知識をご紹介します。赤ちゃんやパパママにとっても快適で、安心できるバウンサーを手に入れましょう。

忙しいママの味方・バウンサーとは

バウンサーは、まだひとりでお座りできない赤ちゃんでも、寝たまま座った姿勢をとれるベビーチェアのことです。バウンサーは主に、上下の揺れのみのバウンサータイプと、前後や左右に揺れるラックタイプに分かれます。

ラックタイプのものはリクライニング機能がついており、角度を変えると椅子や簡易ベッド代わりに。テーブルを取りつけることで、ハイローチェアとして長く利用できる商品も少なくありません。いずれも手動で揺らすものと、電動で揺れるものの2種類があります。

こうしたバウンサーの揺れは、ゆりかごのような役割。泣いてぐずってしまう赤ちゃんを優しくあやします。パパママが家事で少しの時間手を離せないときや、抱っこしてあげられないときに大変強い味方になってくれるでしょう。

ベビーベッドのように固定されていないため、パパママの部屋の移動に合わせて持ち運べる点も魅力です。上体を少し立てて寝かせてあげることができるため、授乳後の吐き戻しの軽減に役立つとも言われています。

バウンサーの使用に適した時期

バウンサーはさまざまな育児グッズメーカーから発売されていますが、対象年齢は商品によって異なります。ベビーラックタイプであれば生後すぐから使えるアイテムも多いものの、バウンサータイプには生後すぐの赤ちゃんだと使えない商品もあるため注意しましょう。

長く使えるものでだいたい2歳前後まで使用できますが、対象年齢の上限は商品購入前に確認しておくのがベターです。なかにはリクライニングの角度を変えたり、ベルトやテーブルを取りつけることで成長に合わせた使い方ができる商品もたくさんあります。「1歳前後まで使いたい」「離乳食期まで使いたい」など目的に合う商品を選んでみてください。

安全に使うためにはいつまで使えるかというポイントだけでなく、耐荷重と赤ちゃんの体重のバランスも忘れず確認しておくことをおすすめします。

バウンサーを使う際の注意点

バウンサーはあくまでも簡易的なものであり、ベビーベッドではありません。寝ているときに寝返りが打てないほか、長時間連続での使用は赤ちゃんの体への負担も大きくなります。使う時間はなるべく長くならないように心がけましょう。

赤ちゃんは基本的に汗っかきなので、同じ場所に同じ姿勢でいると背中が蒸れてしまうことも考えられます。商品選びの際には、通気性が良いメッシュ素材のものなどに着目するのも一案です。

また、思わぬ動きで転倒の危険や事故につながる可能性もあります。バウンサーの安全ベルトは確実に締める習慣を付けましょう。お風呂場や危険な場所、段差のある場所での使用は避けることも基本です。

安全に使えるものが一番

バウンサーは、ある程度の置くスペースが必要になる比較的大きなアイテムです。使える期間も限られているため、購入だけでなくレンタルでの使用も検討してみてはいかがでしょうか?口コミなどもうまく利用して、赤ちゃんにとってもパパママにとっても快適に使える商品を探してみてください。
この記事は執筆時点のものですので、最新情報は公式サイト等でご確認ください。

この記事が気に入ったら
「いいね!」しよう

3分でわかる知育マガジン「Chiik!」

RECOMMEND この記事を読んだあなたにオススメ

子どもの寝かしつけはいつまで?一人寝までのロードマップ

子どもの寝かしつけはいつまで?一人寝までのロードマップ

子どもの寝かしつけに苦労するパパママは多いもの。疲れがたまった体で寝つきの悪い子どもを見守ることは、なかなかの重労働です。では一体いつまで、パパママによる...
抱っこひもはいつまで使える?使わなくなったきっかけとは?

抱っこひもはいつまで使える?使わなくなったきっかけとは?

子育て世代にはずせない育児グッズといえば、「抱っこひも」もそのひとつです。ただし抱っこひもに明確な卒業タイミングはなく、いつまで使うものか迷っている方も多...
海開きの時期と泳げる期間はいつまで?

海開きの時期と泳げる期間はいつまで?

夏の楽しみといえば、海。毎年の海開きを、楽しみにしているお子さまは多いでしょう。では実際、いつ頃から海開きがはじまり、何月頃まで泳げるのでしょうか?あまり...
育休中に資格取得は目指せる?チャレンジした体験から言えること

育休中に資格取得は目指せる?チャレンジした体験から言えること

24時間赤ちゃんのお世話に追われて眠る暇もないのに、育休中に勉強なんて到底無理……。でも貴重な時間、できるだけ有意義に過ごしたい!そんな風に思う方も多いの...
子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもが自ら英語を学ぶ姿勢をつくるには【小1から英検チャレンジ】Vol.10

子どもの習い事ランキングの上位に入る「英会話」。しかし、日本で暮らしてる限り日本語だけで不自由しないので、英語を習っていたとしてもなかなか身につかないこと...

KEYWORDS

WRITER

コバヤシ トモコ コバヤシ トモコ  奈良県出身/フリーライター/週末釣り部/海と釣りが好き/ 優しいダンナ君と優しい中学生の双子男子のステップファミリー